infy [インフィ]

忘れないで…【戦時中、従軍看護師たちの実態】

忘れないで…【戦時中、従軍看護師たちの実態】

同じ看護師として知っておきたい、戦時中の従軍看護師の実態をまとめました。

| 922views
お気に入り追加 0
どんなに時が経っても忘れてはいけない、
戦時中における従軍看護師のこと。
同じ看護師なら、なおさら
目を背けずに知っておきたいものです。
ここではその実態をまとめてみました。

戦場へ、ほぼ強制的に向かわされた看護師たちも

ショックを受ける日本女性4|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

戦時中、戦争に行ったのは男性兵士だけ…
そんなイメージがありますが、
女性も多く戦場へと向かいました。
それが、従軍看護師です。

行きたくなくとも、
多くの看護師がほぼ強制的に
戦地へ赴いたというのが実態のようです。

結婚したばかりであろうと、
小さな子供がいようと免除してもらえず、
恐ろしい戦場へ向かう心中は
想像するに余りあるものがあります。
卒業して一般病院に勤めていても、彼女たちには応招義務があり、「志願」と言っても事実上の強制でした。それは赤紙ではないにしても、「赤紙」と同じ意味を持ちました。

従軍看護師のなかには、陵辱され、自決を選んだ人たちも

薬を飲む人|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

従軍看護師と言いながら、
実態は他国の軍人に慰安婦として扱われ、
陵辱されることもあったそうです。

そんな扱いを拒み、
薬などを使って集団で自ら命を断った
看護師たちもいたようです。

生き残った看護師たちも、
大きな心の傷を抱えることとなりました。
満州赤十字の看護婦は終戦時、軍医から致死量の青酸カリをもらい、制帽のリボン裏に隠し持っていた。机上には、二十二人連名の遺書が残されていた。

戦後補償がもらえない従軍看護師がほとんどだった

古いお金|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

悲惨な戦場で任務についた従軍看護師たち。

なんとか生き延び、
日本へ帰ることができてからも、
新たな惨状は続きました。

なんと、恩給や保障が与えられないケースも
多々あったのだそうです。

戦時中に大変な苦労をして
国に貢献したのにもかかわらず、
帰国後にもこのような冷遇を受けていた
というのが実態みたいです。
生き残った人々に国は冷たかった。この報告書を書いた婦長さんは勤務期間がわずか足りないということで何の補償もなかったそうだ。
現代の私たちには想像できないほど、
従軍看護師たちの体験は
壮絶だったことでしょう。
けっして忘れることなく、
未来のために活かして
いきたいものですね。
14 件

関連するまとめ

【失われた時間外手当】改善されない!看護職の”サービス残業”の実態

【失われた時間外手当】改善されない!看護職の”サービス残業”の実態

| 545views
看護の知識を生かした働き方【看護協会】で働くには?

看護の知識を生かした働き方【看護協会】で働くには?

| 800views
あなたは知ってる?山岳看護師の実態とは

あなたは知ってる?山岳看護師の実態とは

| 2,765views
あなたも他人事じゃない!看護師のストーカー被害の実態とは!?

あなたも他人事じゃない!看護師のストーカー被害の実態とは!?

| 2,392views
意外とマイナー!?《大学看護師としての役割》

意外とマイナー!?《大学看護師としての役割》

| 3,702views

このまとめのキーワード