infy [インフィ]

介護離職で後悔しないために。介護と仕事の両立を目指して

介護離職で後悔しないために。介護と仕事の両立を目指して

介護離職をする人は中高年が多いという特徴があります。中高年が再就職を目指してもなかなかできないという現実があります。介護離職を考える前に、介護休業制度や介護サービスを活用して介護と仕事が両立できる方法を検討することが大切です。

| 2,292views
お気に入り追加 0

介護離職をする人が増えている理由とは

介護を必要とする年齢は人によって異なりますが、中高年で働き盛りの年代の子どもを持つ親が介護を必要とすることがほとんどです。

そのため、現在問題となっていることが働き盛りの「介護離職」です。

介護と仕事の両立は想像以上に厳しい

子どもがいても働き盛りであるため、介護と仕事を両立しようと考えても大切なポストについていることもあるため、介護と仕事の板挟みになってしまいます。

そして、介護を突き付けられた子どもは両立することの大変さを痛感し、「離職」を選択してしまうケースもあります。

介護は育児のように終わりが見えません。
そのため、どれぐらい続くか予測を立てることが出来なくなってしまい、金銭的・肉体的・精神的にも辛くなり大きな負担となってのしかかってきます。

介護休業制度の運用がうまくいっていないため

介護をする人のために「介護休業制度」と言う制度があるのはご存知でしょうか。
「育児・介護休業法」がもとになっている制度であり、介護を必要とする家族1人に対して最大93日の介護休業を取得することができます。

介護を理由に離職することは、雇用主側から見ても損失に繋がります。
そのため、雇用主側も介護離職に繋がらないように、介護休業制度を活用してもらうように働きかけることは大切です。

しかし、介護はいつまで続くか予測がたたないことであるにもかかわらず、介護休業の日数は多いとは言えません。

そのため、介護と仕事を両立するためには介護休業制度の活用に加え、デイサービスなども活用することが大切です。

やむを得ず離職したのに…。介護離職のその後の現状

やむを得ず離職をしたのに、その後の現状まで想像を超えていたと言うこともあります。

では、介護離職をした後に起こることは、どのようなことでしょうか。

収入が激減し、生活が苦しくなる

仕事を辞めたわけですから、当然、収入が激減し生活がそれまでとは異なります。
貯金を切り崩したり、親の年金を当てにして生活する人もいます。

しかし、介護ではいくらお金がかかるか予測を立てることは難しく、離職をしたときは十分に生活できる予定の預貯金額があっても、おむつなどの消耗品代や体調を崩せば治療費もかかります。

介護をしているためパートに出ることもできません。
そのため、早々に生活が苦しいと感じてしまうでしょう。

精神的なダメージが大きい

仕事と介護の両立は大変ですが、仕事に行っていることで介護を必要とする人と離れる時間が出来ていました。

さらに、仕事をしていたことで評価され社会とつながっている環境に身を置いていまたした。それが、離職をしたことで社会とのつながりがなくなり、介護ばかりをするようになってしまうと、愚痴や悩みを言えなかったり、自由な時間がなくなることで精神的なダメージを大きく受けてしまいます。

介護が終わっても再就職出来ない

介護離職をする人の年齢は、中高年が多いという特徴があります。
そのため、何か特別な資格が無い限り、介護が終わった時点で再就職が出来ないという問題が発生します。

介護が終わって就職が出来れば生活も安定しますが、再就職が出来ないままだとさらに貧困に陥ってしまいます。貧困になってしまうと、やる気もなくなるため再就職に向けて気持ちが向かなくなってしまうなど負の連鎖に陥ってしまいます。

厚生労働省による介護離職への取り組み

介護離職という社会問題に対して、厚生労働省はどような取り組みをしているのでしょうか。

介護休業制度

「介護休業制度」とは、要介護になった家族1人につき通算で93日の休業を取得することができます。介護休業制度を利用したいときは、手続きが必要であるため、就業先の担当者に手続きなどは確認をしてください。

また、この制度は正社員だけではなくアルバイトやパートの非正規雇用の人も条件を満たせば、利用することが出来ます。

ここで注意したいことは、通算で93日と聞くと沢山あるように感じますが、介護はいつまで続くかわからないため、デイサービスや訪問介護などを活用して、休みのコントロールをしていくことが大切です。

介護休暇制度

「介護休暇制度」とは、要介護の家族1人につき5日/年まで時間単位で休暇を取ることが出来ます。介護休暇制度を利用する前は、手続きが必要であるため就業先の担当者に確認をしてください。

介護休暇制度を利用したときの給料は、各事業所に判断が委ねられているため、有給か無給かも確認をしてください。

介護休業給付金

「介護休業給付金」制度は、雇用保険に加入している人の家族が介護が必要な状態になってしまったときに、その家族を介護するために休業した場合、収入を補填させることを目的とした給付金制度です。

雇用保険加入者であれば、アルバイトでもパートでも制度を利用することはできます。
支給対象は、雇用保険に加入している65歳未満の人で同じ就業先で1年以上働いていることなど、条件があるため適応されるか確認をしてください。

勤務時間の短縮措置

休みを取るほどではないが、時間を短くして働きたいという人のために勤務時間の短縮措置ができる制度があります。この、短縮措置は申し出があれば事業主は拒否することはできません。

処置の種類としては、「短時間勤務制度」と「フレックスタイム制度」そして「始業・就業時間の繰り上げ、繰り下げ」の3種類の方法があります。

所定外労働・深夜業を制限する措置

67 件

関連するまとめ

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

私看護師に向いていないかも…看護師に向いている人・向いていない人の特徴

| 10,984views
看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

| 16,774views
独立したい!看護師が訪問看護ステーションを開業するために必要なこと

独立したい!看護師が訪問看護ステーションを開業するために必要なこと

| 3,541views
介護に悩める家族の味方!介護支援専門員とは?

介護に悩める家族の味方!介護支援専門員とは?

| 1,800views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 10,259views

このまとめのキーワード