infy [インフィ]

患者様のご主人は数学博士でした『生きる希望が0%ではなく、0.1% でもあるならすぐにでも・・・』

患者様のご主人は数学博士でした『生きる希望が0%ではなく、0.1% でもあるならすぐにでも・・・』

「ありがとう。看護師と患者の物語」13話。癌剤治療を外来通院で行なっている50代女性の患者様。抗癌剤の副作用で、貧血は進み、着替えや移動も一人では困難な状況となっていました。しかし、外来で抗癌剤治療をする時間になっても患者様は来院しません。今日は治療難しそうだね、と主治医と話しをしていると、約束時間から1時間遅れて患者様はご主人と一緒にいらっしゃいました。

| 6,082views
お気に入り追加 0

抗癌剤治療を外来通院で行なっている50代女性の患者様。
抗癌剤の副作用で、貧血は進み、着替えや移動も一人では困難な状況となっていました。

しかし、外来で抗癌剤治療をする時間になっても患者様は来院しません。

今日は治療難しそうだね、と主治医と話しをしていると、約束時間から1時間遅れて患者様はご主人と一緒にいらっしゃいました。

正直これから検査をして抗癌剤治療をすることは時間的に余裕もないですし、安全な状況下での治療とは言えません。

翌週に治療を延期することも提案しましたが、

ご主人が
「ここまで連れてくるのに本当大変でした。遅刻をしたことは本当申し訳ない。
ただ、治療をやりたい一心で頑張って連れてきました」と。


一見ご主人の我ままにしか思えませんでした。


なので、主治医は
「時間も遅くなってしまったし今日は止めておきましょう」と言ったところ、


ご主人
「時間に遅れてしまったのは申し訳ない。しかし、今日やらないといつできるかわからない。
なんで先生はすぐに諦めてしまうんですか?手術だってそう!全部取らなかった!そうやって、妻の抗癌剤もここで諦めてしまうんですか!」


「僕は0.1%でも可能性があるならば諦めない、諦めきれない。
この後のことは僕が責任取るので、今日治療をやってください!お願いします。」


ご主人が言っていることは、医療者にとって、とても理不尽で病識が乏しいなと思う内容でした。

ただ、主治医は
「わかりました。
もしかしたら、このまま入院に鳴ってしまう可能性もあることをご理解くださいね。
そこまでの覚悟がおありなら今日治療をしましょう。」と。


これから治療をすると言うことは誰かが残業をしなくてはならず、しかも終了時刻は遅くなること必須です。私は主治医に文句を言いました。

主治医は
「ご主人は数学博士で、数字にはとても厳しいんだ。
0%でなければ、例え0.1%の確率でも可能性があるならば、それにかけたい。
それがご主人の性分なんだろうね。本当に大切な奥さんだからこそ、わずかな可能性があるならば諦めたくないんだろうね。」と。


私は
「こんな状態で治療をやったら、下手したらそのまま入院ですよ?
もう家に帰れなくなるかもしれないんですよ?」言いました。


主治医は
「それもわかってるんじゃないかな?
あのご主人は…何かあれば俺が責任取るから、ご主人の要望に応えてあげようよ…」
と諭されました。

案の定治療後、患者様は治療後起き上がることができなくなり、やむを得ずそのまま入院することになりました。

そのまま入院治療が続き、家に帰ることがないまま亡くなられました。
本当にあの時に治療を行なったことが良かったのか、もっと強く止めた方が良かったんじゃないかと思うことがあります。

ただ、患者様とご主人は病気に勝つ為に戦っていたんだと思います。
例え低い確率でも可能性がゼロでなければ、諦めない。

数学博士ならではの戦い方。
患者様の苦しい姿を見ると、多いにあるのが「これ以上苦しませないであげて、やってください」と家族は言います。

ですがこの家族にとってはこれが一つの愛情表現だったのかなと思うと、患者様は愛を感じながら最期を迎えたのかなと思いました。

イラストライター紹介

17 件

関連するまとめ

消息不明だった父と娘の最後の再会『ご・・め・・ん・・な・・あいこ』

消息不明だった父と娘の最後の再会『ご・・め・・ん・・な・・あいこ』

| 2views
最愛の娘にひと目会いたい・・・『最後に会いたいな~無理かな~ケンカして、叩いてしまったからな~』

最愛の娘にひと目会いたい・・・『最後に会いたいな~無理かな~ケンカして、叩いてしまったからな~』

| 5,234views
私の看護観の軸になった先輩の言葉『許してあげようね。それが看護師っ!』

私の看護観の軸になった先輩の言葉『許してあげようね。それが看護師っ!』

| 5,709views
脊髄損傷の患者さんと婚約者『あんたが好きだから一生支えたいって思ったから結婚して傍にいるって決めたの!』

脊髄損傷の患者さんと婚約者『あんたが好きだから一生支えたいって思ったから結婚して傍にいるって決めたの!』

| 6,123views
最後の食事『移植が成功し、免疫も安定したら思う存分食べましょうと約束していたけれど』

最後の食事『移植が成功し、免疫も安定したら思う存分食べましょうと約束していたけれど』

| 8,048views

このまとめのキーワード