infy [インフィ]

やっと病気から開放されて、普通の女の子と同じ生活ができるようになって・・・『本当に嬉しい。涙が出るくらい嬉しい』

やっと病気から開放されて、普通の女の子と同じ生活ができるようになって・・・『本当に嬉しい。涙が出るくらい嬉しい』

ありがとう。看護師と患者の物語。49話。原因不明のお漏らしに悩まされていた女の子。やっと病気から開放されて普通の女の子と同じ生活ができるようになった女の子はとても嬉しそうでした。

| 6,334views
お気に入り追加 0
看護師のための病院クチコミサイト

私が小児泌尿器科に勤めていた時です。
ある日、11際の女の子が入院しました。

女の子は通常の尿管とは別にもう一本尿管があり、それが膀胱ではなく膣についてしまっている病気で、膣に繋がってる尿管から少しづつ尿が流れ、溜まったら出てしまうという症状でした。

最初はおもらしと思っていたようですが、普段の生活でもおもらししてしまうため、尿パットをあてて生活していたようです。

しかし、大きくなっても症状は治らず、この病院に受診し原因がわかり手術となりました。
5年生で、林間学習がりその前に何とかしたいとのことでした。

オペの前日、女の子は原因は自分ではなかったという事が嬉しかったようで、たくさん嫌な思いをしたことを教えてくれました。

遠足の日に着替えを持って行かないといけないこと。両親にはやくおもらしを治しなさいと何回も怒られたこと。お友達の家に泊まりに行けないこと。
思いっきり走れないこと。など教えてくれました。

次の日、手術は無事成功。
腹腔鏡での手術だったので傷口は小さくすみ、ご両親も安心している様子でした。

女の子は麻酔から覚めると「お漏らししなくなるんだ。嬉しい。本当に涙が出るくらい嬉しい」と泣いていました。

彼女はお母さんから新しいくかわいい下着を買ってきてもらってとても喜んでいました。

今まではパットをつけないといけないため、生理用の下着を使っていたのだそうです。

お店に並んでるかわいい下着をみて自分も欲しかったと教えてくれました。

すこしぴょんぴょんと飛んだりして、
「前は飛ぶとおしっこが漏れるため縄跳びが嫌いだったけど、これからいっぱい飛べる!!」と喜んでいました。

たった一本尿管が多かっただけで。それが膣に付いていただけで、女の子は本当に今までたくさんのことができなかったんだと思わされました。

おしっこの管を抜いたその日の晩は今までで一番よく寝れたようで、
翌朝私に「凄い!漏れなかった!本当に嬉しい!看護師さんありがとう!」と言いにきてくれました。

そして術後のトラブルもなく無事退院しました。

3ヶ月後くらいに、女の子が詰所に来てくれて林間学校の写真を持って来てくれました。

本当に嬉しそうな笑顔で、お友達との写真を見せてくれました。
お漏らししないでちゃんとみんなと寝れることができたよ!

という彼女のメッセージなんだと思い、私までなんだか嬉しくなりました。
看護師のための病院クチコミサイト

イラストレーター紹介

イラストレーターのオカ サヤカと申します。
温かいイラストで、皆さまの素敵なエピソードを彩ることができていたら幸いです。
23 件

関連するまとめ

育児ノイローゼで子育てに悩むお母さんのお話・・・『もっと毎日幸せな気持ちで過ごせると思っていました。今は朝がくるのが辛くて…』

育児ノイローゼで子育てに悩むお母さんのお話・・・『もっと毎日幸せな気持ちで過ごせると思っていました。今は朝がくるのが辛くて…』

| 2,172views
麻薬による傾眠状態やせん妄を乗り越えて・・・『強い母としての生き様を見せてくれたような 気がしました』

麻薬による傾眠状態やせん妄を乗り越えて・・・『強い母としての生き様を見せてくれたような 気がしました』

| 2,471views
人間の可能性は計り知れない・・・『危篤状態からの回復を遂げた患者さんと、患者さんを支えた彼女さんの物語』

人間の可能性は計り知れない・・・『危篤状態からの回復を遂げた患者さんと、患者さんを支えた彼女さんの物語』

| 3,703views
延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

延命治療の苦しみから開放されて・・・『もう十分だ、楽にしてくれ』

| 8,156views
最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

最後の親孝行・・・『大好きなお煎餅とりんごジュースを食べさせることができて、感謝の言葉も伝えられました。ありがとうございました。』

| 3,012views

このまとめのキーワード