infy [インフィ]

これだけは知っておきたい!新人看護師に役立つナース用語

これだけは知っておきたい!新人看護師に役立つナース用語

新人看護師の中には、このナース用語は何かと疑問に感じたり、迷うことがあります。

| 2,014views
お気に入り追加 0
看護師として働いていく中で
この言葉はどういう意味なのかと
疑問に感じたりすることがあっても
中々聞けない場合も少なくないです。

今回は看護師として抑えておきたい
ナース用語を紹介します。

退院することをエントと言う

エントとは、ナース用語で退院することを指し、
申し送りなどで使われます。

エントラッセンという別名もあり、
医療を題材にしたドラマで使われています。
使い方として、「○○さんが昨日エントした」
といった感じになります。
退院のことを英語でディスチャージ(diScharge)というが、ドイツ語ではエントラッセンといい、カルテではENTと略して書くこともしばしばである。

脳卒中を起こすことをアポると言う

患者が脳卒中を起こした際、
アポるという用語が使われます。
ドイツ語のApoplexieJから来ています。

アポッたと聞いたら、患者の命の危険に
さらされていると判断しないといけないです。

ナース用語から、患者の状態を
把握できるかも重要になってきます。
「アポった」とは、脳卒中になったということですので、場合によっては、その患者さんが命の危険にさらされていたという怖い言葉です。

患者が死亡した際、ステると言う

患者が死亡する場面も少なくないです。
その時はステるというナース用語が使われます。

殆どの新人看護師が覚える言葉とも言われています。
患者に誰が死亡したかなどの情報を知られないために
ナース用語を用いています。
亡くなりそう、亡くなったときに、ステる、ステったといった表現で申し送りやコミュニケーションをはかっています。

DMとは糖尿病のこと

糖尿病はDMとも呼ばれます。
多くの方がダイレクトメールだと感じます。

英語で糖尿病のことを
diabetes mellitusと言い、
その頭文字から来ています。

意識障害になったり、
感覚障害などの症状を表すので、
覚えておく必要があります。
全快が難しい病気であることから 、非常に長い付き合いが必要な病態であり、様々な合併症によりQOLの低下が予測される疾患である。

ゾロとはジェネリック医薬品のことを指す

ゾロと聞いて、多くの方がゾロ目などを
連想すると思います。

ナース用語では、ジェネリック医薬品のことを
ゾロと言います。

ジェネリック医薬品は新薬と
同じ有効成分を同じ量を使っていますが、
色や形、添加物などが違う薬のことです。

ゾロというのは特許権が切れた頃に
ゾロゾロ出てくる所から来ています。
溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験をクリアしないと、ジェネリック医薬品は発売することができないんだ。
ナース用語は今回紹介したもの以外にも
多く存在します。

業務を重ねたり、勉強することで
慣れていきます。

使う際も患者に誤解を与えていないか
注意する必要があります。
22 件

関連するまとめ

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

看護師マンガ・奴隷じゃナース【全話まとめ】

| 1,826views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 8,066views
奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

奴隷じゃナース!『最初が肝心!?新人ナース教育…その時医師は?』

| 16,716views
「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

「元気に育ってくれますように。病気が治りますように。」

| 14,719views
新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

新連載。「ありがとう。看護師と患者の物語」

| 21,361views

このまとめのキーワード