infy [インフィ]

実際どうなの?看護師の平均年収大調査!

実際どうなの?看護師の平均年収大調査!

「看護師=給料が高い」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか今回は本当に看護師の年収は高いのか全国の職業の平均年収と比べて見たり、同じ看護師でも働く場所によってどれだけの年収の差がでるのかを調べてみました。

| 1,980views
お気に入り追加 0

看護師の平均年収って高いって本当?

看護師の給料が高いというのは本当でしょうか?まず、看護師の2018年の平均年収が478万2700円というデータが出ています。この数字は手取りではなく所得税や社会保険料など控除する前の額で、時間外や夜勤手当なども含まれたものです。

日本人の平均年収が420万なので確かに看護師は平均以上の年収だということがわかります。では今度は職業別の平均年収のランキングを上位5位までだしてみて見ましょう。看護師は一体何位に入っているのでしょうか?

平均年収ランキング

第1位:医師・医者         1232万6900円
第2位:航空機操縦士(パイロット) 1192万1300円
第3位:大学教授          1051万2600円
第4位:公認会計士・税理士     1042万4900円
第5位:弁護士           1028万9500円

なんと、平均年収ランキングの上位5位は全て年収1000万以上ということがわかりました。年収の高い職業には共通点があります。その職業になるためには他の人と比べて時間と労力が必要なこと、変わりの人がなかなか見つからないこと、社会的に必要とされていること、責任が重い事です。

看護師にもこの条件が当てはまっていますがランキングでは65位でした。上位10位にも入っていないのは意外でしたが一般的に比べると平均以上なので高いことがわかります。

各年代の平均年収と看護師の平均年収の差

では今度は各年代の平均年収を出して、看護師の年収と比べて見ましょう。

20代(前半):男性271万 女性233万
20代(後半):男性383万 女性306万
30代(前半):男性451万 女性307万
30代(後半):男性410万 女性299万
40代(前半):男性567万 女性294万
40代(後半):男性626万 女性292万
50代(前半):男性670万 女性296万
50代(後半):男性652万 女性278万

という結果が出ました、看護師の平均年収が約478万ですので、このデータをみると30代前半までは男女ともに看護師の方が平均年収が高いことがわかりますが、30代後半以降になると男性の平均年収のほうが常に高く、女性の平均年収に関しては看護師が高いことがわかりました。このことから、女性の職業としては看護師は平均年収が高い職種になるようです。

高給ではあるけれど…実際の仕事内容はどうなの?

看護師の具体的な仕事内容を知っていますか?これからその仕事内容を紹介していきます。

看護師の仕事内容って?

看護師の仕事内容は病院や診療科によって大きく変わってきます。しかし、看護師の基本は「医師の指示に基づいて患者さんの診療を補助したり、患者さんが入院生活を過ごしやすいようにケアすること」に変わりはありません。看護師は医師よりも患者に近い存在で、患者さんにとっては心強い存在にもなるのです。

次に主な仕事内容を紹介します。
・血圧や体温、脈拍の測定
・巡回をして患者さんに異常がないかチェック
・注射や点滴、採血
・患者の移送
・入院患者さんの食事、入浴、トイレの補助
・入院患者さんが床ずれなどを起こさないよう体位交換をする
・入院患者さんのベッドメイキング
・担当患者のカルテの記録を書く
・看護師同士ミーティングを行い情報を共有する
・他職種とのカンファレンス
・夜間のナースコールの対応
・手術の準備や執刀医へ器具を手渡しする

看護師の仕事はたくさんありますが、この内容を1日、1人で行うわけではなく先ほども説明した通り看護師と言っても配属される場所によって仕事内容は変わってきます。看護師という仕事をまとめた内容なので安心してください。また、看護師は夜勤のあるところが多く、その夜勤手当があるかないかでは給料に大きな差が出てきますので覚えておいてください。

実は離職率も高め

年収が平均以上だということはわかりましたが、人の命を預る職業でもあります。給料はいいですがその分、任される仕事の責任が重く重圧に負けてしまったり、配属される場所によっては人の死と向き合うこともあるかもしれません。すぐに気持ちの切り替えができればいいのですが、ずっと引きずっていると精神的に疲れてしまう可能性もあります。

また、看護師はどちらかというと女性の多い職場になります。仕事の悩み+女性特有の人間関係が原因で退職してしまう人が多いのも事実です。

年収UPの可能性があるって本当?

