infy [インフィ]

個人病院VS大学病院!ナースの働きやすさ比較してみました。

個人病院VS大学病院!ナースの働きやすさ比較してみました。

看護師として働く職場には、いくつかの選択肢があります。それぞれの職場に、違いはあるのでしょうか?

| 385views
お気に入り追加 0
同じ働くなら、働きやすい職場を希望したい。
そんな風に考える人も多いのでは?
大学病院、個人病院、診療所など、
比較してみると、色々と違いもあるようです。

転職を考えているほうの参考になれば、と思います。

そもそも大学病院と個人病院の違いはなに?

近所の個人病院に行って目にする光景。
アットホームで、待合室にいる人は知り合いも多い。
会話も人間関係もアットホームです。
看てくれる医師も看護師も、知っている人たち。
入院設備はなく、当然、看護師も日勤のみです。
本当に小さな診療所だと、医師の自宅が
敷地内にあったりします。


大学病院は、患者を治療する場でありながら、
そこで学ぶ学生や研修医に教育をする場でもあるので
「診療」「教育」「研究」の役割を担っています。
そのため高度で専門的な医療を体験できるのが、
大学病院の特徴です。

といっても仕事の内容に焦点をあてると、
そんなに差異はないと言えます。
医師の指示に従って、診療の介助、患者の援助を行います。

比較して、それぞれのメリット・デメリットを知ろう

個人病院は、アットホームな雰囲気が一番の魅力。
条件やシフトなどの融通も聞いてもらいやすい面も。
立地も、比較的利便性の高い場所にあり、
通勤しやすく働きやすいと言えます。

その反面、勤務している従業員の数が少ないため
仕事の量は多くなる傾向にあるようです。
時には「こんな雑用も・・・?」と、感じることも
あるかもしれません。

大学病院で働く一番のメリットは、
常にスキルアップができること。
高いレベルの医療に直接関われるのは、
なによりの経験です。

医師、看護師、その他の医療従事者の数も多く、
やるべきこと・やらなくていいことの役割分担が
ハッキリしています。
研修制度が整っている病院もあり、スキルアップも
できるので、職場としては魅力的です。

重篤な患者が多く、夜勤シフトがタイトな大学病院。
一番のデメリットは、つねに多忙であること。
そして、死に直面する場面も多くあり、精神的負担が大きい点です。

あなたに向いているのは、どちら?

大学病院と個人病院。雰囲気も違います。
すべて、ではありませんが、人数が増えれば
派閥が存在したり、嫌がらせがあったり。
女性の多い職場特有の「雰囲気」もあります。

個人病院は人数が少ない分、和気藹々とした雰囲気。
その反面、プライベートと仕事の区別が難しくなるケースも。

地域に密着し、患者さんに向かい合いたいなら個人病院。
専門性が高く、スキルアップしたい意志があるなら大学病院。

どちらでも、やりがいのある職場であることに、
違いはありません。
働きやすさは、なにを重視するかでも変化します。
大学病院と個人病院。
メリット・デメリットが、それぞれにあります。

どんなことをしたいか、譲れない条件はなにか。
重要視する点は、みんな違います。

あなたが働きたい職場はどんな場所ですか?
11 件

関連するまとめ

私に合うのはどっち?大学病院と民間病院それぞれのメリット

私に合うのはどっち?大学病院と民間病院それぞれのメリット

| 516views
大学病院に転職したい!必要な経験、スキルは・・・?

大学病院に転職したい!必要な経験、スキルは・・・?

| 987views
どんな人が働いている?大学病院で働く30代看護師とその立場!

どんな人が働いている?大学病院で働く30代看護師とその立場!

| 7,097views
大学病院で働く看護師の特徴は?仕事内容や待遇を紹介

大学病院で働く看護師の特徴は?仕事内容や待遇を紹介

| 885views
快適な肌着はどれだ!?格安ブランド インナーウェア特集

快適な肌着はどれだ!?格安ブランド インナーウェア特集

| 424views

このまとめのキーワード