infy [インフィ]

貯金がどんどん増える!節約生活術

貯金がどんどん増える!節約生活術

「今月も貯金ができなかった」と、落ち込んでいませんか?いつの間にか、お金が出て行ってしまった……“お金あるある”です。意識しないとお金は出て行きます。節約を意識しながら、どんどん貯金していきましょう。

| 2,772views
お気に入り追加 0
スマホ代が高いのにそのまま放置している方もいるのではないでしょうか?
プランを見直さず、損をしているケースもあります。
店頭に行ってプラン見直し相談は面倒ですが、キャリア会社のプランシミュレーションなどはやってみることをおすすめします。

また、格安SIMに移行するのも選択肢に入れたいところ。
手続きが面倒なイメージがありますが、実は難しいものではありません。
大幅な節約につながります。

節水コマ・省エネ対応の電化製品を設置する

使っている電化製品は省エネタイプですか?
古いとその分電気を消費し、電気代がかさむ原因になります。
壊れるまで使おうとせず、新しい物に買い替えるのも電気代を抑える節約につながります。
環境省の”しんきゅうさん”というサイトでは、どれくらい節電になるか調べることもできます。


そして、水道代の節約におすすめのアイテムが節水コマ。
蛇口に取り付けると、水量を減らすことができます。特に不便を感じずに節水できる優れものです。
ホームセンターや、水道局で無料で手に入れることができます。

しかし、レバータイプの蛇口には取り付けられないのが難点です。

ジムに行かず自宅で運動する

ジムに行ってトレーニングをすれば、美しく健康的な体が手に入ります。
でも、家でもトレーニングはできるし、健康的な体になることは可能です。

例えば、初歩的な腹筋。
仰向けに寝た体勢で、脚を揃えて上に上げます。このまま10秒キープしましょう。
これを繰り返すことで、腹筋が鍛えられます。テレビを見ながらでも可能。
また、わざわざダンベルを買わずに、2リットルのペットボトルに水を入れてダンベルを作ることもできます。
お金をかけずに家でトレーニングできるのです。

さらに、Youtubeなどの動画サイトでもトレーニング動画を見ることができます。
自分にあったトレーニングを見つけることが可能です。

嗜好品を買い過ぎない、または手作りする

嗜好品と言えば、どんなものを思い浮かべますか?
簡単に言うと、ストレスを発散できるような食べ物などのことを言います。
生きていく上で必ずしも摂らなくていいものとされることもあります。

お酒やお菓子などが代表的な嗜好品です。
これらを常時購入していると、なかなかの出費になります。
今よりも嗜好品を購入する頻度を少なめにすると、お金が貯まりやすくなるのです。

また、お酒が嗜好品の方は、自分で梅酒を作ってみるのはいかがでしょうか?
健康にもいいし、節約にもなります。

最高にストイックに節約したい方は……?

もっと大きな節約がしたい方もいるではないでしょうか?

少々ハードな節約ですが、試してみたいという方に向けてご紹介します。

趣味・交際費の費用を節約する、またはゼロにする

お金がかかる趣味を持っていたら、少しセーブしてみましょう。
友人との食事や飲み会も抑え気味にすると、確実にお金が手元に残り、貯金に回せます。

もっと貯めたいと思うのであれば、趣味や交際を一切やめてみる方法もあります。
その場合は、長期間にしないで、短期間で収めましょう。
そうしないと、ストレスが溜まったり、友人が去って行ったりすることもあります。

お風呂の残り湯をフル活用する(洗濯、トイレ、掃除など)

お風呂の残り湯を捨ててしまうのは勿体ないです。これは節約のチャンス。使えることに回しましょう。

まずは、洗濯。
洗濯するときに“洗い”のときに使えます。
入浴剤を使用している場合は洗濯に使えないこともあるので、入浴剤の注意書きを確認しましょう。
また、使ったお湯なので、すすぎで使うのはおすすめしません。

次に、トイレ。
トイレを使用し水を流した後、止水栓を閉めます。
こうすると、タンクに水が溜まらなくなるのです。空になったタンクに、お風呂の残り湯をバケツなどを使って入れます。
用を足して水を流して空になったら、また残り湯を入れる……これを繰り返し水道代を節約しましょう。

最後に、掃除。
残り湯を使って、水拭きしましょう。
玄関周り、ベランダなどの掃除に使うのもおすすめです。
無駄なく使い切りましょう。

節約生活をうまく続けるコツとは?

