infy [インフィ]

認知症認定看護師は認知症患者と家族をサポートするスペシャリスト

認知症認定看護師は認知症患者と家族をサポートするスペシャリスト

認知症ケアのスペシャリストである認知症認定看護師について説明しています。

| 4,022views
お気に入り追加 0
特定の分野で高い水準の看護を実践できる
認定看護師の資格の認定が2006年から開始されました。
2017年現在21分野ある中の認知症認定看護師について、
役割や取得の仕方などについて紹介します。

認知症認定看護師は認知症看護のスペシャリスト

認知症認定看護師は
認知症看護に関しての高い技術や知識を持ち、
その専門性を発揮して
認知症患者の看護にあたるスペシャリスト。

しかし、医療や介護の現場では
まだまだ専門的なスキルを身につけた
看護師が不足気味であり、活躍の場は多いでしょう。
病院やクリニックなどのほか、
特別養護老人ホームや訪問看護ステーションなど
各医療機関で認知症認定看護師の存在は
なくてはならないになっています。

認知症認定看護師の医療現場での役割とは?

認知症認定看護師は医療の現場で
患者に規則正しい生活ができるように働きかけ、
安全で安心した療養環境を確保できる
対策を立てるのが仕事のひとつです。

また、認知症は発症初期から終末期まで、
それぞれの段階で必要されるケア体制も少しずつ異なります。
できるだけ自宅で過ごすのに近い安心した環境を整えたり、
季節感のある生活ができるように工夫したりするなど、
各期に応じた療養環境を調節することも大切です。

さらに、認知症では中核症状以外にも、
多岐にわたる行動・心理症状(BPSD)も出現してきます。
その緩和や予防に努めるのも認知症認定看護師の大切な役目。
患者それぞれの症状に応じた配慮も必要な仕事です。

また、認知症患者に対して適切な対応ができなければ、
患者のためにならないのはもちろん、
看護師を含めた医療スタッフの負担やストレスも増します。
そのため、看護全体の質や成果を向上させるのも役目です。

認知症認定看護師は認知症看護のスペシャリストとして、
他の看護スタッフに対して指導をする役目も負う立場です。
そして、患者はもちろん家族、看護スタッフも含めて
コンサルテーションを行いながら協力体制を築いていきます。

認知症認定看護師になるのに必要とされる能力は?

認知症認定看護師には、
まず、患者の意思を尊重しながらかかわり、
権利を擁護できる姿勢が必要です。

各期に応じたケアの実践や体制を整えるためには、
症状の発症順序や状態を把握していなければなりません。
そして、認知症の各段階で全体を見渡して、
適切なアセスメントを行い、
健康管理や環境の調節ができる
スキルを持っていることが大切。
また、他疾患合併による影響を受けることもあり、
さまざまな症状を考慮して対処し、
ケアニーズの変化に対応できる柔軟さも必要です。

認知症が引き起こす行動心理症状の
要因や誘因となることを把握して、
症状を悪化させないように
働きかけられる素養も備えている必要があります。

患者を支える家族に対しても気を配り、
サポートできなければなりません。

また、認知症患者のケアには医療分野だけではなく、
福祉や保健関係との連携も必須です。
そのため、制度を理解し、
他職種と積極的に共働する姿勢も大切。
患者がよりよいケアサービスを受けるために、
地域の社会資源を適切に活用したり
開発に寄与したりできる
リーダー的役割を担える能力が必要なのです。

もちろん、認定看護師は専門分野において
他の看護師のお手本であり、
役割モデルを示さなければなりません。
看護師に対しての具体的な指導をし、
看護師や認知症患者をケアする家族の
相談にも乗ることができる能力が必要な立場です。

認知症認定看護師になるためにはどうすればいいの?

認定看護師になるには看護師免許の取得後、
通算5年以上の臨床経験を有している必要があります。
認知症認定看護師の場合は
5年のうち3年以上は
専門分野の認知症看護に関する臨床でなければなりません。

その後、認定看護師の教育機関に入学し、
約6か月間、615時間以上の専門分野を学んで終了すると、
認定看護師認定審査の受験資格が与えられます。
そして、筆記試験に合格すると
認知症認定看護師になることができます。

なお、認定看護師は専門的なレベルを保持するため、
5年ごとに更新審査を受けなければなりません。
そのため、認知症認定看護師になったあとも、
技術向上や専門的知識の習得など
自己研鑽に取り組む姿勢が必要です。

認知症ケアのスペシャリストとして、
認知症認定看護師は今後も必要とされるでしょう。
患者を支える家族にとっても頼れる存在です。
患者と家族の助けになりながら
キャリアを築く道を目指すのもいいかもしれませんね。
14 件

このまとめのキーワード