infy [インフィ]

「今日もシャワーでいいや」はもう終わり!短時間でも効率よくお湯に浸かれる方法

「今日もシャワーでいいや」はもう終わり!短時間でも効率よくお湯に浸かれる方法

疲れを取るためには湯舟に浸かることが大切。短時間で効率よく入浴する方法をご紹介します。

| 3,810views
お気に入り追加 0
毎日、シャワーで済ませていませんか?
シャワーは手軽ですが、
疲労回復の手助けにはなりません。

疲れを残さないためにも
湯舟に浸かることが大切!

そこで、短時間で効率の良い
入浴方法方をご紹介します。

湯舟に浸かる効果とは?

お風呂が健康にもたらす効果は、
温熱作用、水圧作用、浮力作用の3つ。

温熱作用は、お湯に浸かって体が温まることで
末端の血管が拡張し血行が良くなります。
血行が促進することで、
老廃物を排出しやすくなる他、
筋肉のコリをほぐしたり、
副交感神経を優位にしたりします。

水圧作用は、
水圧によって脚に滞っている静脈血やリンパを
心臓に戻してむくみを解消したり、
腹部を圧迫することで横隔膜を押し上げ、
心肺機能を活発にする効果もあります。

浮力作用は、浮力で体が軽くなり、
筋肉がリラックスする効果です。

入浴剤を効果的に使おう!

疲労回復のための理想的な入浴方法は、
寝る1時間くらい前までに、
38~40℃くらいのぬるめのお湯に
20分くらい浸かること。

それが無理でも、
最低10分は浸かっていたいものです。

時短で少しでも効率的な入浴をしたいなら、
入浴剤を使用すると良いでしょう。
温浴効果やリラックス効果を
高める効果が期待できます。

また、湯舟に浸かりながらマッサージするのも効果的。
足指を手の指で広げて足首を回したり、
足首から膝に向かって
ふくらはぎをなであげたりすると、
むくみ解消や脚の疲労回復にも
効果が期待できるでしょう。

洗髪や入浴後のケアを時短で済ませる!

湯舟に浸かる時間を確保するために、
それ以外の部分を
時短で済ませてしまいましょう。

例えば、お風呂の時短のツワモノは、
シャンプーと体を洗うのと
洗顔をまとめてやってしまい、
シャワーで一気に流してしまう人もいるようです。

泡立てる必要のないフォームを使ったり、
泡立てが簡単にできるグッズを
使うのもおすすめです。

また、湯舟に浸かりながら
歯磨きをするのも時短になりますね。
お風呂上がりの髪は
タオルドライをしっかりして、
タオルの上からドライヤーをあてると
短時間で乾かせます。
お風呂に浸かると
質の良い睡眠にもつながりますし、
疲労回復の効果がとても大きいのがメリット。

できれば毎日お風呂に浸かりたいものですが、
それが無理でも2日に1度は入るようにしたいですね。
11 件

関連するまとめ

エナジードリンクの危険な飲み方していませんか?

エナジードリンクの危険な飲み方していませんか?

| 2,115views
【さよならコンビニ飯!】今日からできる簡単冷凍作り置きレシピ集

【さよならコンビニ飯!】今日からできる簡単冷凍作り置きレシピ集

| 1,943views
残業や夜勤でコンビニ弁当ばかり…時短料理テクニック使ってみませんか?

残業や夜勤でコンビニ弁当ばかり…時短料理テクニック使ってみませんか?

| 2,326views
講師は元全日本チャンピオン!看護師に向けた社交ダンスレッスン開催♪

講師は元全日本チャンピオン!看護師に向けた社交ダンスレッスン開催♪

| 1,008views
【意外と寒い!?】効きすぎる夏の冷房対策

【意外と寒い!?】効きすぎる夏の冷房対策

| 782views

このまとめのキーワード