infy [インフィ]

今後への活かし方がポイント!ミスをした看護師がするべきこと

今後への活かし方がポイント!ミスをした看護師がするべきこと

今後のミスを防ぐ方法等、看護師がミスをした時にやっておくべきことについて述べています。

| 416views
お気に入り追加 0
看護の現場でも、
大なり小なりミスをしてしまうことはあります。
この記事では、
ミスをした看護師が
今後のミスを防ぐためにするべきことについて
ご紹介しています。
是非参考にしてみてください。

病院のインシデント・アクシデントレポートに目を通しておく

どの医療現場にもリスクマネジメント委員会や
医療安全委員会等、
病院内の安全を管理する機関が存在しており、
そこではインシデント・アクシデントレポートを
集計したり、伝達したりしています。

他者の事例に学ぶことができるこのレポートは、
しっかり目を通しておくことで
自分も同じ過ちを防ぐことに繋がります。

しっかりした知識的地盤を構築することと、
気持ちを引き締めることに役立ちますので、
是非これらには目を通しておくことをオススメします。

また、あまりミスが多くて困るという方は、
敢えて自分からこの委員会のメンバーに
率先して参加することで意識レベルを高めるのもひとつの方法です。

ダブルチェックや指さし・声出し確認を怠らないこと

看護現場は非常に過酷な労働ですので、
時として注意力が散漫になったり
疲れてミスをしたりしてしまうことがあります。

夜勤の看護師の疲労が蓄積している朝の時間帯は、
特にミスが多い時間帯であると言われています。

目視だけで確認すると、
どうしてもミスを誘発してしまうことも考えられます。

そこで典型的ですが、指さし声出し確認を行うことで、
脳が刺激されますし
ミスを防ぐことができる可能性が高まります。

また、これらを行うことで
例えミスをしていたとしても
周囲が気付いてくれる場合があります。

加えてダブルチェックも行うと、
更にミスは防げる可能性が高まるでしょう。

心身のコンディションを整える

上記でも述べましたが、
看護の現場は過酷で
精神的にも肉体的にも疲労が蓄積します。
疲れていると、
普段思いもよらないミスを誘発してしまうこともあります。

そこで重要になるのが、
精神的にも肉体的にもリフレッシュする
セルフマネジメントです。
手軽にできて
体調に響かないようなストレッチやランニング、
読書や音楽の鑑賞等でストレスを解消し、
気持ちをリセットして体調を整えておくことです。

そうすることで新鮮な気分で仕事に取り組むことができて、
ミスもなくすことができると思います。
体調管理も仕事のうちです。
是非とも取り組んでみてください。
いかがでしたか。
時として重大なトラブルを招く看護現場でのミスは
可能な限り避けたいもの。
特に同じ過ちを繰り返さないことは重要です。

今回の記事が、
少しでもミスのない看護に繋がれば幸いです。
11 件

関連するまとめ

【注意】看護師が少し仕事に慣れてきたときにやりがちなミスって?

【注意】看護師が少し仕事に慣れてきたときにやりがちなミスって?

| 1,191views
ミスは許されない!看護師が仕事で失敗しないためのコツ3つ

ミスは許されない!看護師が仕事で失敗しないためのコツ3つ

| 5,482views
「もしかして自分もしてる?」患者目線でイラっとした看護師の行動

「もしかして自分もしてる?」患者目線でイラっとした看護師の行動

| 16,024views
あるセクハラ患者さんへの制裁。「なんでこの部屋だけ若いおねーちゃんが担当せーへんのやろか」

あるセクハラ患者さんへの制裁。「なんでこの部屋だけ若いおねーちゃんが担当せーへんのやろか」

| 1,936views
「ぼくね!いちごにしたんだよ!」子供を見守るパパとママの思い、届きますように。

「ぼくね!いちごにしたんだよ!」子供を見守るパパとママの思い、届きますように。

| 2,174views

このまとめのキーワード