infy [インフィ]

【何もできなかったなんて言わないで】看護師が緩和ケアで大切にしたいこと

【何もできなかったなんて言わないで】看護師が緩和ケアで大切にしたいこと

死を待つ患者さんに対して、看護師の私たちは何ができるのでしょうか?

| 6,274views
お気に入り追加 0
人の死が日常的に目の前で繰り返される緩和ケア病棟。
その中で私たちが大事にしていきたいことは何でしょうか?

緩和ケアとは

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。
緩和ケアとはがんを宣告された患者に対して、
がんによる肉体的、精神的苦痛を和らげる治療のことです。
その定義として、「自然な流れの中での死を尊重する」
「QOL(生活の質)を向上させる」などがあります。

看護師は、主に緩和ケアの病棟で、業務にあたります。
一般病棟と比べると、一人の患者さんに向き合う時間が
とても長いのが特徴の一つです。

無力感

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

緩和ケアにあたる多くの看護師が”無力感”に苛まれます。
緩和ケア病棟では、患者さんと向き合う時間が多いです。
そのため看取りの時には、悲しみも大きく、
「何もしてやれなかった」と無力感に襲われることも...

「最後に過ごす時間が私なんかとでいいのか?」
「あの時もっとしてやれたことがあったのではないか?」
人の死を看取る仕事であるため、その責任がのしかかります。

死生観を持つ

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

死に対してネガティブな感情だけを持つのではなく、
ポジティブな一面を見出すことが緩和ケアでは必要です。

人はいずれ死にます。その誰にでも待ち受ける死を
穏やかに誰かと迎えられることは、喜びかもしれません。

緩和ケアを望む患者さんは、死ぬまでの時間を
「できるだけ穏やかに過ごして生きたい。」
「自分らしく生きたい。」と考えている人がほとんどです。
そのお手伝いをしていると考えると、
何もできなかったわけではないですよね。

もし、私たちが死を怖がって患者さんに接してしまうと、
患者さんや家族を不安にさせてしまいます。
その意味でも、死を肯定的に捉えることが重要なのです。

家族ケア

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

患者の家族ケアも緩和ケアにおいて重要になります。
患者さんは自分の死を受け入れていても、
家族はまだ受け入れることができていないかもしれません。

家族と一緒に、患者さんの死を受け入れる準備をしたり、
死後にも、丁寧に相談にのってケアをしていきましょう。

また患者さんにとって最良の最後を迎えるためには、
患者さんを誰よりもよく知る家族との連携が必須です。
家族とのコミュニケーションは緩和ケアで最も重要なことと言えるかもしれません。
「私は緩和ケアチームとして活動をしているので人生の残り少ない日々をこの病院で過ごす方をたくさん看てきました。人生の終わりを迎える状態でありながら、ご本人やご家族に充実した日々を過ごせていただくことが出来たと感じたときは本当にやっていて良かったと実感します。」
16 件