infy [インフィ]

男性諸君必見!近年男性看護師が活躍中!

男性諸君必見!近年男性看護師が活躍中!

近年、女性の職場であった看護師の仕事に男性看護師が増えてきています。まだまだ人数としては少ないのですが、現場では男性看護師にしか出来ないこともあり、大きな戦力になっています。ここでは男性看護師の仕事について書いていきたいと思います。

| 2,216views
お気に入り追加 0

男性看護師の仕事内容

男女雇用均等法が開始となり、現在男性看護師が急増しています。
現在の男性看護師の人数は過去10年間で2倍以上増加しており、約7万人以上のようです。

男性看護師が増えているということは、今現場で需要があるということです。
女性看護師と男性看護師の仕事内容に違いはあるのでしょうか?

根本的には両者とも同じ仕事内容になります。
しかし、病棟の特質によっては片側に需要が傾くこともあります。

患者の対応

患者にも老若男女の方々がいます。
全ての患者が女性看護師のほうが話をしやすいとは限りません。

男性だから相談に乗れるという案件もたくさんあります。
例えば、思春期のまっただ中の患者や泌尿器科の患者など、同性だから分かる気持ちや思いは同性の看護師のほうが聞き出しやすい傾向があります。

中には異性でないと心を開かない患者もいたりしますので、患者の傾向に合わせて臨機応変に対応していく必要がありますね。

クレーム処理能力

クレーム対応についても患者の対応と同様に、患者に合わせて臨機応変に対応していくしかありません。

暴れていたり、危険な行動をしている場合は話が別ですが、男性が対応しても、患者を逆上させてしまう可能性もありますし、男性看護師が優位なわけではないです。

もしも暴れている患者さんの場合、どうしても女性よりも力がある男性看護師が前線に立っていかなければならないのでしょう。

地域の対処能力

地域の病院に就職すると、病棟勤務と手術室での勤務を掛け持ちするなど、一人の看護師が様々な部署を掛け持ちする例があります。

特に男性看護師は、育児や出産のハンデが少ない代わりに、地域の病院ではそのように掛け持ちをする立場になる可能性が高いです。どうしても、子育てのある女性看護師は、定時に帰ることができる外来勤務等に優先される傾向があるので、そこで男性看護師としての技量を発揮する必要がありますね。

また、地域のグループホームやデイケアに就職すると、施設内の看護師の数は少ないです。
圧倒的に介護士の人数が多いので、リーダーシップを発揮し、威厳をもって皆をまとめていける能力が男性看護師には試されますね。

事務長的な存在

大学病院や大きな総合病院ではなく、小さな個人病院や開業医では、男性看護師は患者との窓口となり事務長的な存在になります。

小さな個人病院や開業医での看護師の立ち位置は、医師の医療相談役でもありますので、そういった面で事務長的な存在感を発揮できます。

医師には聞きづらい病気の相談

現在、診療の待ち時間に対し、診察時間が異常に短いことが患者間での不満として多く取り上げられています。医師に対し、質問することを考えて病院へ行っても、話が切り出せずに診察が終わったり、医師の説明の中に医療用語が多く、まったく説明の内容が理解できないという事もあるようなのです。

これまで話をしましたが、看護師というのは患者に一番近い存在であって、最前線で患者と関わることができます。

患者は自分の病気に対して何かしらの疑問や不安を持っているものです。
患者でなくとも、その家族も例外ではありません。

自らその疑問を看護師に投げかけてくる患者もいますが、そういった患者は医師に対しても分からないことは分からないと言える患者です。

話をしてくれるのを待つのではなく、患者に対し、説明の中に不明な点はなかったか?など患者が話をしやすい空間を作ってあげる必要があります。

これも男性、女性が優位というのはないのですが、男性でないと話をしにくい病気もあるのでそこは、男性看護師が率先して対応してあげる事が望ましいと思います。

男性看護師のメリットとは?

出産・育児のハンデが少ない

男性看護師としてのメリットは、先程にも述べたように女性と比べると出産や育児のハンデが少ないことでしょうか。

女性看護師が出産や育児で仕事を休まなければならないことがあるのに対し、男性看護師はそのハンデが少ないため、安定して働き続けることができますので病院からも重宝されます。

女性看護師の人間関係から距離を置ける

看護師はまだまだ女性が多い職業ですので、女性特有の人間関係に巻き込まれることもあります。

しかし、異性ですから女性といい意味で距離を取りながら接することができますので同性の看護師と比べると仕事はやりやすいかもしれません。

収入の安定

現在病院が看護師を選ぶのではなく、看護師が病院を選ぶ時代であると言われるほど、看護師という資格は強みになっています。

その中で男性看護師は、同じ職場に長く務めることも出来ますし、夜勤も積極的にこなすことが出来るので収入も安定しています。

最近では、師長や副師長として病棟をまとめている男性看護師もいますし、認定、専門看護師として活躍されている男性看護師も増えてきています。

男性看護師のデメリットとは?

女性患者からケアを断られる

ケアをする相手が女性患者の場合、ケアを断られることは多々あります。
お風呂やトイレは分かりますが、ちょっとした処置でも、異性に見られたくないという患者も中にはいるようです。

その際には、どうしても女性の看護師に頼らないといけませんので、お互い持ちつ持たれつで仕事をしていく必要がありますね。

男性看護師同士で比較される

部署によっては多いところもありますが、男性看護師はまだまだ少ないので、病棟内でも数人というところでしょうか。そういう状況ですので、男性看護師は女性看護師と比べると、とにかく目立つ存在です。

患者は看護師の仕草や言動はもちろん、看護ケアの仕方もちゃんと見ています。
〇〇さんはこうだったけど、△△さんはこうだったなど、よくある話です。

その中でも男性看護師は個人が特定しやすく比較されてしまうことが多いのです。
しかし、目立つことを逆手にとって、一度患者からの信頼を獲得することができれば、あの看護師は良かったと一気に評判が広がりますよ。

力仕事の負担が大きい

男性看護師をしていると、男性=力持ちと思っている人が多いのかやたらと力仕事を任せられることがあります。

看護師にはあまり力仕事がないようなイメージがありそうですが、蓋を開けるとなかなかハードなのです。

女性から力仕事を頼まれて、できないというのもなかなか癪なのでついつい頑張ってしまいがちですが、くれぐれも無理をして腰を痛めないように気を付けてくださいね。
48 件