infy [インフィ]

誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

誰でも受講できる、介護職員初任者研修。介護のプロへの第一歩

介護の仕事をする時にまず取得することができる介護職員初任者研修。特に受講する条件などはなく介護が未経験でも受講することが出来ます。資格を取得して自信をもって介護の仕事に就き経験を積むことが出来ます。

| 2,016views
お気に入り追加 0

介護職員初任者研修とは?

介護を必要とする人が増加していて、それに合わせて施設も増えています。しかし、介護の仕事は身体的負担が大きく、介護職に就く人が少ないことはご存知でしょうか。そこで国は、介護職に就く人を増やしたり、介護職を長く続けてもらえる制度の整備を行いました。

それが「介護職員初任者研修」と呼ばれるものです。この制度は「ホームヘルパー2級」から名称変更された制度です。名称は変更になりましたが、習得する知識や技術は基礎となる部分は変わりはありません。

介護の最低限の知識や技術を身につけることが目的

「介護職員初任者研修」はホームヘルパー2級の時と内容はほとんど変わりはありません。そのため、介護の最低限の知識や技術を身につけることが目的と言う部分も変わりはありません。介護を初めて行う人に適したカリキュラムになっています。

介護が初めてでも受講できる

介護職員初任者研修を受講する資格は特に決まりはありません。受講する人の年齢や学歴、実務経験はさまざまです。初めて介護の世界に入る人が受講するため、仲間が沢山いて勉強がしやすい環境です。

試験内容のカリキュラム

介護職員初任者研修の資格を取得するためには、教科は10項目あり130時間のカリキュラムをクリアして筆記試験に合格をすると取得することができます。この時に、特に学歴や年齢、経験などの条件はないため、未経験の人でも受講することが出来ますが、130時間のカリキュラムをクリアしていることだけが条件です。

カリキュラムの内容は、試験内容に準じたカリキュラム内容になっており、介護の基礎から認知症についてや介護・福祉サービスの制度などについて学習します。カリキュラムの内容は、どこのスクールも同じですが通学か通信で取得期間や料金なとは異なるため、各スクールに確認をしましょう。

これから、介護職として働いていこうと考えていたり、身近な人の介護を手伝うために知識や技術を習得したいという場合にも、介護職員初任者研修の勉強は役に立ちます。

取得にかかる費用

資格取得にかかる費用はスクールや学び方、取得までの期間でいろいろです。まずは、自分に合った学び方やスクーリングの会場が自宅から近いかなどを考慮して、選択しましょう。
授業料はスクールによっては補助制度があったりするため、担当者に確認をしましょう。

介護職員初任者研修を修了するとこんなメリットが

せっかく取得する「介護職員初任者研修」であるため、メリットはあります。そのメリットをいくつかご紹介します。

資格を持っていることで信頼される

まず、どの資格でも同じことが言えますが、資格を取得していることは専門的な知識や技術を習得した証明であり、相手から信頼されやすくなります。資格を取得するためには勉強をしていく必要があります。資格を取得する前と比較をすると知識量は断然、資格取得後の方が多くなります。

知識や技術をしっかりと習得することは、自分の自信にもつながり、仕事に対してやりがいを感じやすくなります。また、次へのステップアップも目指すきっかけになります。

介護のプロとしてのキャリアアップを目指せる

「介護職員初任者研修」を取得すると、次のステージの資格として「介護職員実務者研修」や「介護福祉士」などの上の資格取得を目指すことができます。そのためには、さらに学習をし知識や技術を高めていくことが必要になります。

知識や技術を高めることで、質の高い介護を提供することがさらにできるため、キャリアアップをすることができます。

どんなところで学んだら良いのか。学校選びのコツとは

「介護職員初任者研修」のための学び方は通学や通信があり、学校などのスクールの種類もいろいろあります。

通信講座だけでは資格取得はできない

介護職員初任者研修は通信講座もありますが、通信講座のみでは資格取得はできません。
スクーリングがあるため、何日かは講義に参加する必要があります。講義を行う会場は、学校ごとに異なるため通学しやすい会場の有無を申し込む前に確認をしましょう。

スクーリングによる授業と実習で理解が深まる

介護職員初任者研修はスクーリングによる授業と実習があります。授業では手順や理論などを学習して、実習で実際に行うことで授業での意味が理解出来たり、授業では見えなかった部分がわかることもあります。介護の仕事は、技術も必要であるためどのように行ったら安全に行うことが出来るかなど、実習を通して学習することができ理解が深まります。

働きながら学ぶ人は、無理のない学習スケジュールに

資格を取得する時、人によっては働きながら学ぶことを考えることもあります。そのような場合には、仕事の合間に勉強をすることになるため仕事と両立ができるように無理のない学習スケジュールを立てることが大切です。

なるべく近くの通いやすい所で学ぶ

51 件

関連するまとめ

介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

介護福祉士になるには。取得するメリットや受験資格について解説

| 2,052views
介護福祉士実務者研修を修了して、活躍の場を拡げよう!

介護福祉士実務者研修を修了して、活躍の場を拡げよう!

| 2,045views
介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

介護の資格。介護の仕事で役立つ資格とその取り方

| 1,311views
介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

介護用語を調べたい時に役立つサイト・書籍・アプリ

| 2,068views
介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

介護の意味と知っておきたい介護のニュースをご紹介

| 2,645views

このまとめのキーワード