infy [インフィ]

どうしても飲み会が苦手。飲み会が苦手な人は上手な避け方を覚えるのが吉!

どうしても飲み会が苦手。飲み会が苦手な人は上手な避け方を覚えるのが吉!

職場の飲み会は苦手だけれど、断るのもストレスだし…一体どうしたらいいんだろう?そんな風に悩んでいる人はきっと多いはず。ここでは飲み会が苦手な人に向けて、飲み会の上手な避け方をご紹介していきます!

| 2,411views
お気に入り追加 0

本当は行きたくない……会社の飲み会が嫌いな人の心理は?

送別会や忘年会、決起会や打ち上げなど、就業時間以外での職場の人との付き合いである「飲み会」。
誘ってくれる行為自体はありがたいのですが、内心は「行きたくないな、どうしよう」と思っている人は多いものです。

では、どうして飲み会に行きたくないのでしょうか。まずはその心理を探ってみましょう。

お酒もコミュニケーションも苦手なので飲み会が苦痛

仕事で話をするのは苦ではないのに、飲み会での会話が苦手という人は多いようです。
集まった人たち皆が共通の話題を持っているばかりではありませんし、愚痴や悪口に発展してしまうと、どういう反応をとったらいいのか困ってしまいますよね。

お酒の力を借りて、細かいことは気にせずにリラックスできれば良いのかもしれませんが、お酒も苦手な場合は、皆のテンションについていくだけで精一杯です。まるで苦行、そう思うことも多いでしょう。

上司や同僚や部下に気を使うばかりで楽しめないので面倒くさい

気遣いができ、色々と目についてしまう人ほど、飲み会を面倒に感じることがしばしばあります。
例えば、上司の話に調子を合わせたり、同僚の愚痴に付き合ったり、話に入っていけない部下を気遣ったり。
また、自分が一番下っ端の場合は、グラスが空になっている人がいないか目を配ったり、運ばれてきた料理を取り分けたりする役目もあります。しかしこれらは、やりすぎると、逆に他のメンバーに気を遣わせてムードを壊してしまうことも…。飲み会という一見フランクな場面にも、実は面倒なことがいっぱいあるのです。

何のメリットも感じられない飲み会の参加費を支払うのがイヤ

職場の人と会話をすること自体は意味があることだと思いますが、それは別に飲み会でなくてもできること。わざわざ時間とお金を使って参加するには、それなりのメリットが欲しいですよね。
ただダラダラとお酒を飲むだけ、人事や昇進に関係のない先輩のお酒の相手をさせられるといったことだけなら、正直メリットを感じにくいのは確かです。

同じ時間とお金を使うのであれば、気の置けない友人と飲んだり、家族で食事に行った方がよっぽど有意義だと感じる人は多いでしょう。

飲み会に参加したいくない!意外と切実な理由とは?

飲み会に参加したくない理由はまだあります。
ここでは、少し切実な理由をご紹介していきましょう。

拘束時間が長いので精神的疲労が甚大

2時間、3時間、4時間、あるいはそれ以上。お酒が好きな人が集まる飲み会は、日をまたぐこともありますよね。
気を遣うばかりのメンバーで、何時間も一緒に過ごすときの精神的疲労は…相当なものであるはずです。

アレルギー体質で食べられない食材が多い

食品アレルギーのある人は、とても切実です。
飲み会ではゆっくりメニューを選ぶことができない場合が多いですし、誰かが頼んだものを皆でシェアして食べることも多いからです。
飲み会は、食べたり飲んだりすることで間が持つものです。食べられない料理が多いのは想像以上に辛いものなのです。

一気飲みや無茶ぶりなどのパワハラが多く、心身にダメージを受ける

お酒が回ってくると始まるのが、若手社員に対する一気飲みコールや一発芸コールです。
これらがパワハラであるという認識は広がっていますが、それでも横行してしまうのがこの手の無茶ぶりの特徴です。その場の雰囲気を壊してはいけないと、振られた方も笑顔で乗り切りますが、身体は相当にダメージを受けています。

また、そういう飲み会にありがちなのが、上司や先輩からの説教や愚痴です。飲み会での若手社員は心身ともにヘトヘトなのです。

そもそも飲み会って何のためにあるの?

ここまで、飲み会が苦手な理由をいくつかご紹介してきました。
そこでふと感じたことは、そもそも飲み会は何のためにあるのか?ということです。
次は、飲み会の良い部分を考えてみましょう。

酔った勢いで自分の殻を破りコミュニケーション幅を広げる

お酒が入ると緊張感がほぐれ、自然と心を開きやすくなります。
そうしたある程度リラックスした状態で顔を突き合わせると会話は弾んでいきますよね。その勢いにのって自分の殻を破り、相手の心の新しいフィールドに飛び込んでいけるところが飲み会の良いところです。
カフェよりも居酒屋の方が店内に響く笑い声は多いもの。お酒の力は、やっぱり凄いのです。

上司と部下の距離を縮め、アドバイスを受けやすい良質な関係を作る

普段思っていてもなかなか言えないことや、教えられない事は結構多いものです。
その場合、業務中に改めて時間を設けるよりは、飲み会というラフな場を使って伝えた方が相手に理解してもらいやすいことがあります。上司から部下へのアドバイス、部下から上司への相談など、立場が異なる間柄であれば尚更そうでしょう。

一概には言えませんが、共有した時間の長さと信頼関係の強さは比例関係にあります。お酒を酌み交わすという時間を共有することが、良質な関係作りに一役買うことも。ときには飲み会ならではの“なあなあの関係”が、仕事に活きることがあるのです。

直接会話する場を設けることで相互に情報交換の機会を得る

LINEなどの文字によるコミュニケーションが一般化している現代ですが、やはり会話による情報交換には計り知れないものがあります。飲み会で交わされる仕事のネタや、職場の人の趣味趣向やライフスタイルなどもその一つ。ときには “ここだけの話”というものもありますね。

でも実際は……飲み会の現実は?

58 件

関連するまとめ

飲み会の幹事を任された。飲み会の幹事に必要な能力と準備

飲み会の幹事を任された。飲み会の幹事に必要な能力と準備

| 2,449views
知らぬ間に、汚い女。自分は大丈夫?汚い女の特徴とは

知らぬ間に、汚い女。自分は大丈夫?汚い女の特徴とは

| 2,725views
「気になる人と酔った勢い。一晩を過ごしてしまった際に注意すべき点とは」

「気になる人と酔った勢い。一晩を過ごしてしまった際に注意すべき点とは」

| 2,057views
気づかぬうちに、空気が読めない人。特徴や対策、恋愛において気を付けること

気づかぬうちに、空気が読めない人。特徴や対策、恋愛において気を付けること

| 2,282views
好きな人を忘れる。辛い気持ちから解き放たれよう!好きな人を忘れるにはどうしたらいいの?

好きな人を忘れる。辛い気持ちから解き放たれよう!好きな人を忘れるにはどうしたらいいの?

| 2,270views

このまとめのキーワード