infy [インフィ]

デリケートゾーンの匂いにお悩みの方にお勧めしたい商品

デリケートゾーンの匂いにお悩みの方にお勧めしたい商品

デリケートゾーンの匂いが気になるという女性は多いのではないでしょうか。しかも、友達と一緒にいる時以上に気になるのは、彼氏や旦那さんとラブラブの時です。ここでは、そんな方々にデリケートゾーンの匂い対策をご紹介いたします。

| 110views
お気に入り追加 0

そもそもデリケートゾーンの匂いの原因とは?

体臭というのは誰にでもよくあるものです。
会社の更衣室などで、朝出勤時に着替えをしていると汗もかいていないのに、朝っぱらから体臭が漂ってくる人がいます。
おまけに、体臭とはいっても人によって様々なものがあります。
石鹸や洗剤のような匂いがする人もいれば、ワキガの強い人、中には生ごみが腐ったような酷い匂いの人もいます。
また、女性であれば体臭もそうなのですが、生理などの生臭い匂いや生理前のオリモノの量が増える時期にも匂いが酷くなるものです。
体臭はともかくとしてデリケートゾーンの匂いに関しては、電車やバスなどに座った際などには立っている時よりも腰の部分が鼻の近くにくるということもあって、たまに匂いが強く感じる日などもあります。
ところで、こうしたデリケートゾーンの匂いの原因とは何でしょうか?
結論から申しますと、それはつまり雑菌です。
この雑菌というのは、あまりにも小さな生き物なのでもちろん肉眼では見えません。
一日汗をかいてお風呂に入る際に、匂いがキツイからといってデリケートゾーンの部分を覗いてみても、当然雑菌が見えるハズはありません。
ちなみに雑菌というのはミクロレベルの生物ですので、糞をしたり老廃物などを排出します。
おまけに、デリケートゾーンの部分の汗や尿・生理の血など、それらの種類によっても繁殖する雑菌の種類が違ってきます。
汗や尿などは女性に限らず男性も同様ですが、こと女性に関しては生理の血やオリモノなどが分泌されるので、男性以上に雑菌が繁殖しやすくなります。
その上、雑菌はオリモノなどに含まれているタンパク質が大好物なのです。

デリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品

デリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品

石鹸で膣内をゴシゴシと洗うのはNG

それから女性の場合には、デリケートゾーンにまつわるいろいろな病気もあります。
どのような病気があるのかと申しますと、トリコモナス膣炎や淋病などの性病を始めとして、子宮がん・子宮内膜膣炎・細菌性膣炎などが挙げられます。
とくにそれらの病気が関係している場合には、匂いだけでなくオリモノも黄色や緑色に変化することがあります。
そのため匂いだけでなくオリモノの色もチェックする必要があります。
その他にも、オリモノが液体の状態からドロドロとした固体のような状態になった時にはカンジタ膣炎の疑いもあります。
こうした病気は、デリケートゾーンの匂いが酷くなるばかりでなくオリモノ自体も色や状態が変化するので、お風呂に入った際にも通常よりも余計にゴシゴシと石鹸で洗い流そうとしてしまいがちです。
ところが、お風呂で余計にゴシゴシと石鹸で洗おうとすると、膣内に生息する原因菌だけでなく善玉菌まで洗い流してしまう結果になるのです。
ちなみに膣内に生息している善玉菌ですが、例えばデーデルラインと呼ばれる細菌は、乳酸を作り出して膣内を強い酸性に保つ働きをしています。
それによって、外からの病原菌やウイルスの侵入を防いでくれているのです。
要するに、例え外からそれらの細菌が侵入してきたとしても、強い酸性の力で殺してしまうことができるのです。
そのため膣内を石鹸でゴシゴシと洗わなくても、それらの善玉菌の自浄作用によって清潔な状態に保っていられるのです。
その代りすでに申し上げたように、膣内を石鹸でいつも以上にゴシゴシと洗ってしまうと自浄作用を持った善玉菌まで洗い流されてしまうので、様々な細菌が侵入してしまう恐れがあるのです。
とりわけ、デーデルラインと呼べれる善玉菌は、とてもデリケートな善玉菌なので石鹸で膣内をゴシゴシと強く洗うのはNGです。
しかもデーデルラインなどの善玉菌による自浄作用が薄れてしまうと、カビや淋菌・大腸菌などが膣内に侵入してしまい、黄色や白色の悪臭のするオリモノが分泌されたり病原菌が膣内に充満した状態になります。
そんな状態になると悪臭やオリモノの色が変化するというだけでなく、痒みや痛みなども発生するようになります。

お勧めしたいデリケートゾーンの匂い対策

それでは善玉菌の自浄作用を保ちながら、さらにデリケートゾーンの汗や尿・生理の血・オリモノなどの匂い対策をするにはどうしたらよいのでしょうか?
それには、デリケートゾーン専用の石鹸がお勧めです。
このデリケートゾーン専用の石鹸は、ドラッグストアよりも通販サイトなどでは購入しやすくなっており、ネットで調べると随分と沢山の商品が販売されていることが分かります。
例えば、フロプリーやイビサソープ・ピーチジョン・ジャムウハーバルソープ・シェリーケア・愛肌ソープなど、実に様々な商品が挙げられます。
こうしたデリケートゾーン専用の石鹸の特徴を一つひとつご紹介することはできませんが、例えばフロプリーという石鹸のご紹介をしてみます。
フロプリーは、内側から分泌されるアンモニア臭や下ワキガ臭などを抑えると同時に、体外で発生する雑菌臭を抑えるといっ多効果が期待できます。
もちろんこれらの匂い対策が可能であれば、すでに申し上げたようなデリケートゾーンの匂いは完全にシャットアウトできるに違いありません。
通常の石鹸では解決できないデリケートゾーンの匂いが、この商品を使えば解決できるというのです。
しかもフロプリーに限らす、イビサソープやピーチビジョン・ジャムウハーバルソープなども同様の効果が期待できます。
ぜひとも、デリケートゾーンの匂いでお悩みの方は、これらの商品を試してみてはいかがでしょうか。
13 件