infy [インフィ]

必要以上に悩まない!看護師の不安を軽くする考え方のヒント

必要以上に悩まない!看護師の不安を軽くする考え方のヒント

看護師の不安を出来る限り軽くするには、何をすればいいのでしょうか。

| 1,954views
お気に入り追加 0
ストレスがたまる職場の筆頭でもある病院。
看護師は、そんな職場の中で働き続けなければなりません。

日々の不安を解消するために、
考え方のヒントをお教えします。

医療関係以外の友人に話を聞いてもらう

仕事で何か悩みができた時は、
医療関係者ではない友人に
話を聞いてもらうといいかもしれません。

医療の世界は、とても狭くて閉鎖的です。
だからこそ、そのサークルの中で閉じこもって
不安を抱え続けていても、
問題が解決しないまま
堂々巡りしてしまうことがあります。

全く関係のない世界にいる人に
話を聞いてもらえば、
ビックリするようなことを
言ってもらえるかもしれません。

客観的に今の自分を見つめ直せばもしかしたら、
そこから問題解決の糸口が見つかるかもです。

いざとなったら転職という道もある!と考える

人間関係のもつれや、
労働環境が劣悪なことによる悩みを抱えている場合は、
頑張って現状に耐えなくてもいいんだ!
という考えを持つようにすると楽になります。

転職すれば、今の状況から抜け出すことができる。
そういう「抜け道」の存在を認識しておくだけで、
気持ちの持ちようは全く違うはずです。

実際に転職しないとしても、
「ずっと我慢し続けなくてもいい」
という心の余裕を持っていることは大事です。

他にも、あなたを必要としてくれる職場はあるはずですから。

自分を客観的に見るようにする

上司や後輩とうまく関係が育めない時は、
今の自分を客観的に見てみましょう。

自分の行動や考えを一つ一つ、
「周りの人が見たらどう思うか?」と
チェックしていくと、
案外自分が周りのことを考えずに
行動していたことが分かってきます。

なんでみんな私に厳しいんだろう?と落ちこむ前に、
周りの人の気持ちを考えて行動するようにすると、
きっと人間関係も少しずつ良くなってくるはずです。

そうすれば、自分のスキルも上がって
いろんな悩みがどんどん解決していくみたいですよ。
大きな責任を抱えて働かないといけない看護師。
考え方ひとつで、そのストレスは減らすことができるはずです。

明るく、看護師ライフを楽しみましょう!
11 件

関連するまとめ

小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

小児科の看護師は一般の看護師とどこが違う?魅力やなり方について解説

| 346views
夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

夜勤専従の看護師になりたい!夜に働くメリット・デメリット

| 444views
氏名が変わったら必要な看護師免許の変更手続きの方法と注意点

氏名が変わったら必要な看護師免許の変更手続きの方法と注意点

| 973views
無理なく続けることはできる?喘息のある看護師の働き方とは

無理なく続けることはできる?喘息のある看護師の働き方とは

| 1,022views
実際のところはどうなの?看護師の出戻りのメリットやデメリット

実際のところはどうなの?看護師の出戻りのメリットやデメリット

| 1,686views

このまとめのキーワード