infy [インフィ]

EPA看護師とは?~総まとめ~

EPA看護師とは?~総まとめ~

インドネシア人・フィリピン人・ベトナム人から日本に受け入れる看護師のことをいいます。

| 2,964views
お気に入り追加 0

EPA看護師とは?

日本と3国間で締結されたEPA(経済連携協定)で、インドネシア人・フィリピン人・ベトナム人から日本に受け入れる看護師のことをいいます。

インドネシア … 日尼経済連携協定(日尼EPA)平成20年度より受け入れ
フィリピン  … 日比経済連携協定(日比EPA)平成21年度より受け入れ
ベトナム   … 日越交換公文(日越EPA)平成26年度より受け入れ

上記協定により各国から受け入れを行っています。

日本国内の医療法人、社会福祉法人等を対象として、日本の唯一の受入れ調整機関の公益社団法人国際厚生事業団(JICWELS)が、候補者を円滑かつ適正な受入れ業務や支援を厚生労働省等と連携しながら行っており、試験に合格したEPA看護師は地方を含む日本全国で就労されています。

EPA看護師になるための条件

インドネシアの看護師の受入条件

インドネシアの看護師であり、2年間の実務経験を有する人
             ↓
雇用契約結ぶためJICWELS(公益社団法人国際厚生事業団)によるあっせんが行われます。
             ↓
訪日前6か月間と、訪日後6か月間日本語研修を行います。
その後日本語能力試験N5程度以上のみ入国が可能になります。

ただし、
日本語能力試験N2程度以上の日本語能力がある場合・・・訪日前後の日本語研修を免除できます。

訪日前に日本語研修開始前約2年の間に日本語能力試験N3又はN4を取得した人・・・訪日前の日本語研修を免除できます。
             ↓
看護導入研修、就労ガイダンスを行います。
             ↓
病院で雇用契約に基づき就労・研修を行います。
看護補助業務に従事、看護の専門知識および技術の修得、日本語の継続学習をします。
             ↓
3回まで看護師国家試験の受験が可能です。
             ↓
見事合格されると看護師として就労できます。
(在留期間の更新回数に制限はありません)

フィリピンの看護師の受入条件

フィリピンの看護師であり、3年間の実務経験を有する人
             ↓
雇用契約結ぶためJICWELS(公益社団法人国際厚生事業団)によるあっせんが行われます。
             ↓
訪日前6か月間と、訪日後6か月間日本語研修を行います。
その後日本語能力試験N5程度以上のみ入国が可能になります。

ただし、
日本語能力試験N2程度以上の日本語能力がある場合・・・訪日前後の日本語研修を免除できます。

訪日前に日本語研修開始前約2年の間に日本語能力試験N3又はN4を取得した人・・・訪日前の日本語研修を免除できます。
             ↓
看護導入研修、就労ガイダンスを行います。
             ↓
病院で雇用契約に基づき就労・研修を行います。
看護補助業務に従事、看護の専門知識および技術の修得、日本語の継続学習をします。
             ↓
3回まで看護師国家試験の受験が可能です。
             ↓
見事合格されると看護師として就労できます。
(在留期間の更新回数に制限はありません)

ベトナムの看護師の受入条件

3年制又は4年制の看護課程修了後、ベトナムの看護師であり、2年間の実務経験を有する人
             ↓
訪日前12か月間、日本語研修を行います。
日本語能力試験N3取得を目指します。

日本語能力試験N3取得以上の者のみ
雇用契約結ぶためJICWELS(公益社団法人国際厚生事業団)によるあっせんが行われます。
             ↓
訪日後2.5か月間日本語研修、介護導入研修、就労ガイダンスなどの研修を行います。

ただし、
日本語能力試験N2程度以上の日本語能力がある場合・・・訪日前後の日本語研修を免除できます。
             ↓
病院で雇用契約に基づき就労・研修を行います。
看護補助業務に従事、看護の専門知識および技術の修得、日本語の継続学習をします。
             ↓
3回まで看護師国家試験の受験が可能です。
             ↓
見事合格されると看護師として就労できます。
(在留期間の更新回数に制限はありません)

EPA看護師の合格率

2015年までにEPA全体で2118名が受験しています。
そのうちの合格者は154名です。

内訳は
インドネシアが1317人中、98人、合格率7.4%
フィリピンが781人中、55人、合格率7.0%
ベトナムが20人中、1人、合格率5%

となっており、大変狭き門になっています。

今後EPA看護師は増える?減る?

