infy [インフィ]

まずは笑顔をつくること!できる看護師の接遇マナー【3つ】

まずは笑顔をつくること!できる看護師の接遇マナー【3つ】

看護師が患者と接するときに必要な 接遇マナーについてご紹介します。

| 4,036views
お気に入り追加 0
看護師は患者と接するときに、
上手にコミュニケーションを取ることが
求められています。

そのときに必要な接遇マナーには、
どのようなものがあるのでしょう。

基本的な3つの接遇マナーをご紹介します。

「笑顔」はコミュニケーションの基本

忙しくてつい笑顔を忘れがちな
看護師もいるかもしれません。

しかし、きつい表情をしていると、
患者も緊張して不安になってしまいます。

患者と接するときは、笑顔を忘れないようにしましょう。

笑顔の看護師なら患者も話しやすい雰囲気になります。
笑顔によって患者とコミュニケーションが
取りやすくなりますので、治療にも役立つでしょう。

看護師の仕事は忙しく、ストレスも多いので
笑顔を忘れてしまうこともあるでしょうが、
円滑なコミュニケーションを取るためにも
患者と接するときには常に笑顔を意識しておきましょう。

患者に安心感を与える「言葉遣い」

患者と接するときは、
親しみをこめた話し方になることもあります。

しかし、言葉遣いが間違っていたり、
敬語がうまく使えていなかったりすると
患者に不快感を与えてしまうことがあります。

特に若者言葉を使ってしまうと、
軽い印象を与えてしまいますので
患者は不安になってしまうでしょう。

もちろん親しみやすさは大切ですが、
敬語がうまく使えないことで
患者を不愉快にしてしまわないように、
正しい言葉遣いや敬語を身につけましょう。

感じがよい「挨拶」を忘れずに

感じがよい挨拶は、コミュニケーションを円滑にします。
気持ちがよい挨拶ができるだけで、
相手に好印象を与えることができるでしょう。

自分から挨拶をすることで
相手を気分よくすることができ、
患者は親しみを感じてくれるでしょう。

質問したいことがあるときに、
気軽に聞くことができる雰囲気が作られて、
患者と信頼関係を築くことができます。

挨拶を欠かさないようにすることで
病院内の雰囲気もよくなり、
病院の評判も高まることでしょう。
病院は患者の治療が第一ですが、
患者が気持ちよく治療を受けるためにも
看護師の接遇マナーは重要といわれています。

患者から信頼される看護師になるためにも
接遇マナーを意識しましょう。
11 件

関連するまとめ

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

| 1,827views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 8,066views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 16,716views
「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

| 14,719views
新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

| 21,361views

このまとめのキーワード