infy [インフィ]

看護師の経験を活かして応援ナースという働き方

看護師の経験を活かして応援ナースという働き方

看護師の仕事の雇用形態は正社員だけではなく派遣という働き方もあります。病院では患者7人に対して看護師1人など看護師配置数が決まっていますので、医療機関で看護師が不足すると病院の経営が出来ませんよね。そんなときに、エクスパートのナースが医療機関に応援に行く「応援ナース」という働き方について述べていきたいと思います。

| 3,547views
お気に入り追加 0

看護師の経験を活かして応援ナースという働き方

応援ナースとは

応援ナースとは北海道・沖縄・離島・都市圏などの医療機関に短期間、主に6ヶ月の期間のみ看護師が応援しに派遣させるシステムです。急に人手が足りなくなってしまった医療機関が常勤の看護師を雇うまでのつなぎとして短期間の応援ナースが必要となる場合があります。ナースパワーという看護師の転職サポート会社が始めたシステムだそうです。

他にも転職サポート会社ではなく都道府県のナースセンターが災害などで、看護師人材の確保が足らないため、復興応援ナースを募集する場合もあります。

どのくらいの経験が必要?

応援ナースを募集している病院や科は、様々ですので豊富な経験が必要になります。応援ナースは即戦力を期待されて派遣されるので、その科の知識や経験が必要になってくると思います。応募の条件には3年以上の看護師経験が望ましいようです。

どんなところで募集しているの?

看護師人材が急に足らなくては、病院の運営が回りません。全国各地で、看護師が足りない医療機関にて応援ナースは募集があるようです。人口が少ない地域や交通の便が余り良くない場所など、なかなか看護師が集まらないような場所の募集も多くあるようです。

平成28年に震災のあった熊本では阿蘇地域を中心に、看護師人材の確保が足らないために熊本ナースセンターが復興応援ナースを募集しています。この募集は1年~1年半程度の期間です。

応援ナースのメリット

一定期間のみ

一定期間のにの契約なので、正社員ではなく短期間で仕事を探している人もいるでしょう。例えば、海外留学を考えている、学校に通う予定がある、結婚をする予定であるが、まだ住む場所が決まってないので下手に就職先を決められないなどといった状況の人達には、とても好都合なお仕事だと思います。

また応援ナースは一定期間のみの契約なので、係りや委員会などといった役割がないのが普通です。正社員の場合は係りや委員会に参加しなければなりませんし、何かと病院や病棟の管理や運営のために仕事が回ってきます。

応援ナースで派遣される場合には、医療期間の寮を借りれたり引越しのサポートもあったりするようです。

一定期間のみの契約が終了した場合も、まだ医療機関側が応援ナースを必要としている場合は、延長契約が出来る場合もあるでしょう。

スタッフに感謝されるしプライベートも充実

短期間の応援で派遣されるので、スタッフから感謝されますし、新しい人との出逢いがあるのでやりがいがあると思います。また知らない土地に行くことで、その地域の観光できたり、新しい発見があるかもしれませんね。沖縄や離島などのでの応援ナースで来ている人は、お休みの日に観光やマリンスポーツなどを楽しむ人もいるようです。

給料が高め

応援ナースだとボーナスはありませんが、応援ナースの給料は常勤の給料に比べて高いです。月々40~50万の給料をオファーしているところもあります。看護師の年収がボーナスを合わせて400~500万くらいだと考えると、応援ナースの方が年収に計算すると高いですよね。

応援ナース経験者の声

筆者の私自身も以前、一定期間のみ働ける応援ナースを経験したことがあります。

2つの医療機関を紹介されて、看護部長と看護師長と面談と病棟内を見学しましたが、今までの経験していた科と共通点はあったものの、その病棟はすごく忙しい急性期であり、交通の便が良くない場所であったので、契約はせずに辞退しました。2つ目に紹介された病院では今まで経験したことのなかった科だったものの、病棟の雰囲気も良くスタッフが親切であり、自宅から近くだったので契約しました。

今まで働いていた科とは違った科に行き、勉強になる部分もたくさんありましたし、苦労した面もありました。苦労した点では、病院・病棟のルーチンや決められたルールがあったりして慣れるのに時間がかかりました。

常勤の看護師からも、病棟のルールをよく聞いてそのルールに従うことが大事です。わからないことはその都度、常勤のスタッフに聞いて徐々に慣れていくことです。この期間は新しいスタッフにも会えたし、充実した期間を過ごせましたと思います。

他にも応援ナースを派遣している会社の体験談を調べてみました。

想像していた以上に忙しかった

「今までの経験とは違った科で経験が活かせなかった」、「思った以上に忙しかった」、「応援ナースばかりの職場で仕事をたくさん任される」などの記載がありました。応援ナースで派遣される場所は人手が足らないところなので、常勤のように仕事をこなさなくてはならないのでしょうね。

充実した期間を過ごせる

「離島ライフを体験できる」、「お休みの日に観光を楽しめる」、「たくさん稼げる」「アットホームで親切なスタッフ」との声がありました。離島や沖縄では仕事が終ってプライベートでマリンスポーツが楽しめるので、マリンスポーツ好きには、嬉しいですよね。

新たな気持ちで看護を見直せる

「リフレッシュした気持ちで看護を見直せる」「今まで経験した科ではないところで働けて勉強になる」といった体験談がありました。短期間なので、新たな気持ちで区切り良く仕事に取り組めるのはいい刺激になるのではないでしょうか。

即戦力が求められる

「オリエンテーションが十分にないまま仕事を任される」「派遣扱いされる」というマイナスな面も見かけました。短期の即戦力なので、すぐに仕事をこなせることが求められていてプレッシャーはあるかもしれませんね。

応援ナースをするときの注意

39 件

関連するまとめ

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【オペ室の美人ナース編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【オペ室の美人ナース編】

| 24,284views
「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

| 2,789views
看護師ってどんな職業?徹底分析します!

看護師ってどんな職業?徹底分析します!

| 3,173views
どっちが正しい?「看護師」と「看護士」って何が違うの?

どっちが正しい?「看護師」と「看護士」って何が違うの?

| 2,549views
「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

「多様化する看護師の役割について徹底分析!」

| 5,138views

このまとめのキーワード