infy [インフィ]

どこまでやってもいいの?看護師ができる注射の範囲とは

どこまでやってもいいの?看護師ができる注射の範囲とは

看護師が行うことができる注射の範囲の正しい知識についてご紹介しています。日々の業務に役立てて下さい。

| 517views
お気に入り追加 0
看護の業務に従事していて、
注射を頼まれることがあるかと思いますが、
どこまで行っていいのか気になりますよね。
昔は医師だけとされていました。
そこで看護師が行える注射の範囲について
詳しくまとめてみました。

医師法では医療行為は医師のみが行える

厳密に言えば、注射は医療行為に当たります。
医師法という法律では医療行為については
医師のみが行うことができると定められています。

つまり、医師しか本当は
注射を行ってはいけない決まりなんですね。
しかし注射に関しては
長年グレーゾーンとして扱われてきており、
はっきりしないまま年月が経過してきました。

しかし2002年に厚生労働省から、
「静脈注射は看護師の診療の補助の範疇に入る」
という通達があり、
看護師も違法ではなく
静脈注射を行うことができるようになりました。

しかし、あくまで医師の判断と指示のもと可能なだけであって、
看護師が勝手に判断をして静脈注射を行ってはいけません。

予防接種に関してはどうなのか

予防接種に関しても静脈注射と同じく、
以前は厚生労働省から
「医師のみ行うことができる」
と定められていましたが、
1994年にその通達は廃止されています。

従って、現在では医師の指示が必要ではありますが、
看護師も予防接種を行うことができます。

看護師のできる範囲の注射は、
現在では静脈注射と
予防接種は医師の指示があればできることがわかりました。

今現在は当然のように行われているこれらの注射ですが、
一昔前は違法にもかかわらず
行われていた事実もあるのかもしれません。

看護師が行ってはいけない注射は?

では看護師が行ってはいけない
注射はどのようなものでしょうか。
それは以下のような・注射です。

・動脈血採血
・動脈ラインの確保
・中心静脈カテーテルの挿入
・麻酔薬の注射

看護師が行える注射の範囲は増えてきていますが、
これらは患者さんへのリスク及び危険度が高いため、
例え医師の指示があったとしても行ってはなりません。

これらの注射については、
看護師は挿入の補助や介助、準備等が仕事になります。

あくまで看護師が行える注射は
「静脈注射と予防接種のみ」
であると覚えておきましょう。
看護師が行える注射の範囲も増えてきて、
医療現場もスムーズに回りますよね。
しかし行ってよい注射と
ダメな注射はきちんと把握しておかないと
トラブルにつながりかねません。
しっかり覚えておいてください。
11 件

関連するまとめ

ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

ルールづくりが必要!看護師が造影剤の注射を行う場合の注意点とは

| 7,935views
【もしかして天才?】私の周りの天才看護師?!

【もしかして天才?】私の周りの天才看護師?!

| 1,374views
注射が苦手な人必見! 採血・注射が上手くなるコツとは?

注射が苦手な人必見! 採血・注射が上手くなるコツとは?

| 6,203views
小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

| 573views
夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

| 660views

このまとめのキーワード