infy [インフィ]

流行に敏感なあなたへ、アートメイクのメリットとデメリットをご紹介!

流行に敏感なあなたへ、アートメイクのメリットとデメリットをご紹介!

流行に敏感な女性の中でも、メイク好きから特に注目が集まっているアートメイク。色素を注入して眉やアイラインを維持できる、最新の美容技術です。朝の時短に最適なアートメイクについて詳しく解説いたします。

| 629views
お気に入り追加 0

アートメイクとは?

忙しい朝の時間。
少しでも身支度にかける時間を節約して、1分でも寝ていたい…という人は多いようです。
特に女性はメイクやヘアセットがありますから、毎朝慌ただしくて大変ですね。

そんな女性に最近大人気なのが「アートメイク」です。
主に眉毛に行われることが多い「消えないメイク」で、誰でもベストな眉の形をキープすることができます。

アイラインやアイシャドウとして使われることもありますが、日本では眉が圧倒的に多いようです。
興味はあるけれど、実際にするとなると勇気が要りますよね。
アートメイクを施す際は、どんなことをするのでしょうか?

アートメイクとは、皮膚に専用ニードル(針)を使って色素を埋めこみ、自然に美しく染色するファッションタトゥーの技術です。
自分で行うメイクでは毎日微妙に差が出ますが、アートメイクなら綺麗な形をキープできる上に、汗や摩擦で消えてしまうこともありません。
新しいメイクの一種として大注目されている技術なのです。

刺青との違い

決定的な違いは、刺青が半永久的に消えないのに対し、アートメイクは数年で色が薄くなることでしょう。
皮膚に針で色素を注入するという技法は、刺青と同様です。
しかし、刺青は決して消えない深さまで色素を注入しますが、アートメイクは表皮からごく浅くにしか注入しません。
表皮から0.02~0.03ミリという浅い場所への注入なので、肌の新陳代謝に伴って色素も消えていくのです。

施術一年後からはメイクのカラーチェンジも可能で、自然に薄くなっていくので「二度と元に戻せないのでは?」という心配も不要です。

安全性

アートメイクに使われる色素は、主に食用色素です。
皮膚に使用するものですから、口にしても大丈夫な食用色素が使われています。
アートメイクを行う施術機関によって使われている色素は異なりますが、日本の厚生省のような機能を持つアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可された色素が多いようです。

発色をよくするために金属を使った色素を使うこともあるのですが、後述するようにMRIを受けられなくなるリスクが伴うため、出来れば金属不使用の色素かを確認して施術を受けるようにしましょう。

金額

アートメイクは浅い場所に少しずつ施術するので、一度に仕上がるものではありません。
体質に合わせて2~3回施術を受けて完成します。

施術機関や施術方式によって料金は異なりますが、おおよそ1回麻酔込みで3~6万円が相場です。
約1か月間隔をあけてから2~3回目を行うので、料金はその都度掛かります。
手彫りかマシン彫りかでも料金は変わります。

アートメイクが向いている人の特徴

アートメイクを行うその前に、アートメイクの向き・不向きを確認しましょう。
メイクに時間をかけたくない人には最適な技術です。

素顔のときも綺麗な眉でいたい

もともと眉毛が薄い人は、メイクを落とすとマロ眉になることも…。
そんな人には特にアートメイクがおすすめです。
眉は顔の印象を決める重大なパーツ。
アイメイクほど気合を入れない人もいるかもしれませんが、素顔の状態で眉が美しい人は、薄化粧しているような印象になります。

毎朝のメイクの時間を短縮したい

62 件

関連するまとめ

看護師は意外とすっぴんが多い?看護師の化粧事情

看護師は意外とすっぴんが多い?看護師の化粧事情

| 5,079views
最近人気のアイライナー。自分に合ったアイライナーを選ぶときのコツをご紹介

最近人気のアイライナー。自分に合ったアイライナーを選ぶときのコツをご紹介

| 2,218views
【アイメイクの順番】あなたのメイク間違ってるかも!?正しいアイメイクの順番とは?

【アイメイクの順番】あなたのメイク間違ってるかも!?正しいアイメイクの順番とは?

| 2,453views
一重さんにおすすめのアイメイク紹介します!オススメアイシャドウやアイライナーはコレだ!

一重さんにおすすめのアイメイク紹介します!オススメアイシャドウやアイライナーはコレだ!

| 1,506views
失敗しないアイシャドーの塗り方。一重さんも二重さんもマネできる!

失敗しないアイシャドーの塗り方。一重さんも二重さんもマネできる!

| 1,091views

このまとめのキーワード