infy [インフィ]

【看護師の転職】志望動機はどう書く?自分をしっかりアピールすることが大切

【看護師の転職】志望動機はどう書く?自分をしっかりアピールすることが大切

1度看護師として働いてブランクを空けてから再度就職することや、1度看護師として働き別の病院に転職するなど転職する理由はさまざまです。転職する時に必ずと言っていいほど聞かれる志望動機の書き方について今回はご紹介します♪

| 1,641views
お気に入り追加 0

【看護師が転職をするために!志望動機を書く前にしておくこと】

志望動機を書く前にどのような準備が必要なのでしょうか。

《応募先の情報をリサーチする》

志望動機を書くと決めてから、すぐにでもできることが応募先の情報を集め始めることでしょう。
公式のホームページやパンフレットなどで情報を集めて、業務内容や方針などをしっかり把握したうえで志望動機を考えることが求められます。
それぞれの病院のホームページなどを見ると病院側が大切にしていることが書かれてあるので、理念に沿った回答が望ましいでしょう。
あらかじめ情報を入手していれば、それらの言葉を用いて説得力のある志望動機を作成することが可能になります。

一方で、漠然とした単なる働きたいという気持ちや、言葉だけでは採用には繋がりにくいのです。
また、方針や業務内容を理解していない状態で面接に臨んだとしても面接官から見れば一発でバレてしまうのでやめましょう。
採用が遠のいてしまう結果になるので、心から働きたい気持ちをアピールするためにも応募先の情報はしっかりとキャッチしておくと良いです。

《自分がこれまでしてきた仕事を振り返る》

転職するまでのこれまで自分がしてきた仕事を振り返って志望動機を作成することが重要です。医療業界であれば、ブランクが空く前の病院では何を学んでいたのか、まったく別の業界であれば、どのようなことをしていたのか詳しく書きます。

それらの職業の経験が病院やクリニックで、どのように活かされるのか病院側のメリットも書くと良いでしょう。これまで身につけたスキルや仕事上の工夫や強味は、自分のアピールできるポイントです。
自分の強みを知っていることによって志望動機が書きやすくなりますし、病院側にも伝えやすくなるでしょう。

《これから何がしたいのかを考える》

志望動機を見てあなたが転職先で活躍できるのか、その姿を採用担当者はイメージするでしょう。入社後にこんなはずじゃなかった・・と思われることを防ぐためにも、お互いに方針やこれからのことに納得していることが大切です。

志望動機を書くにあたって、転職してから実際にどのような姿勢で仕事に取り組んで、どのような看護師として働くのかを具体的にイメージしましょう。
「患者の心に寄り添った医療を提供したい」「闘病中の患者を支え続けたい」など看護師によってなりたい看護師もそれぞれ違います。

【看護師の志望動機の書き方】

具体的にどのように志望動機を書き始めていけばよいのでしょうか。

《応募先に興味を持ったきっかけを書く》

40 件

関連するまとめ

「看護師の志望動機を徹底解説!良い志望動機の特徴って?」

「看護師の志望動機を徹底解説!良い志望動機の特徴って?」

| 2,021views
「面接に向けて看護師の志望動機の書き方・例を紹介!」

「面接に向けて看護師の志望動機の書き方・例を紹介!」

| 5,337views
ポジティブな表現がポイント!看護師の転職の志望動機の書き方のコツ

ポジティブな表現がポイント!看護師の転職の志望動機の書き方のコツ

| 687views
看護師の転職活動に!志望動機で伝えるべきポイント3つ

看護師の転職活動に!志望動機で伝えるべきポイント3つ

| 949views
クリニックに転職したい。看護師が知りたいことを全部教えます!

クリニックに転職したい。看護師が知りたいことを全部教えます!

| 8,370views

このまとめのキーワード