infy [インフィ]

看護師の年収。どうなっている?看護師年収の実態!

看護師の年収。どうなっている?看護師年収の実態!

皆さんは、現在の年収に満足していますか?看護師の年収は一般企業と比較するとどうなのか、どのような働き方だと収入をアップすることができるのかということなどについて紹介します。今後の働き方や転職の際の参考にしてくださいね。

| 2,354views
お気に入り追加 0
皆さんは、現在の年収をどう考えていますか?
看護師の年収は比較的高いといわれています。
「満足できるくらいもらっている」という方も、「本当に看護師の年収って高いの?」と疑問に感じている方もいるでしょう。

この記事では看護師の年収は一般企業と比較するとどうかということや、働き方による年収の差、仕事内容と年収は割に合っているのか、などについて紹介します。

一般会社員の平均年収と比べると高め?

まずは看護師の年収と、一般企業の年収を比較してみましょう。
皆さんの年収は、一般企業と比較するとどうですか?

一般企業で務めた場合

まずは、一般企業の年収を20代・30代・40代の年齢別に紹介します。
転職サイトのDODAでは、2016年9月~2017年8月1日にDODAエージェントサービスに登録をした約29万人のデータをもとに、正社員として就業している20~59歳までのビジネスパーソンの平均年収を紹介しています。

このデータをもとに、各年代の平均年収を見ていきましょう。

20代:346万円
30代:455万円
40代:541万円
もちろん、勤務をしている会社によって平均年収は大きく異なりますが、このデータをもとに看護師の平均年収と比べてみましょう。

看護師の場合

次に看護師の平均年収を見ていきましょう。
看護師比較.comが発表している女性の正看護師のデータを紹介します。

20~24歳:379万6400円
25~29歳:436万8300円
30~34歳:450万4000円
35~39歳:465万6000円
40~44歳:492万300円
45~49歳:511万2500円

年齢別看護師平均年収データ|看護師比較.com

年齢別看護師平均年収データ|看護師比較.com
看護師の年齢・性別・職種別にまとめた平均年収データをご紹介。想定年収データは常勤者の月給と賞与額から算出しています。
20代では看護師の方が平均年収がかなり高く設定されているということがわかりますね。
勤務先によって給料や各種手当の設定金額は異なります。
そのため、紹介した平均年収よりももっと高い年収をもらっている方もいるでしょうし、反対に低い年収となっている方もいるでしょう。

30代は一般企業も看護師も、平均年収は同程度となっており、40代では一般企業の方が看護師よりも高い年収となっています。
「看護師の年収は思っているよりも多くないのではないか」と感じる方もいるでしょう。

しかし、一般企業と比較すると看護師の方が福利厚生や各種手当が豊富にあります。
そのため、「一般企業よりも年収は低くても、そこまで年収が低いとは感じない」という方が多いのではないでしょうか。

働き方によって大きな差が出てくる?

皆さんご存知の通り、看護師はたくさんの働き方の中から自分に合った働き方を選択することができます。働き方によって、収入はどう変化するのか紹介しますので参考にしてくださいね。


自分に合った働き方をしたい方はこちら!↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensyokuinfy

看護師の働き方あれこれ

フルタイムは、常勤や正社員と呼ばれることもあります。
日勤だけでなく夜勤や早出、遅出などの多くの勤務形態をこなし、ほかの働き方と比較すると責任が重くなりがちです。

しかし、毎月安定した収入を得ることができますし、長期間働き続けることが可能です。
また、昇給やキャリアアップをすることもできるため、長期にわたって働きやすい雇用形態と言えます。

時短とは「育児短時間勤務」のことを指し、一般的に子供が3歳まで取得できますが、病院によって設定されている期間が異なります。
勤務時間は、原則として1日6時間となっているため収入は減額となる場合が多いですが、仕事と家庭を両立しやすいでしょう。

パートとは、正社員よりも少ない日数働き、働いた時間分の時給を収入として得ることのできる雇用形態で、求人情報等にアルバイトと記載されていることも多いです。
好きな日数を好きな日程で働くことができるため、家庭やプライベートも大切にしたいと考えている方がこの雇用形態を選択する場合が多いでしょう。

しかし、福利厚生を利用できなかったり、キャリアアップができないなどのデメリットもあります。

派遣とは、派遣会社に登録をして希望する職場で働くという雇用形態です。
ほかの雇用形態では各勤務先の設定する収入や福利厚生を受けることができますが、派遣の場合は派遣会社の設定する収入や福利厚生が適用されます。

パートよりも時給が高く、福利厚生が充実しているというメリットがありますが、どんなに理想通りの職場でも最長で3年までしか働くことができないというデメリットがあります。

雇用形態によっても収入は異なりますが、同じ雇用形態でも病院の規模や診療科によっても収入は異なります。
自分が納得のできる雇用形態を選択し、その中で理想とする収入を得ることができるといいですね。

一番収入が多い働き方は?

