infy [インフィ]

看護師に人気‼【スキューバダイビング】を始めよう‼

看護師に人気‼【スキューバダイビング】を始めよう‼

一歩踏み入れれば、そこには海の神秘が・・・。ダイビングは始めると情熱的にならざるおえないほどの世界です。

| 3,289views
お気に入り追加 0
スキューバダイビングは、看護師の人気スポーツです‼
あなたの周りにもいるのでは??

そんな人気スポーツの魅力をお伝えします♪

ライセンスについて

まずはCカードが必要になります。
CカードはCertification-cardの意味で「技能認定証」のことです。

ダイバーの知識・技術と経験値によってCカードにはランクが定められており、ランクによって潜れる深さや場所が制限されます。

PADIでは、最初に取得可能なCカードを
「スクーバダイバー」(水深12mまで)、
「オープンウォーターダイバー」(水深18mまで)

一つ上のレベルアップコースを
「アドヴァンスド・オープンウォーターダイバー」
(水深30mまで)

専門的な知識や技術を身につけるコースを
「スペシャルティ・コース」
この他にもさらに上級のCカードもあり、追加のトレーニングを受けることでダイバーとしての経験が増し、自身の知識や技術と同時にCカードレベルもランクアップしていきます。
しかし、いきなりライセンス取得に向けて、ダイビングショップの会員になる前に、まずは体験ダイビングをお勧めします。

体験ダイビングとは、初めてダイビングをする人を主に対象にしたもので、ダイビングのライセンスカード(⇒ ダイビングライセンスについて)を取得していなくても手軽に水中の世界を楽しむことができるダイビングです。
経験豊富なダイバーであるインストラクターと一緒に潜ります。
理由は、私自身が身をもって体験したことなのですが、
いざ潜ると・・・

耳が・・・痛い。

そう、耳抜きが出来る出来ないの以前に、たった数メートル潜った時点で、あまりの痛さに、2回目の講習で断念してしまいました。(海が好きだったので悔しいです)

耳痛により、ライセンス取得はあっけなく諦めることになりましたが、
それ以外にも、意外と海の中に恐怖を感じたりするケースもあるので、
海の中を楽しめるか楽しめないかは、体験しておくべきですね‼
体験ダイビングで海が大好きになってしまったら、ライセンス取得も視野に入りますね‼

ダイビングの魅力

「ダイビングを始めて、人生観が変わった」
「潜っていると、小さな悩みなんか、どうでもよくなる」
よく聞く言葉です。
私はライセンス取得できずに終わってしまった身ですが、そんな「海の大いなる力」を感じてみたかったですね~。
他にも、「ダイビングの魅力」は、たくさんあります‼

海の中には、陸上では味わえない大自然が広がっています。
海中は人間の作ったものの無い世界です。
都会の雑音は、海の中にはありません。

圧倒的な存在感の沈没船、暗い海底洞窟に差し込む大自然の青い光、一緒に遊んでくれる好奇心旺盛な野生のイルカ、多彩な色で水中に森を造るサンゴ礁、人間よりも遥かに大きなマンタやジンベエザメ・・・
潜れば潜るほど、色々な方向に興味が広がります。
海中地形も魅力的です。陸上でもすばらしい地形はあるけれど 、
水中では自然が作り出した地形のすばらしさに加え、光のコントラストが加わります。
思っている以上に、海の中は期待を裏切らず、どんどん新しい方向に導いてくれるようですね!

お勧めスポット

「ナース専科」より、看護師が勧めるお勧めダイビングスポットです♪
・慶良間諸島がおすすめ。夏休みを外していくので、他に来ている人も同業者や一人旅の方が多いです。

・東伊豆。都心から近くて、きれいです。伊豆大島。大きくカラフルな魚がたくさんいて、テンション上がりました。

・ハワイはイルカやウミガメに会えるのでオススメ。

こちらは東伊豆です。
・北海道の積丹でしか潜ったことがありませんが、夜間ダイビングでは寝ている魚を見たり、うみホタルが綺麗でした。冬のダイビングではドトを見た時は感動しました。 お友達は流氷でのダイビングでクリオネを見たり、海外ではモルディブなどに行ってました。

・西伊豆は雑誌企画の体験ダイビングで、宮崎県日南市は家族旅行、シークィーンダイブセンターのスタッフがとても良かった。

・学生の頃の他学部のともだちがダイビングにハマって、働きだし、インストラクターまでとったので、その友達に習い、その友達につれててってもらってます。

やはりお金はかかるけれど

やっぱり、高額ですね。
けれども、「それくらいかけてもいい世界」とも言えます。
具体的に、かなり費用に差があるので、「このくらい」とも言いずらいので言いませんが、いろいろな面でお金がかかります。

たくさんの道具が必要
ダイビングライセンス取得に必要な費用は、ダイビングショップによって異なります。

ライセンスの取得に必要な主な費用は
  ・講習費
  ・教材の費用
  ・ダイビング器材レンタル費用
  ・ダイビング施設使用料
  ・保険料
  ・Cカード申請料(スキューバダイビングの指導団体に支払う)
です。
ダイビングを始めるにあたって大切なのは、「講習を通じてしっかりとした知識とスキルを身につけること」です。

ですから価格だけでダイビングショップを選ぶのではなく、「しっかりとした講習をしてくれるかどうか」を検討するようにしましょう。
趣味なのでお金はかかりますが、ダイビングは、お金以上の貴重な経験ができるはずです。
一生モノの趣味として、ライセンスを持っていたらかっこいいですね。
27 件

関連するまとめ

面接で趣味を聞かれた!どんなことに気を付けたらいい?

面接で趣味を聞かれた!どんなことに気を付けたらいい?

| 5,184views
「モテる趣味はあるのか? モテる趣味とモテない趣味の違い」

「モテる趣味はあるのか? モテる趣味とモテない趣味の違い」

| 2,612views
「看護師をテーマにした漫画ってあるの?」

「看護師をテーマにした漫画ってあるの?」

| 10,226views
趣味で真のリア充になりましょう!看護師のなかでひそかに流行中の路麺とは?

趣味で真のリア充になりましょう!看護師のなかでひそかに流行中の路麺とは?

| 980views
夜勤ドクターを描いたドラマ『ナイトシフト』どハマり注意!!

夜勤ドクターを描いたドラマ『ナイトシフト』どハマり注意!!

| 9,059views

このまとめのキーワード