infy [インフィ]

「看護師の働きやすい職場。働きにくい職場は長続きしない!その条件とは?」

「看護師の働きやすい職場。働きにくい職場は長続きしない!その条件とは?」

皆さん仕事をする上で「働きやすい職場」「働きにくい職場」どちらの職場で勤めたいですか?100人中100人が「働きやすい職場」と答えるでしょう。今回は看護師の勤務先である病院について、「働きやすい職場」と「働きにくい職場」を紹介していきます。これから就職する人や働きにくいと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

| 2,524views
お気に入り追加 0

【看護師が働きやすい病院の条件とは】

福利厚生がしっかりしている

働きやすい病院の条件として1番多いのが「福利厚生がしっかりしている」ことです。
基本的に女性が多い看護師のため、福利厚生面では「保育施設がある」ことは非常に重要視されます。

保育施設があるということは、子供ができても病院の保育施設に預けることが出来ます。
保育施設があるということは病院も職場の人も育児に関して理解があるため、「子供が熱を出した」などの非常時の場合も早退・休暇がとりやすい環境と言えます。

また、出産した場合も「育児休暇」などがとりやすく、復帰する体制も十分にとられているかなどの部分にも注目したいところです。

残業が少ない

働きやすい病院の条件として「残業が少ない」ことがあげられます。

では、何をもって残業が多いのか少ないのかを判別すればよいのでしょうか?
基本的に、看護師の平均残業時間が10.3時間ほどとなっていますので、ここを基準に多い少ないの判断をすればよいでしょう。
面接の際に「残業はほとんどありません」と言っていても、いざ入職すると激務な上に残業が多かったという話はよく聞きます。

時間があるのなら病院を見学して「看護師のおおよその人数や看護師の様子」なの観察するのも一つの手です。
看護師の人数が不足している場合は、どうしても1人当たりの業務が増え多忙になってしまいます。
人数が不足しているがゆえに、必然的に残業も多くなってしまうということです。

やりがいがある

働きやすい病院の条件として「やりがいがある」ことがあげられます。
一番分かりやすいのが、看護師個々の評価基準がしっかりとされるという面です。
看護師にとって自分の仕事に対する評価をしっかりとしてくれ、給料や配置に反映してくれる病院は働きやすい病院と言えるでしょう。

他にも、自分自身のスキルアップをしっかりと支援してくれる環境を求めています。
スキルアップのための研修に参加する場合も、業務時間内で積極的に参加させてくれる病院を看護師の多くは求めています。

時短など働き方が選べる

勤務形態を選択できるということは、生活に合わせた働き方が可能になるため人気があります。
特に小さな子供がいる家庭の場合は、どうしても時短勤務でなければ働けないといった人もいるため、時短などの働き方が選べる職場は働きやすい職場となります。

給料が高い

働きやすい病院の条件に「お給料が高い」があります。
多少病院に対し不満があっても、お金がよければ割り切れてしまうことも多々あるようです。しかし、サービス残業や過労に繋がるであろう人員配置・オンコールが多いなどお金が多少高くても労働に「見合わない」と感じることもあるようです。

要するに「自分の労働の対価に適した給料をもらえるかどうか?」がお給料の高い低いといった基準になるようです。
労働の対価に適正なお給料が支払われる病院であれば、看護師は「お給料が高い」と感じるということになります。
61 件

関連するまとめ

看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

| 2,200views
「看護師はなぜストレスが溜まる?理由を徹底解明」

「看護師はなぜストレスが溜まる?理由を徹底解明」

| 2,509views
【意外と大事】転職決める前に!自分の病院の”イイところ”探し

【意外と大事】転職決める前に!自分の病院の”イイところ”探し

| 1,039views
『看護師×占い』看護師の人間関係の悩みに1つのアドバイスを。

『看護師×占い』看護師の人間関係の悩みに1つのアドバイスを。

| 1,776views
人間関係が面倒くさい。看護師の職場の悩みとは

人間関係が面倒くさい。看護師の職場の悩みとは

| 3,168views

このまとめのキーワード