infy [インフィ]

転職の面接では自己紹介がその後の流れを決める?良い印象を与えるコツとは

転職の面接では自己紹介がその後の流れを決める?良い印象を与えるコツとは

転職の面接での自己紹介と、初出勤日の自己紹介では話の内容が同じでもそれぞれの場面に合った言い回しなどがあります。転職の面接での自己紹介は採用に影響をするため、マイナス評価にならないように話すことが大切です。初出勤日の自己紹介は、親しみを感じやすくするための内容で話をすることが大切です。

| 3,131views
お気に入り追加 0

転職の面接で自己紹介を求められるワケ

新しい環境に入るときに自己紹介を求められたことはありませんか?

自己紹介は新しい集団に入る時だけではなく、転職の面接時にも自己紹介を求められることがあります。

「履歴書があるのに自己紹介?」と思いますよね。履歴書や職務経歴書があるのに、わざわざ自己紹介を
面接時に求めると言うことは、それなりのワケがあります。

応募者の職務経験を知りたい

職務経験は職務経歴書を見れば、どのような職場でどのような仕事をしていたかは分かります。

転職の面接時に自己紹介を求めてくるワケは、応募者の職務経験を本人から直接知りたいからです。

職務経歴書に書いてある仕事内容が、必ず十分に記載されているとは限りません。
そのため、話してもらいながら書いてある内容と話している内容に相違が無いか、などもチェックも
しています。

他の社員とうまくやっていけるかどうか見極めたい

自己紹介をしてもらうと言葉遣いや雰囲気はもちろん、その人の今までの経験も分かります。
もし、分からない場合は質問として返ってきます。

比較的、自己紹介は自由に話すことができるため、他の社員と上手くやっていけるかどうか見極めることが出来ます。

自己紹介の内容だけでなく、発表の仕方も見ている

自己紹介は内容も大切ですが、内容だけでなく発表の仕方も見ています。
これは、実際に働いてもらった時のプレゼン能力はどうかを見極める材料になっています。

自分の話したいことを話すだけではなく、相手に伝わるように話すことができているかなどを知ることが
できます。

自己紹介について知っておきたい基本的なこと

転職の面接時に行う自己紹介は、その人の印象を決定づけるため採用に影響します。

では、新しい集団に入っていく時の自己紹介と、転職の面接時の自己紹介は何か違うのでしょうか?

自己紹介は初めにすることが多い

新しい集団に入っていく時と同じように、転職の面接時に行う自己紹介も初めにすることが多いです。

面接官は初対面だからということもありますが、自己紹介はその人の印象を大きく決定づけるため採用に
影響します。

自己紹介で好印象を与えることが大切であるため、たかが自己紹介ではなく、一番大切な自己紹介と
思いながら行うことがポイントです。
内容が良くても聞き取りづらいとマイナスになってしまいます。

自己紹介をする時は、焦らずにゆっくりと大きな声で話すと、落ち着いて話すことが出来ます。
62 件

関連するまとめ

看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

| 6,309views
面接で趣味を聞かれた!どんなことに気を付けたらいい?

面接で趣味を聞かれた!どんなことに気を付けたらいい?

| 4,760views
看護師を募集している求人・看護師求人サイトの注意点

看護師を募集している求人・看護師求人サイトの注意点

| 6,149views
看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

看護師がしんどい・・・看護師を続けることができないと思った瞬間

| 14,010views
転職初日はどうふるまえばいい?ベテラン看護師が新人看護師の悩みに答えます!

転職初日はどうふるまえばいい?ベテラン看護師が新人看護師の悩みに答えます!

| 4,083views

このまとめのキーワード