政府が3国からの受入を行う理由の1つが深刻な看護師不足です。患者に対して十分な看護ができていないと思われる施設は少なくありません。

看護師も1人に対する仕事量が多く、過労やストレスが溜まっている状況で働いているため、少しでも多くの看護師が必要とされています。

しかも、これから高齢社会はますます加速し、看護師需要が増えていくことが想定されます。

現在はインドネシア、フィリピン、ベトナムの3国に限られていますが、海外からの医療、介護人材の受け入れに今後も日本政府は力を入れていくことになるでしょう。

しかし、厚生労働省は、あくまでもこれら3国からの受入れは、看護、介護分野の労働力不足への対応として行うものではなく、相手国からの強い要望に基づき交渉した結果、経済活動の連携の強化の観点から実施するものとしています。

3国の看護師は、任期を終えて母国に帰っても、日本の医療の高い知識や技術力を生かして働くことができるためとても必要な存在になることができます。

日本と3国でお互いメリットがありますので、今後も積極的に外国人看護師の採用を続けていくと思われます。

EPA看護師の問題

言葉の壁

国家試験に合格したEPA看護師でも日本語を完全にマスターできている訳ではありません。

医療チームの中で働く場合もあり、情報の共有や、コミュニケーションが欠かせません。多数の専門用語があり、充分に理解できずに看護にあたってしまう看護師もいるようです。

また、患者の痛みを訴える表現もさまざまです。例えば、頭が「ズキズキする」や「ガンガンする」でも日本人なら受け取れる表現でも、外国人にとっては理解しにくいこともあります。

看護に対する認識の甘さ

看護や介護に対する認識が甘く、看護に対するサービスという概念が根付いていないケースも少なくありません。母国で当たり前の認識でしていたことが日本では問題視されてしまうこともあるようです。

出稼ぎが目的で来日する人も多く、試験に合格するだけでも多大な努力をしている外国人にとっては、文化まで勉強する余裕がないのは仕方のないことなのかもしれません。

患者や家族からの抵抗

患者の身近な立場にいるのが看護師です。その看護師が外国人になると充分なコミュニケーションがとれるのか、病気やけがをして不安な状況な中、自分の状況を理解してもらえるのか、確実な処置ができるのかと言った不安な声もあります。

帰国するEPA看護師

低い合格率の中、試験に受かった看護師でも人間関係、文化の違いに悩んだり、仕事が大変だったりといったさまざまな状況で帰国する人もいます。

EPA看護師になると、帰国しても日本で働いた実績があれば、母国で高い雇用条件で雇ってもらえるといったこともあるようです。

しかし、仕事量が多い中、外国人いうことで、特にコミュニケーション、技術などの教育にも力を注いだ受け入れ側の施設としては落胆してしまうことになるでしょう。

まとめ

各国の看護師の選定は容易なものではありません。言語、知識、技術と日本人と同等のレベルを習得しなければならないので、EPA看護師になるためには相当な努力が必要になります。

しかも国家試験に合格したEPA看護師でも確実に就労できる訳ではありません。日本語や看護の能力が低い実習生を育成する日本人スタッフの負担が重く、採用側の看護師の負担がますます増えてしまいます。そのため、受け入れ側の施設でも厳しくチェックをせざるを得ないのです。

しかし、これからの日本で現役世代人口が減っていく中、外国人に頼るしかない現状であることも否めません。
われわれ日本人が目を背けることのできない重要な課題となっているのです。
30 件

関連するまとめ

看護師の夜勤バイト。気になる業務内容や掛け持ちをする上でのルールもご紹介

看護師の夜勤バイト。気になる業務内容や掛け持ちをする上でのルールもご紹介

| 4,567views
人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

| 2,624views
「小児科看護師になるには?やりがいやメリットも併せて紹介!」

「小児科看護師になるには?やりがいやメリットも併せて紹介!」

| 3,453views
看護師に人気!仕事に活かせる資格にはどのようなものがある?

看護師に人気!仕事に活かせる資格にはどのようなものがある?

| 3,519views
「看護師長の役割って?年収ややりがいもご紹介します」

「看護師長の役割って?年収ややりがいもご紹介します」

| 5,619views

このまとめのキーワード