infy [インフィ]

知っておくべき! 看護師と保健師の違いとは

知っておくべき! 看護師と保健師の違いとは

仕事内容や働く場所など、看護師と保健師の違いをまとめてみました。

| 1,597views
お気に入り追加 0
看護師と保健師は、
資格自体の違いのほか、
果たすべき役割や仕事内容も
異なっています。
具体的に両者の違いを
項目別に見ていきましょう。

取得すべき国家資格の違い

ファイルを持つ日本人OL40|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

看護師になるには、
看護師国家試験に合格することが
求められます。
一方、保健師は、
看護師国家試験と保健師国家試験の
両方に合格することが、
必須条件となっています。

保健師になりたい人は、
看護師の国家試験に合格したあと、
保健師養成学校や看護系大学の
保健師養成課程に1年間通学し、
保健師国家試験をめざすのが
一般的のようです。

なお、保健師や看護師の
養成カリキュラムがある大学や
専門学校を卒業したあと、
両方の国家試験を同じタイミングで
ダブル受験することもできるみたいです。
保健師は看護師の資格にさらにプラスアルファとなる能力を認められているわけです。ちなみに、保健師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣や文部科学大臣の指定する資格が必要です。

役割や仕事内容の違い

寄り添う仲良し三世代家族2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

看護師の仕事は、
病気やケガをした人の
治療をサポートする看護が、
メインとなっています。

一方、保健師は、
看護師の仕事もできるほか、
人々が健康を維持増進できるように
アドバイスや保健指導を行うことも、
大切な役割となっているようです。

つまり、保健師の仕事は、
看護師の仕事よりも一歩踏み込んで、
人々が病気にならないように、
さまざまな予防的取り組みをすることが
主な仕事となるみたいですね。
看護師は「病気や怪我をした人のお世話や、治療の補助を通して“早くよくなるように”手助けをする」のに対し、保健師は、「病気にならないように指導する」ことがもっとも重要な役目です。

保健師のほうが多方面で活躍!働く場所の違いとは

妊婦さんと女の子 3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

看護師が活躍する職場としては、
病院や診療所などの医療機関が
中心となります。

一方、保健師は、
病院で看護師と同様に
働くこともできますが、
各地域の保健所や学校、
企業の保健室に勤務するほうが
より一般的みたいです。

保健所では、妊産婦や乳児を
対象とした保健指導をすることも、
保健師の大切な仕事となっています。

なお、保健師が病院で働く場合、
資格を十分に生かすことができる
「検診センター」がある職場を選ぶのも、
選択肢の1つとしておすすめです。
保健師は学校や保育所、会社など、健康な人のいる職場での仕事がほとんどです。保健所では、妊産婦の妊娠や出産に関する指導や、出産後の乳児の育児指導もあります。
詳しく見ていくと、
看護師と保健師には、
取得すべき資格をはじめ、
さまざまな違いがあるみたいです。
将来のキャリアプランを見据えて、
看護師になったあとで、
保健師の資格を取得しようと
考え始める人もいるようです
14 件

関連するまとめ

保健師になるにはどうすればいいの?勉強方法や就職先は?

保健師になるにはどうすればいいの?勉強方法や就職先は?

| 3,580views
人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

| 2,582views
知って得する!保健師資格が人気のワケ

知って得する!保健師資格が人気のワケ

| 2,233views
これで分かる!保健師の仕事って?

これで分かる!保健師の仕事って?

| 2,544views
看護学生は迷う!看護師と保健師どっちがいい?

看護学生は迷う!看護師と保健師どっちがいい?

| 5,514views

このまとめのキーワード