infy [インフィ]

目を合わせられない…より良いコミュニケーションを築くには!?

目を合わせられない…より良いコミュニケーションを築くには!?

「人と目を見て会話ができない・・・」と悩んでいませんか?人とのコミュニケーションを行う上で、視線はとても大切なものです。目を合わせることができないと悩んでる方!ぜひ改善してより良いコミュニティを築きましょう!

| 889views
お気に入り追加 0
「目は口ほどに物を言う」ということわざがあります。

意味は、人の目つきは言葉で説明するのと同等に相手へと思いを伝えることができる、相手の目を見れば言葉を聞かなくても相手の気持ちを推し量ることができる、という場合によく使われていますが、それほどに「目」というものは、他人とのコミュニケーションの場で重要なポイントです。

そんな重要なコミュニケーションの一つである「目」を他人と合わせることができないと悩んでいる方は実は少なくはありません、その心理にはたくさんの理由が隠されています。
この記事では「目を合わせられない」理由と、解消法、目を合わせることができない人のコミュニケーション術をお教えします。

会話中に目を合わせられない理由とは

会話中に相手の目を見て話すということは、他人へ自分の思いを伝える前提として必要なものですが、うまく目を合わせることができない場合があります。
その理由、心理をご紹介します。

緊張して目を合わせられない

まず、1つ目の心理は面接の場、発表の場、上司や目上の人間と話をする際など極度の緊張状態にあるとき人は不安を感じ、誰でも意識をしなければ目を伏せてしまいがちです。

また、緊張する場ではない時、対等な立場の相手で会ったとしても、人と話す事が好きではない、無意識にストレスと感じている場合もあり、その場合他人の目を見て話す事が難しくなります。

自分の発言に自信が持てない

2つ目の心理では、自分に自信がないと感じている時にも人の目を見て話す事が難しくなります。
話している内容に対して自分の知識、経験が伴わない

話している相手に対し、自分の方が能力、容姿、社会的地位などが劣っているという劣等感を感じてしまい目を合わせることができなくなります。

相手と親密になりたいと思っていない

3つ目の心理では、話している相手に対して好意的な感情を持っていない場合に目を合わせないこともあります。

目を合わせるということは、言葉以上の感情を相手に伝えるという行為でもありますが、自分がこれ以上相手と親密になりたいという思いがなく、壁を作りたいと思っている相手に対しては、言葉を超える感情を相手に伝えたくなく、目を伏せる、合わせないといった行動をとることがあります。

心の中を探られたくない

4つ目の心理では、相手に自分の心を探られたくないという思いがあります。
先ほどお話ししたように、相手と親密な関係を築きたくないという思いがある場合もありますが、それだけではなく相手に嘘をついている時、自分の話している内容に何か後ろめたい感情がある場合、その罪悪感、背徳感を悟られなくないという不安から、相手の目を直視することができなくなってしまいます。

4つ目の心理では、相手に自分の心を探られたくないという思いがあります。
先ほどお話したように、相手と親密な関係を築きたくないという思いがある場合もありますが、それだけではなく相手に嘘をついている時、自分の話している内容に何か後ろめたい感情がある場合、その罪悪感、背徳感を悟られなくないという不安化から、相手の目を直視することができなくなってしまいます。

目を合わせてくれない人が相手に与える印象とは

人と目を合わせられない、心理は分かりましたが、逆に目を見てくれない相手を前にした時、相手はどのような印象をもつのでしょうか?
51 件

関連するまとめ

看護師にコミュニケーション能力は必要?職場円満の秘訣

看護師にコミュニケーション能力は必要?職場円満の秘訣

| 5,367views
こんな同期は嫌だ!職場の調和をブチ壊す“厄介同期” の特徴

こんな同期は嫌だ!職場の調和をブチ壊す“厄介同期” の特徴

| 694views
若手スタッフが《この人は無理!》と思っちゃう先輩の特徴

若手スタッフが《この人は無理!》と思っちゃう先輩の特徴

| 3,285views
もうイライラしない、すぐに使えるアンガーマネジメント3つのテクニック

もうイライラしない、すぐに使えるアンガーマネジメント3つのテクニック

| 7,300views
コミュニケーションはテクニック!?あなたの会話を激変させる方法

コミュニケーションはテクニック!?あなたの会話を激変させる方法

| 1,451views

このまとめのキーワード