infy [インフィ]

知って得する!保健師資格が人気のワケ

知って得する!保健師資格が人気のワケ

今、保健師の資格が人気上昇中です。人気の秘密にはしっかりとした理由があるようです。 保健師の資格が人気のワケをご紹介します。

| 2,087views
お気に入り追加 0
今、医療業界で人気資格の1つ、「保健師」という資格をご存知でしょうか。
資格自体は昔からあるものですが、昨今の働き方を見直す風潮も相まって、密かに注目度が上がっているのです。

今回はこの保健師の資格がなぜ人気なのか、そして保健師になる方法、仕事内容・仕事場所についてご紹介します。

保健師という職業

保健師とは

保健師とは、「保健師助産師看護師法において、保健指導業務に従事する」職業のことです。
厚生労働大臣の免許を受ける必要がある“国家資格”です。

同じ国家資格が必要な看護師が“患者の病気が治癒する為のお世話や補助”のプロフェッショナルとするならば、保健師は“病気を予防する”プロフェッショナルと言えます。

保健師になるためには:①看護師資格が必須

保健師になるためには、大きく分けて3ステップ踏む必要があります。

まず1つ目として、“看護師資格”が必須となります。
保健師の国家試験を受験する為の条件として、「看護師資格を有すること」と定められているからです。

保健師になるためには:②指定された学校で必要な学科を修める

短大や専門学校等を卒業後、看護師試験に合格した後は、文部科学大臣指定の学校で保健師に必要な学科を修めるか、厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業する必要があります。

保健師になるためには:③保健師国家試験に合格する

看護師資格を持ち、指定された学校で保健師の学科を修了した後、ようやく保健師国家試験の“受験資格”を得ることができます。

そして、試験に合格すれば晴れて保健師になれるのです。
なお、修業年数は4年と長くなりますが、最初の段階で大学に入学すると、看護師に加えて保健師の国家試験受験資格も得ることができます。

保健師国家試験の受験資格が得られる大学・養成所

日本看護協会が平成28年に発表した統計データによると、卒業時に保健師国家試験の受験資格が得られる大学数は“250”(大学院・短期大学含む)あり、養成所の“18”を合わせて“268”となっています。

都道府県別では東京(20校)が一番多く、次いで兵庫(16校)、大阪(15校)、愛知(15校)北海道(14校)となっています。

保健師の資格が人気急上昇中?

助産師を抜くほどの人気のワケとは

以前は女性に人気の医療職として“助産師”が人気だったのですが、今は保健師が助産師人気を追い抜いている状況で、看護師から転職する人が増えています。

その人気の背景としては、夜勤や勤務シフトなど不定期な仕事になりがちな看護師・助産師と違い、保健師は平日(月~金)の日中の仕事が主であり、週末しっかり休める+夜勤が無いといったことが挙げられています。

保健師の需要が増加している

長時間の労働が社会問題となっている昨今、企業には労働環境改善が求められている一方で、まだまだ仕事が原因による病気や悲しい事件が後を絶ちません。

そこで、企業で働く職員の健康に関する相談役として介入するのが保健師です。

企業の健康診断結果を取りまとめる他、健康相談窓口として社内に常駐するなど、需要がとても増えています。

人気があるので求人が少ない

これらのことから、保健師は看護師・助産師を抜いてとても人気がある為、新しい求人が出てもすぐに決まってしまう、そして離職される方も少ないので、結果的に新しく出てくる求人が少ないのが現状です。

上記のことからも、保健師になりたいと思っている看護師や助産師の方は、保健師の枠に空きが出るのを待ちながら、現在の職業を続けている方も多くいるようです。

保健師の就業者数・就業場所

日本看護協会が平成28年に発表した統計データによると、平成27年時点で全国の保健師の数は“60,472”人となっており、9年前の平成18年と比較しても1万人以上増加している状態です。

就業場所の割合としては、市町村が約45%、保健所が約12%、病院が約9%、診療所が約17%と、行政・医療施設関係で8割以上を占めており、残り2割で企業・学校・その他となっています。

保健師の仕事内容

これだけ人気のある保健師ですが、実際はどんな仕事内容なのでしょうか。
勤務する場所によって仕事内容が若干変わってくるのが特徴です。

行政保健師とは

実は保健師の約7割は、地域の保健センターや保健所といった“行政機関”に勤めており、そのことから「行政保健師」とも呼ばれています。

行政機関に勤めているということで、基本的には公務員として働いていることになります。

公務員ということで、「毎週土日祝に休みが取れる」「仕事が安定している」「残業が少ない」という働く上でのメリットもあります。

行政保健師の仕事内容:①地域住民の健康増進

行政保健師は、勤務地となった保健センターなどで、地域の住民である乳幼児から高齢者まで幅広い世代からの健康相談の窓口となり、健康を守るのが主な仕事内容となります。

具体的な例としては、地域住民からの要望を取り入れ、糖尿病予防教室やウォーキング教室などの健康にまつわる教室を開催し、地域の健康増進・病気予防を促進させるといった内容となります。
55 件

関連するまとめ

これで分かる!保健師の仕事って?

これで分かる!保健師の仕事って?

| 2,386views
人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

| 2,435views
「助産師になりたいあなたが取るべき資格って一体?」

「助産師になりたいあなたが取るべき資格って一体?」

| 3,875views
転職前に!看護師の職務経歴書の書き方と注意点

転職前に!看護師の職務経歴書の書き方と注意点

| 3,489views
重要なのは、履歴書の志望動機。看護師が受かる志望動機の書き方は?

重要なのは、履歴書の志望動機。看護師が受かる志望動機の書き方は?

| 2,629views

このまとめのキーワード