疑問な奥さん|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

せっかく始めた節約を、三日坊主で終わらせないためのコツについてお話ししていきます。

我慢しすぎない

節約には我慢がつきものです。
でも、我慢しすぎると、いつかは爆発します。
あれもだめ、これもだめ……これでは長続きましません。

根を詰めすぎず、緩急をつけましょう。
“緩”のときには我慢をせず、好きな食べ物を買ったり、行きたいと思っていた場所に行ったりしましょう。

ご褒美を用意する

貯金額の目標を立てて達成したときなどは、自分にご褒美をあげましょう。
すると、「よし、またがんばろう」と思えてきます。
成功体験は、脳に良い影響を与えてくれるのです。

目標はハードルを低めに、成功しやすい設定にするのがポイント。
成功が重なってご褒美を手に入れる機会が増えればしめたものです。
節約することも苦ではなく、ゲーム感覚で楽しみながらできるようになれるでしょう。

お金の流れを把握する

節約をすると同時に、お金の流れを知り、整えていきましょう。
住居費・生活費などがどれくらいかかっているのか、できれば家計簿につけていくのがおすすめです。
記録してみることで、「ここはもっと抑えられる」「もう少し貯金に回せる」など気づくこともあるはず。

家計簿をつけるのが面倒だと言う方には、家計簿アプリもあります。
家計簿アプリは楽しく記録できるので、こちらもおすすめです。
また、家計簿をつけずにレシートだけとっておいて、あとでどれくらい使ったかだけを集計するのもあり。

自分にあったやり方で、お金の流れを掴みましょう。

極端な節約は短時間にとどめること!

上記の「趣味・交際費を減らす、ゼロにする」といったようなハードな節約は、やはり長く続けるとデメリットのほうが大きくなります。
ストレスが爆発して衝動買いなどのリバウンドの心配もあり、周囲からも敬遠されたりする可能性もあるからです。
そうなると何のためにがんばってきたのかわからなくなります。

ハードな節約は、短い時間だけにしておきましょう。
節約は、自然に長い時間続けるのが理想的です。

ちりも積もれば山となることを忘れない!

小さな節約も、積み重なると大きな節約になります。

たとえば、「いつも買っていた飲み物をやめて、自分で作って持ち歩くようになった」という節約方法は、一見すると地味です。
約150円程度の節約ではパンチ力はありません。
でも、これが数ヶ月、数年と続くと、とても大きな節約になると思いませんか?

こういった小さな節約の積み重ねが、貯金を大きく増やしていくことになるのです。
長い目で見るようにしましょう。

まとめ

今回は、貯金を殖やすための節約生活についてお話ししてきました。
こまごました節約から、ハードな節約方法までをご紹介しましたが、節約は長い目で見ることが肝要です。
また、目的をもってお金を貯めることも大切。
そして、モチベーションを保つために、自分へのご褒美も有効な手段です。

いかに無理なく、楽しく節約するのかが、長く続けるための秘訣と言えます。
ご紹介した方法を、ぜひ試してみてください。
59 件

関連するまとめ

「一人暮らしの節約術。毎月の出費にメリハリつけて貯金するには」

「一人暮らしの節約術。毎月の出費にメリハリつけて貯金するには」

| 2,690views
お金使いが荒い方必見!看護師さんの「マル秘節約テクニック」を紹介

お金使いが荒い方必見!看護師さんの「マル秘節約テクニック」を紹介

| 3,126views
みんなの食費節約術。冷凍&まとめ買いで食費を節約しよう

みんなの食費節約術。冷凍&まとめ買いで食費を節約しよう

| 6,676views
貯金目標200万。1人暮らしが3年間でムリなく200万円を貯める方法

貯金目標200万。1人暮らしが3年間でムリなく200万円を貯める方法

| 5,657views
断捨離でムダスペースを活用しよう!捨てて良かったモノ・後悔したモノは?

断捨離でムダスペースを活用しよう!捨てて良かったモノ・後悔したモノは?

| 3,107views

このまとめのキーワード