看護師は多くの働き方の中から、自分が希望する働き方を選択することができます。
皆さんの中には、「できるだけ多くの収入を得ることのできる働き方をしたい」と考えている方もいるではないでしょうか。

看護師として働く中で、最も多くの収入を期待できるのは、「規模が大きな病院で、日勤だけでなく夜勤もこなすフルタイムで働く」ことです。
さらに、救急病棟や回復期リハビリテーション病棟などの1か月あたりの夜勤時間数に制限が設けられていない病棟で勤務をすると、最も多くの収入が期待できます。

看護師の収入は多いといわれていますが、基本給だけだとほかの職業よりも収入が低くなってしまう場合があります。
多くの収入を得るためには、残業鵜や夜勤をこなして、各種手当が多くなるように働くようにしましょう。

昇給はあるの?

多くの企業では、勤続年数に応じて昇給します。
そのため、経験年数が長くなるにつれて給料はどんどんアップしていくでしょう。
リクナビNEXTジャーナルが紹介しているデータによると、中小企業の昇給額は「3500円程度」、大企業の昇給額は「6500円前後」、公務員の昇給額は「2万円~7万円程度」となっています。
看護師も、多くの職場で昇給があります。
2013年に日本看護協会の行った調査によると、「定期的な昇給がある」と回答したのは、全体の73.3%ということがわかりました。

2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書

2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書
しかし、看護師の昇給額は一般企業よりも低く設定されている場合が多く、多くの職場では1年間の昇給額が1000円~3000円となっているようです。
一般企業と比較すると、昇給額は低めということがわかりますよね。

昇給率について

年単位で昇給

先ほども紹介したように、看護師も昇給する場合が多いです。
しかし、昇給額は低く設定さえているため、「どんなに長く勤務をしても、給料があまり変わっていない」と感じている方が多いでしょう。

そのため、「少しでも収入をアップさせるために、今以上に頑張って働こう」と考えている方や、「収入アップのために、資格を取得しよう」と考えている方もいるのではないでしょうか。

一般企業の場合、会社の業績や個人の評価などによって給料は左右される場合が多いです。
一方、看護師の場合は職場の業績などによって給料が左右されることは少なくなっています。今以上に頑張って働くことで評価は上がると思います。
しかし、その頑張りが給料に直結するかどうかは、勤務先によって異なるでしょう。

また、資格を取得することもスキルアップやキャリアアップには大切なことです。
しかし、認定看護師や専門看護師などの日本看護協会の定める資格でなければ、資格手当がつかないという場合が多くなっています。

看護師のスキルアップに人気の「呼吸療法士」や「ACLSプロバイダー」などの資格を取得しても、お祝い金はもらえるかもしれませんが毎月の手当や昇給はない場合が多いでしょう。

2013年に日本看護協会が行った調査によると、専門看護師の手当があると回答した病院は全体の23.4%で、その金額の平均は12,926円、認定看護師の手当があると回答した病院は全体の30.1%で、その金額の平均は11,006円となっています。

2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書

2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査 報告書
この調査により、資格は給料にあまり反映されないということがわかりますよね。
しかし、看護師は勤務先の業績や個人の評価によって給料が左右されにくいため、安定した収入を得ることができるというメリットがありますよ。


自分に合った働き方をしたい方はこちら!↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensyokuinfy

割にあってる?看護師の年収

42 件

関連するまとめ

看護師と介護士は何が違うの?看護師と介護士の役割と違い

看護師と介護士は何が違うの?看護師と介護士の役割と違い

| 5,495views
動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

| 3,417views
看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

看護師の給料の手取り。働く環境でこんなにも差が出る理由は?

| 3,043views
看護師のボーナス。その平均額や上がり幅を徹底調査!

看護師のボーナス。その平均額や上がり幅を徹底調査!

| 2,746views
悩みに悩んで、看護師を辞めた。看護師を辞めた理由と辞めた後の就職先

悩みに悩んで、看護師を辞めた。看護師を辞めた理由と辞めた後の就職先

| 6,782views

このまとめのキーワード