infy [インフィ]

看護におけるストーマケアと交換方法を再確認!

看護におけるストーマケアと交換方法を再確認!

看護の現場で必要となるストーマ交換の方法や ストーマケアについて確認しておきましょう。

| 243views
お気に入り追加 0
ストーマを造設した患者さんの看護で必要なストーマケア。
ストーマ交換の方法や注意する点などについて知っておきましょう。

看護におけるストーマケアに求められること

ストーマとは、消化管や尿路からの排泄物を
体外に誘導するために腹部に造設した排泄口のこと。
排泄口にパウチをつけ、1日に何回か交換します。
ストーマになかなか慣れない患者さんも多く、
管理できるようになるのに時間がかかることも多いのです。

ストーマケアは、患者さんが自分でストーマを交換できるようになり、
日常生活に戻れるよう援助するために必要なこと。
患者さんにストーマについての知識を提供し、
患者さんの状態や体格などに合わせたストーマケアの方法を
伝えていかなければなりません。

ストーマの交換方法は?

ストーマの交換に必要な物

交換用のストーマ装具一式
ビニール袋
洗浄用の水、石鹼、洗面器
不織布、はさみ、ノギス(定規)
(必要に応じて、剥離剤、皮膜剤、手袋など)

ストーマの交換手順

①ストーマが見えるよう服をまくり固定する。

②ストーマ装具をゆっくりとはがす。
 はがす際は面板を引っ張らずに、皮膚を押すようにする。
 石鹼をよく泡立てたガーゼや剥離剤を
 面板と皮膚の間に当てて少しずつはがすとよい。

③石鹼を泡立てたガーゼでストーマ周囲の皮膚を洗浄する。
 汚れが残らないように丁寧に。

④石鹼を洗い流し、皮膚を拭き取る。

⑤ストーマ周囲の皮膚の状態とストーマ粘膜に
 異常がないかチェックする。排泄物や全身状態も確認する。

⑥ストーマサイズをノギスで測り、
 ストーマサイズよりもやや大きめに面板をカットする。
 ストーマ袋の下部は閉じておく。

⑦皮膚が湿っていないことを確認してから
 面板のフィルムをはがして皮膚に貼る。
 面板と皮膚が密着するよう手でしっかりと押さえる。

⑧必要があれば、皮膚とストーマの隙間をパウダーなどで埋める。

⑨下端を折り曲げて固定。

ストーマ交換の際の注意点

ストーマ交換の際には、
ストーマの周辺皮膚やストーマ粘膜に異常がないか、
次のような点に注意して確認しましょう。

・ストーマ粘膜の色はどうか。赤すぎる、あるいは薄すぎないか。
・出血はないか
・排泄口の向きは正常か
・ストーマ周辺の皮膚にびらんや潰瘍、発赤などのトラブルはないか。
・排泄物の状態はどうか

ストーマのトラブルには、感染や壊死、ストーマ周囲膿瘍、
ストーマ粘膜出血、ストーマの脱落などがあります。
もし、少しでも異常があれば速やかに医師に連絡することが大切です。
ストーマケアではストーマ造設に抵抗がある患者さんの
心理面にもアプローチしなければなりません。
交換の際に注意するべき点などについて知っておき、
問題があれば速やかに医師に報告できるようにしておきましょう。
14 件

関連するまとめ

看護師長など管理職の実態とは?!

看護師長など管理職の実態とは?!

| 3,236views
看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

看護の事故を防ぐ。薬剤の種類、単位の違いに要注意!

| 3,853views
現場と経営陣の橋渡し看護師長の実態とは?!

現場と経営陣の橋渡し看護師長の実態とは?!

| 3,276views
腎不全の原因と症状、看護で注意するポイントは?

腎不全の原因と症状、看護で注意するポイントは?

| 4,176views
摘便の仕方は?看護における摘便ケアの基礎知識

摘便の仕方は?看護における摘便ケアの基礎知識

| 2,625views

このまとめのキーワード