infy [インフィ]

男性諸君必見!近年男性看護師が活躍中!

男性諸君必見!近年男性看護師が活躍中!

近年、女性の職場であった看護師の仕事に男性看護師が増えてきています。まだまだ人数としては少ないのですが、現場では男性看護師にしか出来ないこともあり、大きな戦力になっています。ここでは男性看護師の仕事について書いていきたいと思います。

| 2,289views
お気に入り追加 0

男性看護師に必要な能力とは?

仕事環境への適応能力

男性看護師として働く上で、どのような人物像が向いているのでしょうか?
皆さん分かっているとは思いますが、まだまだ女性の多い職場ですので、まずその環境に慣れるところからですね。

女性が多い職場というのは独特な雰囲気です。
その環境にいち早く慣れることができる適応能力が必要です。

自分の意見を言える

お互い意見を交わす際に、どうしても男性的な考え方と女性的な考え方というものが出てきます。病院では女性が多いので、仕事に対する考え方が偏りがちです。

そこで男性としての考え方、男性という立場の視点で意見をいうことで病棟の質を上げていく必要があります。

向上心がある

男性看護師は妊娠、出産による仕事上でのハンデが少ないこともあるので、スペシャリストやジェネラリストを目指していきましょう。

色々な場面で男性看護師が活躍していますが、それはまだ最近のことです。
今後働く男性看護師のためにも、新しい道を切り開いていけるような向上心が必要です。

気になる!男性看護師の年収

お金が原因で起こる夫婦喧嘩、解消の方法は? [夫婦関係] All About

女性看護師と男性看護師の年収ですが、どちらだから多い少ないということは特にありません。一つだけあるとすれば、女性には出産や育児があるので育休の期間は、女性看護師の手取りはどうしても減ってしまいます。

それを考えると、出産や育児によるハンデが少ない男性看護師のほうが、生涯でもらえる金額は多いのかもしれません。具体的な数字ですが、これもピンきりになります。

病院によっても全然違いますし、学歴や資格取得、キャリアアップによっても変化します。
大体、400万~800万円といったところでしょうか?

幅が大きすぎてあまりあてになりませんが、そのくらい学歴や資格取得、キャリアアップに左右されるということです。

まとめ

現在男性看護師はあらゆる現場で活躍しています。
これからその活躍の場は確実に増えていくでしょう。

今はまだ人数が少なく、女性の多い職場ですが、その中で男性看護師としての特性を活かし自分にしかできない看護を見つけていきましょう。

現役看護師の回答

自己紹介 k.o(30代)

大学の看護学部を卒業後、都内の大学病院に就職しました。
5年間病棟で勤務し、現在は救急外来で働いています。

もっと男性看護師の割合が増えれば男性・女性ともに働きやすくなるのではないでしょうか。

最近では男性看護師の割合が増えてきているとよく耳にしますが、それは現場でも実感できるようになってきました。
もちろんまだまだ少ないですが、私が今いる救急外来も私が入った当時と比べると男性看護師が増えていて活躍しています。

看護師の仕事は体力勝負とも言えるくらいですので、男性の力はやはり必要です。
また、女性ばかりの職場だと人間関係がぎくしゃくしてしまうこともありますが、男性看護師が増えることで少しは緩和されるのではないかと思います。

まだまだ看護師は女性の仕事、というイメージが強いと思いますが、どんどん男性看護師が増えれば現場で働く身としてはうれしく思います。
今後も看護師を志す男性が増えることを願っています。
48 件