infy [インフィ]

保健師になるにはどうすればいいの?勉強方法や就職先は?

保健師になるにはどうすればいいの?勉強方法や就職先は?

保健師は厚生労働大臣が認定する国家資格です。保健師の資格を取得するためには、どうすればいいのでしょうか?資格取得ためのコツと就職先について紹介します。保健師になりたい人は是非参考にしてください。

| 3,579views
お気に入り追加 0
「保健師」っていう資格をご存知ですか?
看護師や助産師と比べると、保健師のは認知度が低い資格です。

保健師の就業人口は少ないことから、一般の人が看護師や助産師と比べて、日頃接する機会が少ないので、何をしている仕事なのかイメージが付きづらいことが要因として考えられます。

しかし、保健師は、人々の健康増進のために、予防的な側面からアプローチできる、やりがいのある仕事なんです。
保健師は、公衆衛生分野におけるスペシャリストで、公衆衛生における保健師の働きは無くてはならないものです。

「予防的に関われる」ということに魅力を感じる方は、保健師を目指してみてはいかがでしょうか。

今回は、保健師に興味がある方に向けて、保健師の資格取得のための方法を解説します!

保健師とはどのような資格?

保健師に馴染みがない方は、どんな資格なのか分からないという意見をお持ちではないでしょうか?

保健師が一般の方とお話をしていると「保健師ってどんなことをしているの?」と質問を受けることがあります。

ここでは、保健師の資格の内容について紹介します。

厚生労働大臣が認定する国家資格

保健師は、厚生労働大臣に認定された者だけが取得できる国家資格です。
保健師助産師看護師法(略して「保助看法」とも呼ばれる)に位置付けられている資格です。

保健師の資格は、保助看法の第2条に、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」であると定められています。
つまり、保健師は厚生労働大臣に認められた資格で、主に保健指導を行う仕事です。

保健指導は、他の職種でも行いますが、保健師という肩書きを使用して行う保健指導は、保健師の国家資格取得者しか名乗ることができません。

国家資格ですから、保健師の保健指導には専門性があります。
健康増進のために、1人の人に行う保健指導だけでなく、集団を対象とした保健指導も行います。
保健師が保健指導の対象とするのは、個人、集団、その人たちが生活している環境までも含まれるので、活動する分野が幅広いのが特徴です。

保健師は、人々の健康上の課題は何か分析し、施策という形で、必要な解決策を具体化していきます。
ここが、病院や訪問看護ステーション、介護施設等の施設に所属し、主に自分の施設の対象者を看護する、看護師や助産師とは異なる点でしょう。

看護師国家試験と保健師国家試験の合格が必須

保健師の資格は、保健師国家試験に合格するだけでは取得できません。
保健師は、看護師資格を取得していることを前提として取得できる資格です。

このため、保健師を目指す方は、看護師の資格の取得も同時に考える必要があります。

保健師の試験内容とは

ここでは、保健師国家試験の日程や試験内容、合格率について紹介をします。

受験を考えている人は、まず試験の内容の把握から始めましょう。

試験日は2月

保健師の試験は、毎年2月に行われます。
冬の寒い時期に、看護師試験とほぼ連日に近い形で開催されるのが通例です。

保健師の試験地は、各地域の拠点都市に限られており、全国で11個所です。参考までに、平成29年度に実施された試験の試験地は以下のとおりです。

■(参考情報)平成29年度の試験の開催地
  北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、
  福岡県、沖縄県

 試験の開催地から遠方にお住まいの方は、県外まで行き、受験の必要がありますので、注意しましょう。

問題数は110問

問題数は全部で110問です。
出題方式は、複数の選択肢からの選択式で、マークシートへ記入をして解答します。

内容は、保健師としての基本的知識から、与えられた状況設定に、自分が保健師として対応する場合の内容を選ぶものなどがあります。

試験時間は155分

試験時間は155分です。

マークシート方式であり、知識を問う問題も含まれているので、解答時間は十分に確保ができるでしょう。

知識を問う問題は短時間で済ませ、状況設定の問題や計算問題を考える時間に割くように時間配分するのが、時間的ゆとりを持って試験を攻略できるコツです。

合格率は9割前後

保健師の試験の合格率は、毎年9割前後で推移しており、
10人に9人は合格するのですから、合格率は高いと言えるでしょう。

状況設定問題には自分で考える難しさはありますが、
「常識で考えれば有り得ない」という選択肢も多くあり、比較的応用が利くので、
勉強時間が少ない人でも合格しやすいと考えられます。

保健師の試験科目とは

保健師の国家試験の試験科目について具体的に紹介をします。
どのような内容が出題されるのでしょうか。

公衆衛生に関する知識、保健指導に必要な知識、保健師としての現場の行動を問う問題等があります。
具体的には、試験科目は公衆衛生看護学、疫学、保健統計学、保健医療福祉行政論があります。

公衆衛生看護学

この科目は、公衆衛生の基礎的知識と保健師としての活動の考え方の理解度が問われる科目です。

ここでは、公衆衛生の知識、個人やグループへ健康指導するうえでの考え方、地域診断に基づく活動、
母子・高齢者・疾患がある人などの対象に応じた支援活動について出題されます。

この科目の出題は、非常に幅広いです。

疫学

公衆衛生活動の基礎として知っておくべき、疫学の理解度が問われる科目です。

この科目は、数字を使って実際に計算をする問題が出題されるのが通例です。
計算ができるように練習が必要でしょう。
この科目は、対策なしでは太刀打ちができないと思うので、疫学の基本的な考え方の習得は必須です。

保健統計学

この科目は、統計学に関する基礎的知識や保健分野の代表的な統計の知識が問われます。

この科目も以外と厄介です。
人口統計や代表的な統計の最新情報を暗記しておく必要があります。

知識問題が多いので知っているかどうかが、正答率を高めるコツです。

保健医療福祉行政論

この科目では、保健医療福祉分野における行政の知識について問われます。
この科目も知識問題が多いです。
暗記が勝負の科目と言えます。
63 件

関連するまとめ

准看護師になるために!〜准看護師試験について〜

准看護師になるために!〜准看護師試験について〜

| 2,294views
人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

人気上昇中!保健師になるには?メリットやなるための方法をお教えします!

| 2,582views
看護師になるにはどうしたらいい?〜免許取得までの道のり〜

看護師になるにはどうしたらいい?〜免許取得までの道のり〜

| 2,729views
知って得する!保健師資格が人気のワケ

知って得する!保健師資格が人気のワケ

| 2,233views
これで分かる!保健師の仕事って?

これで分かる!保健師の仕事って?

| 2,544views

このまとめのキーワード