infy [インフィ]

脊髄損傷の患者さんと婚約者『あんたが好きだから一生支えたいって思ったから結婚して傍にいるって決めたの!』

脊髄損傷の患者さんと婚約者『あんたが好きだから一生支えたいって思ったから結婚して傍にいるって決めたの!』

「ありがとう。看護師と患者の物語」14話。不運な交通事故で脊髄損傷の患者さんが入院していました。まだ若い男性の人で、事故でこの病院に運ばれた時にはとても悲観しており、ショックを隠し切れない様子。その男性を救ったのは婚約者の存在でした。愛と希望の強さ、守りたいものを持っている人の力を感じたお話です。

| 6,123views
お気に入り追加 0

私が整形外科に勤務をしていたときの話です。
不運な交通事故で脊髄損傷の患者さんが入院していました。
その患者さんは首から下の麻痺が強く両上肢MMT:1/5、両下肢MMT:0~1/5でした。
(ざっくり言うと自分の力では動かすことができない状態です。)


まだ若い男性の人で、事故でこの病院に運ばれた時にはとても悲観しており、ショックを隠し切れない様子でした。

救急科から整形外科に転棟してきたときも看護師に八つ当たりをすることが多く、清拭ケアに入れば

「なんだよ!俺が自分で体拭けへんのが、あわれとか思ってるんだろ!?」

検温で訪室すれば

「そんな何回も血圧測っても、俺の手が動くわけじゃないんだろ!!だったらもう測るな!!」
と看護師や医師に暴言を吐くことが多かったのです。


私はその人に受け持ち看護師だったので、よく担当になっていました。

ある日、その患者さんがリハビリ室で転倒したと担当理学療法士から病棟に連絡があり、急いでリハビリ室に向かいました。

理学療法士の話によると、
自分で無理をして動こうとしたときにバランスを崩して転倒したとのことでした。

患者さんと病棟に戻り、部屋で話を聞きました。

「どうして、無理に動こうとしたのですか?なにか理由があったのですか?」

私の問いに、しばらく無言の後に患者さんは答えました。

「俺婚約してるんだけどな…こんな体になってしまって、彼女を養ってやることもできないから『別れよう。』って言ったんですよ。

そしたら彼女が、

『あほなんじゃない!?私は養ってもらうために結婚するんじゃない!!
あんたが好きだから一生支えたいって思ったから結婚して傍にいるって決めたの!!
こんな時こそ私の出番じゃないの!?体が動かなくなっても私があんたのぶんまでいっぱいいろんなとこに連れていくし働く!!

あんたは主夫で私を支えてよ!!別れるとかそんなの却下!!あんたが勝手に諦めるなんて絶対に許さない!!』

って怒られてね。

「笑えるでしょ?彼女に怒られてな、ハッてして。
俺だけずっと悲観的になっててさ投げやりになっていた。もう死んでもいいって思ってた。

でも彼女は俺をすっと信じて待ってくれてて。
こんな動けない俺でも「支える」って言ってくれた。
ほんと…一人で病んでいた自分が情けなくて…。」

「だから俺もさ、もう自分のこと諦めるのを諦めた!とりあえず、今自分ができることを全力でしようって思ってさ。

だからリハビリも焦ってしまってこけてしまって。
ほんとあほでしょ?あーこれ彼女が知ったらまた怒られるな~笑」

と話してくれました。

私に話すその患者さんの姿はいつも怒鳴っていて、時折寂しい表情を見せていた時とは違い、
とてもイキイキと希望にあふれていた様子でした。

「看護師さん達も…ごめんなさい。
自分の体が動かへんのがほんと嫌で、いつもひどいこと言ってしまってた。

なんか優しくされるとそれだけ自分がみじめな気がしてね、
看護師さんたちは俺のことをいつも知ろうとしれくれてたのにな。

ほんとにごめんなさい。

俺さ、リハビリもがんばるしもっとやれること増やせるように努力する!
待ってくれている彼女のためにももう一度動けるようになりたい!
・・・だから看護師さん達はこれからも俺を応援してくれないかな?」


と照れ臭そうにお願いされました。


私はもちろん「一緒にがんばりましょう!!だけど今回みたいに無茶だけは止めてくださいね!笑」と答えました。

23 件

関連するまとめ

消息不明だった父と娘の最後の再会『ご・・め・・ん・・な・・あいこ』

消息不明だった父と娘の最後の再会『ご・・め・・ん・・な・・あいこ』

| 21views
最愛の娘にひと目会いたい・・・『最後に会いたいな~無理かな~ケンカして、叩いてしまったからな~』

最愛の娘にひと目会いたい・・・『最後に会いたいな~無理かな~ケンカして、叩いてしまったからな~』

| 5,246views
私の看護観の軸になった先輩の言葉『許してあげようね。それが看護師っ!』

私の看護観の軸になった先輩の言葉『許してあげようね。それが看護師っ!』

| 5,709views
患者様のご主人は数学博士でした『生きる希望が0%ではなく、0.1% でもあるならすぐにでも・・・』

患者様のご主人は数学博士でした『生きる希望が0%ではなく、0.1% でもあるならすぐにでも・・・』

| 6,083views
最後の食事『移植が成功し、免疫も安定したら思う存分食べましょうと約束していたけれど』

最後の食事『移植が成功し、免疫も安定したら思う存分食べましょうと約束していたけれど』

| 8,048views

このまとめのキーワード