infy [インフィ]

助産師を目指すには?〜学校選択のあれこれ〜

助産師を目指すには?〜学校選択のあれこれ〜

助産師になるためにはどういう方法があるのでしょうか。そして具体的な仕事内容はどういったものなのか、くわしく紹介していきます。

| 3,064views
お気に入り追加 0

助産師ってどんな人なの?

助産師とは

助産師はお産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げる、助産行為を行うことができる職業です。
しかし助産師の仕事は、それだけではありません。

妊娠や出産、出産後の育児に関して、総合的なサポートを行っていきます。
妊婦の体調管理やメンタルケア、家庭環境や育児の相談も行います。

また助産師の受験資格は、女性に限られているので、女性しかなることはできません。
妊娠、出産という女性にしかできない特有のことが多いので、男性が介入することは難しいようです。

診察を受ける妊婦側も、男性に診察されることに生理的に抵抗があります。

男性の産婦人科医師は存在していますが、男性医師でも内診など行う場合は、必ず女性スタッフが立ち会うことになっています。

そのため、男性助産師の場合、さらに女性スタッフをつけなくてはならない、などの人件費も問題もあります。

妊婦の繊細な感情や羞恥心から考えて、やはり女性が適役だと考えられています。

しかしアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの海外では、男性助産師が活躍しています。日本でも何度か男性助産師を作ろうという動きもあるので、今後日本でも法律が変わる可能性も考えられます。

助産師が働ける場所

助産師になると、大学病院や総合病院の産婦人科や、診療所、助産院、地域の保健センターで働くことができます。

仕事内容は場所により異なりますが、産婦人科や助産院では、お産介助がメインで、保健センターなどは検診や相談などがメインとなります。

働く場所の数としては、病院が一番多くなっています。

また助産師になると、独立して助産院を個人で開くことができます。
個人で助産院を開くと、定年はなくなるので、自分の意思でいつまでも仕事を続けることができます。

助産師の仕事内容とは

妊婦の健康管理

妊娠初期のつわりの対処法や、日常生活に対するアドバイス、精神的に不安な人には傾聴してアドバイスをしたりします。

また医師に代わって妊婦検診を行うこともあります。

出産の介助

スムーズな出産ができるように、介助をしていきます。
お産の進み具合や異常がないか、妊婦さんの話を聞きながら随時観察したり、モニター管理したりします。

またリラックスできる方法や、いきみ方の呼吸法をアドバイスします。
出産が近くなると、分娩準備をしたり、生まれた後は産後の変化がないか観察をしたりします。

助産師は正常な分娩の場合、医師の指示なく赤ちゃんを取り上げることができるので、助産院を開設している場合は、一人で赤ちゃんを取り上げたりもします。

産後の体調管理

産後の身体は、後陣痛や創部痛などのため、睡眠が十分にとれなかったり、乳児などのお世話によって疲労が蓄積しやすく、体調が崩れやすくなっています。そんな産後の体調管理を整えられるようにアドバイスを行っていきます。

また、産後はホルモンバランスの変化により、落ち込みやすくなったりします。産後うつなど、なっていないかなど、いち早く気づくことも大切になってきます。

母乳指導

産後母乳がきちんと出るように、マッサージの仕方や授乳の仕方、食事管理、赤ちゃんの抱き方などについて指導します。

また乳腺炎などのトラブルが起きないよう、早めの対処で悪化を防いだり、必要時には医師に報告し治療につなげたりします。

生活指導

赤ちゃんがいる生活になると、今までの生活とは全く違ったものになります。

授乳や夜泣きにより睡眠不足になったり、食事が十分にとれなくなっていないか。
もしなっていたら、睡眠不足を解消したり、上手に食事をとるアドバイスなど行っていきます。

助産師に求められるスキルとは

赤ちゃんが好きな人

助産師はその名の通り、お産を助けることが第一の目的にあるので、赤ちゃんが好きである人が好ましいです。

また妊婦は精神的に不安定にもなりやすいので、助産師がアドバイスをしたり話を聞くことも多いです。

相手の気持ちを聞く姿勢をもち、相手を思いやる気持ちがあり、コミュニケーションがとれる助産師が理想的です。

体力に自信がある人

お産は長時間に及ぶこともよくあります。
そのため、そのお産にずっと付き添う助産師も体力が必要になります。

病院や助産院では夜勤も存在し、時には一晩に何人ものお産の介助につくこともあります。
そのため体力に自信がある人が向いています。

日々知識を習得しようと思う人

近年日本は高齢出産が増加しています。そのためハイリスクな出産も多いです。
お産も今までの知識だけではなく、その後も継続して勉強し、技術を習得していくことが大切です。

助産師を目指すにはどうすればいいの?

専門的な知識を身につける必要がある

助産師になるためには、看護師としての知識だけでなく、さらに専門的な知識と技術が必要になります。

看護師学校でも、母性看護や小児看護を学びますが、それだけでは足りません。
より深い知識と技術を身に着けるために、学校で学ぶ必要があります。
47 件

関連するまとめ

看護師だからこその共感!看護師あるあるとは?

看護師だからこその共感!看護師あるあるとは?

| 6,383views
看護師よりも高い?!助産師の給料事情と体験談をご紹介!

看護師よりも高い?!助産師の給料事情と体験談をご紹介!

| 2,977views
看護師になるには?学校選択のあれこれ

看護師になるには?学校選択のあれこれ

| 3,600views
看護師になるには!~大学選択をした場合~

看護師になるには!~大学選択をした場合~

| 2,665views
看護師ってどんな職業?徹底分析します!

看護師ってどんな職業?徹底分析します!

| 2,886views

このまとめのキーワード