infy [インフィ]

看護師が給料アップを目指すなら介護系施設がねらい目!

看護師が給料アップを目指すなら介護系施設がねらい目!

皆さんは介護施設での仕事に興味はありますか?最近は介護施設の求人が多くなっています。また、施設によっては病院よりもねらい目の求人があります。介護施設がねらい目の理由などを紹介しますので、参考にしてくださいね。

| 1,797views
お気に入り追加 0
看護師は多くの雇用形態や勤務先の中から、自分の希望に合った職場を選んで働くことができます。
皆さんも、理想とする条件に近い職場で働いているのではないでしょうか。中には、より良い給料を求めて転職活動を行っている方もいるでしょう。

常勤で働く場合、多くの職場では毎年少額ずつではありますが昇給していきます。そのため、勤続年数が長くなればなるほど、給料はアップしていきますよね。
しかし、少額ずつしか昇給しないため、「長期間働いているけど、最初とほとんど給料が変わっていない」と感じる方もいるのではないでしょうか。

看護師が給料アップを目指すのであれば、現在の勤務先よりも給料の設定額が高い職場へ転職をすることが近道となります。中でも、最近は介護系施設がねらい目となっているということをご存知でしょうか。

看護師の給料がアップしにくい理由や、介護系施設がねらい目の理由について紹介します。現在の給料に悩んでいる方は、今後の参考にしてくださいね。

看護師が給料アップしにくい理由とは?

まず最初に、看護師の給料がアップしにくい理由を3つ紹介します。その理由を確認してくださいね。

看護師の高い給料は特別手当あっての金額

一般的に、看護師の給料は高いといわれています。確かに、フルタイムで常勤として働いている方であれば、毎月30万円近い給料をいただいているでしょう。しかし、さまざまな手当がついてこの金額をもらっているということを把握しておく必要があります。

例えば残業手当や夜勤手当、資格手当、危険手当、特殊業務手当など、働き方によってさまざまな手当がつきます。特に夜勤手当の場合、2交代勤務で1回夜勤をすると1万円ちかい手当がつくため、夜勤をすればするほど給料はアップする仕組みになっています。しかし、これらの手当が全くなければ、皆さんの給料はどうなりますか?

もし残業や夜勤がない職場で勤務をする場合、給料は5万円以上下がってしまうでしょう。職場によっては、各種手当の金額が高額に設定されているだけで、基本給だけを見れば月収が15万円となっていることもありますよね。看護師の給料が高くなっているのは、様々な手当がついているからです。

管理ポストが少ないのでキャリアアップしにくい

一般企業の場合、個人の頑張りが認められれば少しずつ昇進していきます。平社員からスタートして主任や係長、課長、部長という順になっている職場が多いでしょう。中には、その職場独自のポストが設けられている場合もあります。部署が多ければ多いほど、各ポストに就く人の人数が多くなるため、管理ポストの枠も多く設けられていますし、昇進する度に給料は多くなってくでしょう。

一方看護師の場合、管理ポストはほとんどありません。主任や病棟師長、看護部長くらいではないでしょうか。また、各管理ポストの数が少ないため、当然その管理ポストに就くことのできる看護師も少ないです。

看護師は管理ポストが少ない分、キャリアアップによる昇給はあまり望めません。そのため、同じ職場で10年以上勤務をしていたとしても毎年の昇給分しか給料が上がっていないという看護師も多いです。毎年3000円の昇給だった場合、新人看護師と比べて月給が3万円しか違わないということもあります。

特別手当を多く稼ごうとしても激務についていけない場合も多い

少しでも給料をアップさせるために、各種手当がつくように働くことを考える看護師もいます。
例えば、救急病棟や回復期リハビリテーション病棟のような夜勤回数に制限が設けられていない病棟で夜勤を多くしたり、精神科病棟や手術室などの危険手当のつく病棟で勤務をすることで、一般病棟よりは特別手当分だけ給料はアップするでしょう。

しかし、このような特別手当で多く稼ぐという方法はおすすめできません。手当がついているということは、その分体に負担のかかる業務が多く、しんどい思いをすることが多いということです。実際に特別手当を多く稼ごうとして「激務についていけない」「体調を崩してしまった」などの理由で長く勤務することが難しかったり、退職を選択しなければならない状況になることもあります。

病院施設よりも介護施設がねらい目の理由は?

多くの方が、病院での勤務が最も収入の多い働き方と考えているでしょう。
しかし、最近は収入アップを目指すのであれば、介護系施設がねらい目ということをご存知ですか?なぜ病院ではなく介護施設の方がねらい目なのか、理由を見ていきましょう。

全ての病院が良い給料を支払うわけではない

確かに、病院は給料がいいイメージがありますよね。基本給は低めであったとしても、夜勤手当や残業手当などが付くことにより、いい給料を受け取ることができるでしょう。しかし、すべての病院でいい給料が支払われているわけではありません。

規模が大きな大学病院や市民病院であれば、高い給料が設定されている場合が多いです。しかし、規模の小さな病院や個人経営のクリニックの場合、規模が大きな病院よりも給料は低くなっています。また、規模が大きな病院であればボーナスも期待できますが、規模が小さな病院ではボーナスの支給額も少ない場合が多く、年収で考えるとかなりの差が開いてしまうでしょう。


お給料UPの転職ならこちら!↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/tensyokuinfy
47 件

関連するまとめ

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

動物看護士で新たな活躍の場をゲット!お給料はどのくらい?

| 2,405views
看護師の年収はいくら?年収は特別手当で上下する!

看護師の年収はいくら?年収は特別手当で上下する!

| 1,581views
クリニック看護師の業務内容や年収を徹底解説!

クリニック看護師の業務内容や年収を徹底解説!

| 1,681views
クリニックに転職したい。看護師が知りたいことを全部教えます!

クリニックに転職したい。看護師が知りたいことを全部教えます!

| 7,381views
看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

看護師になったけど職場に馴染めない!職場に馴染めないときの対処とは

| 5,266views

このまとめのキーワード