同じ看護師なのに働く場所やスキルをUPすることで年収がUPすることを知っていますか?現在看護師として働いてる人にとって、同じ職種なのに給料に差がでるなんて納得がいかない。そんな方法があるなら知りたいですよね。これから看護師として働きたいと思っている人も就職活動をするときに役に立つはずですので参考にしてくださいね。

働く場所によって、年収に大きな差が

看護師の働く場所と言えば「病院」というイメージがありますが、実は病院以外でも看護師として活躍できる場所がたくさんあるのを知っていますか?しかも同じ看護師でありながら夜勤がなく土日が休みというところもあるんです!一体どんな場所なのか紹介します。

①産業看護師
産業看護師の勤務先は一般企業です。企業の医務室や健康管理室での看護、保健業務が仕事内容になりますがほとんどがデスクワークでの作業で勤務時間も9時から18時までの実働8時間労働になりますので夜勤がありません。そして休みも暦通りのところが多く、土日祝日が休みになるので精神的・体力的にもキツイということは少なくなってきます。

②介護福祉施設
少子高齢化に伴いこの先、老人ホームなどの介護福祉施設などの需要が高まりつつあります。介護福祉施設での看護師の業務は医師が常駐していないため医療行為を行うことはありません。病院で医療行為を行うときの責任の重さに耐えられなかった人でも安心して仕事をすることができます。そして何より、一人ひとり施設の利用者さんと向き合うことができ、夜勤や残業も少ないです。

この他にも、学校の保健室の先生や訪問看護師など看護師として活躍できる場所がたくさんあることがわかりましたね。このように働き場所がたくさんある分、給料や年収にも差がでてきます。

一番年収が高い勤務場所は?

なぜ、同じ看護師なのに年収に差が出てしまうのでしょうか?それは働いてる人のスキルの差というよりは「勤務先」が影響してきます。というのも看護師の基本給は他の職業と比べると上昇しにくい傾向があり、その基本給に差がでればそれだけ年収にも差がでてきます。

例えば、地域でも看護師の平均年収に差が出ているのを知っていますか?47都道府県のなかで最も看護師の年収が高いのが京都の541万、次いで東京の532万、山梨の524万の順になっています。そして看護師の年収が最も低いのが宮崎の395万、次いで鹿児島の406万、長崎414万と九州地方は平均よりも低い傾向にあるようです。

このように、京都の541万と宮崎の395万を比べても146万の差がでました。これを月給として見て見るとと約12万もの差があることがわかります。地域によって基本給や手当の額が違ってくるだけで同じ看護師なのにこの差は大きいですね。

また、看護師として年収が高い場所は、「夜勤がなく日勤だけで、休日が多い」という好条件で言うならば「美容外科クリニック」でしょう。美容外科クリニックはノルマを達成し、業績を上げることができれば年収1000万を稼ぐことができます。その代わり接客スキルが高く、営業が得意でないといけません。

スキルUPで給料が上がる可能性も

看護系専門資格である認定看護師などの資格を取得すると給料UPに繋がっていきます。認定看護師とは救急看護や皮膚・排泄ケアなどの21分野の「特定分野」において熟練した看護技術と知識を持つ看護師です。認定看護師になるには看護師・保健師・助産師のいずれかの免許を持っていなくてはいけません。そして実務経験が5年以上、そのうちの3年以上は取得したい認定分野での経験も必要になってきます。

その後、615時間以上の授業を受講し、試験に合格すれば認定看護師になることができます。時間はかかりますがこうした専門資格を取得していれば管理職に昇進することができます。昇進ということは、つまり給料UPにつながっていきます。そしてこれから少子高齢化が進んでいくなかで専門知識を持っている看護師の需要は高まってくると言われているので取得していて損はないでしょう。

結局どうなの看護師の年収!

実際に看護師として働いている人は、どのようなことを思っているのでしょうか?本音を聞いてみましょう。

現場の声

20代 看護師歴2年
先輩に怒られてばかりで心が折れそうになることもあるけれど、患者さんから「ありがとう」の一言をもらうと、もっと頑張らなきゃなと思います。

30代 看護師歴10年以上
若いころは夜勤でも平気だったのが、最近は身体がきつくて体力がついていかないですね。だけど今の職場は待遇もよく産休から復帰してまた職場に戻ることができたことは感謝しています。

40代 看護師歴20年以上
看護師としての経験が積み重なっていくほど、責任重大な仕事を任されたりするようになりました。頼りにしてくれるのは嬉しいですが、もう少し給料を上げてもらえると嬉しいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「看護師=給料が高い」というイメージを持っていた人でも、女性の中での平均年収はかなり高いことがわかりましたが全体で見ると、平均よりも少し高めだということがわかりました。そして看護師といっても病院だけでなく他にもたくさん働く場所があることもわかりましたし、これから長く看護師として携わっていこうと考えている人は「認定看護師」の資格を取得してみてはどうでしょうか。
30 件

関連するまとめ

看護師と介護士は何が違うの?看護師と介護士の役割と違い

看護師と介護士は何が違うの?看護師と介護士の役割と違い

| 5,497views
看護師は本当に安定している?看護師の安定性と不安定性

看護師は本当に安定している?看護師の安定性と不安定性

| 6,757views
動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

| 3,417views
やっぱり気になる、看護師のお給料事情。高いけど、低い?それってどういうこと?

やっぱり気になる、看護師のお給料事情。高いけど、低い?それってどういうこと?

| 2,647views
看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

| 3,045views

このまとめのキーワード