infy [インフィ]

リラックスだけじゃない?代替医療として注目の『メディカルアロマテラピー』とは

リラックスだけじゃない?代替医療として注目の『メディカルアロマテラピー』とは

| 1,873views
お気に入り追加 0
仕事で疲れて帰宅するとぐったり…そんな時に家でアロマを焚いてリラックスする方も多いのでないでしょうか??
それか、そんな女子っぽい生活に憧れてはいるけど、めんどくさくて結局やってないな!という方もきっといますよね!(私みたいに…笑)

日本で、アロマというと香りによるリラックス効果や、マッサージ等がイメージされますよね。
それに対して、ヨーロッパでは、植物由来のアロマオイルで自然治癒力を高める、代替医療として用いられている国もあるみたいですよ!

メディカルアロマテラピーって何が違うの!?

上で少し言及したように、アロマテラピーって実は2種類あるんです。
細かい説明は、「日本メディカルアロマテラピー協会」さんの説明を引用しちゃいます!
一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスするイギリス式「アロマセラピー」。そしてもう一つは、私たち日本メディカルアロマテラピー協会が提唱・啓蒙しているフランス式「メディカルアロマテラピー」です。

名前の通り、メディカルアロマテラピーは香りだけではなく、精油の力で病気になる前の不調な体のケアや、病気とは認められない症状を改善する「代替医療」です。
日本にメインで伝わったのが、イギリス式のアロマセラピーだったんですね。
ただ、全然違うわけでもなく、リラックス効果を目的としたアロマセラピーに対し、そこから少し踏み込んで、痛みの緩和等、医療現場にて活用しようというのが、メディカルアロマテラピーなんですね。

結局メディカルアロマテラピーってどんな効果があるの?

ひとつお伝えしとかなければいけないことは、メディカルアロマは、いわゆる薬をつかった治療のように、劇的に症状改善に繋がるものではないということです。

効果としては様々で、「こんな効果がある!」とは断言できませんが(私専門家じゃないので…汗)、麻酔の補助的な役割として痛みの緩和に用いられたり、うつ症状の人や、出産時の妊婦の方の不安や痛み軽減などに用いられたりしているようです。
このように、メディカルアロマは、痛みと不安の緩和に用いられ始めており、徐々に、医療現場でも利用する場面が増えているようです!

メディカルアロマテラピーって簡単に出来るの?

一応、メディカルアロマセラピストという人が存在しています。
もしアロマセラピストになろうと思うと、認定資格を得るというのが正規ルートとなるでしょうね。
この認定資格を出しているところが結構種類があるんですね汗

・日本メディカルアロマセラピー協会
http://www.jmaa-aroma.com/cat.php?2
・日本アロマセラピー統合医学協会
http://www.medical-aroma.jp/license/index.html
・英国IFPA
https://aromaschool.jp/course_ifpa

などですかね。
全部一緒というわけではなく、学ぶ内容や期間などの違いがあるようです。
この様な資格を取得するのも一つの手ですが、資格を取得せずとも少し知識を蓄えておくということは、今後の仕事に役立ってくるでしょう!
よく言われることですが、資格取得が全てではなく、セラピーを活用して患者さんの為になるのが一番です。
みなさんの看護技術の向上、看護の質向上のため少しずつ頑張りましょう!

今後さらに認知度があがり、導入する医療機関も増えてくると思われます。
ぜひ注目しておいてください!!
14 件