infy [インフィ]

看護師のダブルワークって可能?夜勤バイトとかけもちをする時に注意したいこと

看護師のダブルワークって可能?夜勤バイトとかけもちをする時に注意したいこと

夜勤のバイトは看護師の仕事の中でも高収入で、求人も豊富なため人気です。そのためや一度は挑戦してみたいと思っている人も多いでしょう。そこで今回は夜勤のバイトをかけもちする時に注意したいことなどを紹介します。

| 4,559views
お気に入り追加 0

夜勤看護師の仕事内容~昼間の仕事との違いって?~

日勤と夜勤では仕事の内容がどのように違うのでしょうか?看護師の主な業務内容を中心に日勤と夜勤の違いを紹介します。

見回り

夜勤の仕事の場合でも日勤の仕事と同じように見回りを行います。夜勤の場合は患者さんは就寝中のため急変や異常がないかをチェックします。

患者の介助

排泄などの介助が必要な場合に対応します。日勤と違う点は、他の患者さんは就寝中のため薄暗い中静かに行う必要があります。

夜間に必要なケア

日勤と同じように点滴など決まった時間に行う必要がある処置をします。患者が眠っている状態でできる処置もあれば、薬の投与など患者さんを起こして行う処置もあります。

急変への対応

患者さんの容態が急変した場合、状況を見極め医師に連絡をしたりと素早く的確な対応が求められます。

夜勤の体制は2種類!

2交代制

2交代制の場合、主に日勤・夜勤の2交代でシフトがわけられている勤務形態です。

そのため夜勤の場合勤務時間が長くなります。病院によっても異なりますが夜勤のシフトのスタート時間は日勤の終わる16:00など夕方から始まり、終業時間は日勤が始まる翌9:30くらいの病院が多いです。

このように一日の勤務時間が長く、出勤時間も早いためダブルワークには向かないでしょう。

3交代制

2交代制の場合、早出・遅出・夜勤の3交代のシフトが組まれている勤務形態です。

そのため夜勤の場合、2交代の夜勤シフトに比べて、22時や23時など遅い深夜から始まり、終業時間は早出の勤務が始まる翌9:00くらいまで勤務するケースが多いです。

2交代制に比べると、勤務時間が短いため、短時間で稼ぎたいダブルワーク向きです。

働く環境

夜勤の仕事を始める時に、気になるのは働く環境ではないでしょうか?夜勤の場合は日勤に比べると、少人数で対応します。また日本看護協会による「看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」によって、夜勤看護師の働く環境には守られています。

「看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」の主な内容
・夜勤中、1時間以上の休憩を確保する
・夜勤の始業時間は7時以降にする
・夜勤の間、一定の連続した仮眠時間を確保する

このように夜勤で仕事をする場合、病院にもよりますが休憩時間や仮眠の時間が確保されています。

夜勤看護師とのダブルワークのメリット

収入が増える

看護師のダブルワークとして夜勤のバイトは人気です。

人気の理由は夜勤のバイトは時給の高さです。全国のバイト・パートの求人情報を提供する『anレポート』(2016年11月調べ)によると、看護師の全国平均時給は1,501円、都心部の場合上乗せされるため2,000円前後が平均です。
日給にするの10,000円前後です。

それに対して夜勤の場合は、
・一般病棟勤務で日給34000以上
・老人ホーム勤務で日給35800円以上

このように短時間で高収入を得ることができます。
夜勤のバイトは単発や長期など、日勤の勤務状況に合わせては選ぶことができるため、例えば海外旅費を稼ぐために一時期夜勤のバイトをすることもできます。

経験を積むことができる

1つの病院だけで勤務しているとどうしても視野が狭くなってしまいます。

バイトやパートであれば、いろいろな病院で働くことができるためスキルアップにつながります。またいろんな病院や施設で仕事をすることで、自分にはどんな職場が向いているのかわかってくるようになるため転職をする時の参考にもなります。

ライフスタイルに合わせて看護師の仕事続けることができる

夜勤のバイトを掛け持ちすることで、短期間で必要なお金を稼いで、残りの時間を自分の趣味の時間に使ったり、また集中的に働いた後に長期旅行に出かけたり、留学をしたりと自分のやりたいことを実現させながら看護師の仕事を続けることができます。

また子育てや介護をしながらの場合、フルタイムで働くことが難しい場合は2つ以上の職場でパートで仕事をすることで、ある程度まとまった収入を確保することができます。

夜勤バイトに必要な能力

体力

夜勤のバイトにまず必要なものは体力です。本来は寝ている時間に仕事をするため慣れるまでは、体力的に辛いことも多いでしょう。

また掛け持ちで夜勤のバイトをする場合は、一ヶ月の内仕事をする時間が増えます。そのぶん休息をしたり、友人とあってリフレッシュする時間が減ってしまいます。

もし夜勤のバイトを掛け持ちで始めるなら、最初のうちは単発など体力的に無理のない範囲からスタートして、夜勤の仕事に体力的に慣れてきたら日数を増やしていくといいでしょう。
44 件

関連するまとめ

看護師の1日。日勤と夜勤の違いは?スムーズに仕事をするにはどうしたら?

看護師の1日。日勤と夜勤の違いは?スムーズに仕事をするにはどうしたら?

| 8,826views
現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【深夜のナースコール編】

現役看護師が描くリアルすぎる4コマ漫画【深夜のナースコール編】

| 8,566views
看護師の夜勤バイト。気になる業務内容や掛け持ちをする上でのルールもご紹介

看護師の夜勤バイト。気になる業務内容や掛け持ちをする上でのルールもご紹介

| 4,515views
「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

「バイトもあるの?看護師の働き方あれこれ」

| 2,748views
「看護師の夜勤の実態を公表!仕事内容や仮眠の有無をご紹介」

「看護師の夜勤の実態を公表!仕事内容や仮眠の有無をご紹介」

| 3,648views

このまとめのキーワード