infy [インフィ]

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

すごく緊張する…新人看護師が迷う報告の仕方とは

新人看護師の頃は、報告の仕方1つをとってもとても緊張したり不安を感じます。報告の仕方は優先順位をつけたり、報告する内容の順番を守ることが大切です。先輩看護師に報告をすることで情報共有ができます。

| 8,533views
お気に入り追加 0

新人看護師にとって、報告の必要性とは

どのような仕事でも「報連相(ほうれんそう)」が大切と言われるように、看護師も同じです。
特に、報告は大切であり、報告を怠ったことでインシデントやアクシデントに繋がる可能性もあります。

まずは報告の必要性についてご紹介します。

新人看護師は判断できる知識が足らない可能性がある

新人看護師は教科書に載っているような知識や技術はありますが、実際の現場での経験はないため判断できる知識が十分ではありません。

教科書通りに患者の体調が変化するわけではありません。
1人の患者でも、既往歴などいろいろな背景があります。

そのため、報告をすることで自分では見落としていることを指摘してもらうことができ、自分の知識を増やすことができるのです。

報告することで情報共有をする

報告をすることで情報共有することができます。
新人看護師が報告する看護師は、指導者である場合が多く仕事をペアで行います。

1人の患者を2人でケアなどをする場合、情報共有をしていると同じ認識でケアをすることができます。
看護師の仕事は患者の安全・安楽を保つことでもあるので、先輩看護師と同じ情報を持っていることはとても大切なことです。

指導している看護師が不安なく指導することができる

指導している看護師も新人看護師がどのように仕事をしているのか、どのような観察をしてどのような情報を持っているかなどを知ることで、不安なく指導することができます。

例えば、新人看護師がミスをしてしまった場合、責任は新人看護師だけにあるわけではなく、指導をしている看護師にもあります。

新人看護師が安全に看護をできるように指導することは、患者さんや家族が安心して治療を受けることに繋がります。

新人看護師から患者の報告を受けることで足りない情報も指導することができるため、報告してもらうことはその後の指導方改善にも繋がります。

変化があった場合に他の看護師もスムーズに対応できる

報告をしていれば変化があった場合に他の看護師もスムーズに対応できます。
看護師の仕事は24時間体制であり、1人の看護師が24時間対応するわけではありません。

そのため、次の担当する看護師が同じ情報を持って仕事をするためにも、報告は欠かすことができません。

一人で抱える不安がない

報告をして情報共有をすることで一人で抱える不安がなくなります。

自分の知識では解決しないことでも、先輩看護師に報告をすることで解決策が見つかります。
注意深く観察を続けなければいけないことも、自分以外の看護師が観察をすることでさらに注意深く
観察をすることができます。

ISBARCを用いた報告の仕方

忙しい看護師だからこそ、報告も明瞭簡潔にしなければ先輩看護師に正しく情報が伝わりません。

報告の方法に「ISBARC(アイエスバーク)」という方法があります。
それぞれ、報告する内容の頭文字ですが、どのような項目をどのような順番で報告をすると、上手な報告になるのでしょうか?

I:誰が、誰の報告をするか

「I」はIdentify(自分)のことで、「誰が、誰の報告をするか」決めます。

報告をするのは自分で、担当しているどの患者の報告をするのか最初に伝えます。

聞いている先輩看護師は、どの患者の報告を聞いているのか分かっていないと、話が噛み合いません。
最初に患者の名前を伝えることを忘れないことがポイントです。

S:状況・状態はどうか

「S」はsituation(状況)のことで、「状況・状態はどうか」を報告します。

状況や状態は患者やその時によって違うため、報告しなければいけない状況や状態に優先順位をつけましょう。

優先順位をつけるコツは、「命に関わる危険性が高い順」で考えることです。
そうすることで自ずと優先順位は決まります。

B:背景・経過はどうか

「B」はbackground(背景)のことで、「背景・経過はどうか」を報告します。

例えば、患者の既往歴や入院理由、入院後の検査結果やバイタルサインの経過などです。

ただし、報告する項目は手短にして省いても問題がない内容は省きましょう。
入院をして何日も経過している患者の入院理由を報告するのは時間の無駄です。

その時に報告をする状況・状態に絡ませた背景・経過を報告するなど判断しましょう。

A:評価はどうか

「A」はassessment(評価)のことで、「評価はどうか」を報告します。
その前に、アセスメントをするための情報収集はできていますか?

アセスメントをするためには、患者のSデータとOデータが必要です。
Sデータ・Oデータをもとにアセスメントを行い、NANDAで今の状態が続くと患者がどのようになっていまうのかを予測します。

評価を正しくするためにも必要なデータが取れていることが大切です。

R:依頼や要請があるか

「R」はrequest(依頼)のことで、「依頼や要請があるか」を報告します。

ここでは具体的にしてほしい事を報告します。
65 件

関連するまとめ

ストレスだらけ、看護師1年目。何を目標に業務を行えばいい?

ストレスだらけ、看護師1年目。何を目標に業務を行えばいい?

| 4,807views
なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

なんでこんなに時間がかかる。仕事が遅い看護師に多い特徴と仕事が早い看護師の特徴

| 11,192views
仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

仕事に恋愛に全力迷走中!へっぽこナース物語スタート!!

| 11,493views
本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

本当にきつい!看護師の5連勤の実態と看護師の声、5連勤を避ける方法ってある?

| 8,290views
毎日毎日ストレス。看護師が職場でストレスを抱えやすい原因とは

毎日毎日ストレス。看護師が職場でストレスを抱えやすい原因とは

| 7,627views

このまとめのキーワード