infy [インフィ]

「ありがとう。」看護師と患者の物語

「ありがとう。」看護師と患者の物語

延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

患者さんが初めて見せた涙・・・『俺はこの病気になって後悔してないよ。みんなに良くしてもらって幸せだと思う。本当にみんなには感謝してる。ありがとう。』

患者さんが初めて見せた涙・・・『俺はこの病気になって後悔してないよ。みんなに良くしてもらって幸せだと思う。本当にみんなには感謝してる。ありがとう。』

新人時代から忘れられない患者さんとの物語・・・『がんばれ、新人!どんどんいい看護師になれ!』

新人時代から忘れられない患者さんとの物語・・・『がんばれ、新人!どんどんいい看護師になれ!』

いつも前向きだった患者さんの本音・・・『本当は辛くて仕方なかった。あなたの存在に助けられました』

いつも前向きだった患者さんの本音・・・『本当は辛くて仕方なかった。あなたの存在に助けられました』

それぞれの妊婦さんに寄り添うことの大切さ・・・『あなたの言葉が心強かったありがとう』

それぞれの妊婦さんに寄り添うことの大切さ・・・『あなたの言葉が心強かったありがとう』

命がけで産んだ我が子を抱くことができないまま・・・『亡くなられた患者さんのことを思うと今でも胸が張り裂けそうです・・・』

命がけで産んだ我が子を抱くことができないまま・・・『亡くなられた患者さんのことを思うと今でも胸が張り裂けそうです・・・』

患者さんの最後の願い・・・『お願いする時が来たみたい。鎮静剤を使ってください。』

患者さんの最後の願い・・・『お願いする時が来たみたい。鎮静剤を使ってください。』

愛する娘たちを残して・・・『この子たちのことを思うと、とてもかわいそうで・・・』

愛する娘たちを残して・・・『この子たちのことを思うと、とてもかわいそうで・・・』

一度も両親に会うことがでいないまま・・・『幼い子の旅立ちに立ち会えたことは、一生忘れることができません』

一度も両親に会うことがでいないまま・・・『幼い子の旅立ちに立ち会えたことは、一生忘れることができません』

別れは突然に・・・『取り残されてしまったけど、主人を看取ることができて幸せです。』

別れは突然に・・・『取り残されてしまったけど、主人を看取ることができて幸せです。』

私たち看護師の何気ない言動が、患者さんにとって大きな力になる・・・『看護師さんの言葉にとても救われました。ありがとうございます。』

私たち看護師の何気ない言動が、患者さんにとって大きな力になる・・・『看護師さんの言葉にとても救われました。ありがとうございます。』

また明日も会うはずだったのに・・・『おう!待ってるで!』あの時の患者さんの笑顔が今でも忘れられません

また明日も会うはずだったのに・・・『おう!待ってるで!』あの時の患者さんの笑顔が今でも忘れられません

どうか、元気になってほしい・・・『まだ、産まれてから一度も抱っこしてあげてないんです。抱っこしてあげられないまま、何かあったら・・・』

どうか、元気になってほしい・・・『まだ、産まれてから一度も抱っこしてあげてないんです。抱っこしてあげられないまま、何かあったら・・・』

たった一人の家族である自分がどんな状況になっても、娘には笑顔でいてほしい・・・『両頬にできるあのえくぼ!昔から大好きなのよね。』

たった一人の家族である自分がどんな状況になっても、娘には笑顔でいてほしい・・・『両頬にできるあのえくぼ!昔から大好きなのよね。』

44 件
0 件