infy [インフィ]

【看護師監修】新人看護師必見!新人ならではの悩みを解消させる考え方と1年目の過ごし方

【看護師監修】新人看護師必見!新人ならではの悩みを解消させる考え方と1年目の過ごし方

看護師メディアinfyと「看護師のしぶ子さん」のファーストコラボは、新人看護師に向けた記事を執筆しました。内容は「新人ならではの”悩み”を解消させる考え方」と「1年目の過ごし方」をご紹介しますので、悩める新人看護師さん是非ご覧下さい。

| 7,945views
お気に入り追加 1
“春” 新たな生活がスタートする季節が今年もやって来ました。

国家試験を終え、4月から晴れて看護師として働く人々の多くは、新生活への“期待”と、命の最前線で働く“不安”で、いっぱいの日々を送られているのではないでしょうか?

今回は、そんな新人看護師に向けた、「新人ならではの”悩み”を解消させる考え方」と「1年目の過ごし方」をご紹介したいと思います。

※本記事は、東京都が運営する都立病院の労働組合「東京都庁職員労働組合 病院支部」に所属する、現役の看護師が執筆しました。

新人看護師の“悩み”というテーマだったため、全体的に“辛い”・“厳しい”というネガティブな要素がふんだんに盛り込まれた記事となってしまいましたが、是非最後まで読んでいただき、今後の参考となれば幸いです。

【新人看護師が抱く悩み一覧をご紹介します】

新人看護師の多くが抱く”悩み”と、その悩みが生まれる”背景”。
そして、それぞれの“悩み”に対する解消法をまとめました。

≪実践が上手くいかなくて自己嫌悪に陥る≫

多くの新人看護師が悩むことの一つに「実践が上手くいかない」というものが挙げられます。

実は、看護業務のそれぞれの要素はそんなに難しいものではありません。
そんなことを言うと「えーそんなことない。採血も短点滴をしている人のベッドバスも、人工呼吸器のアラーム対応もどうしていいかわかんないし」という声が聞こえてきそうです。

確かに針先が血管を押してしまいなかなか血管に入らない高齢者の採血や、点滴や様々なデバイスが挿入された患者さんのベッドバスと更衣を行うには一定の技術と知識が必要です。

4月時点では採血も吸引もやることなすこと初めてなので、できないのはある意味当たり前です。そのため、病院ごとにしっかりと技術研修を行っています。

最初から何事も上手くできる看護師はいません。
失敗から改善を繰り返し、あなたの理想の看護師を目指しましょう。

≪人間関係が上手くいかない≫

新人看護師が抱える”悩み”の多くは職場内の人間関係になります。

どうもあの人とは上手くいかない。ということは仕事のみならず誰にでも経験があるかと思いますが、それがプリセプターだったら。考えるだけでも恐ろしいですよね。この人がプリセプターじゃなかったらもっとプレッシャーがなくできるのに。と思うことがあるかもしれません。

そして、新人さんが職場で関わるのはプリセプターだけではありません。先輩の中には言い方がきつい人や指導が厳しい人、なかには怖くて声もかけられないような人も。。。

そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

答え、割り切っていきましょう。

この先看護師として働いていく中で、勤める病棟の中には苦手な人が1人か2人いるかと思います。苦手な人とは、最低限の関わりにとどめて割り切っていくことが大切です。

そして淡々と働いていれば異動があり、苦手な人とは別々の病棟で働く機会が巡ってくるため、どんなにその時辛く、悩んでも、この先変わると信じて、目の前の看護業務に取り組んで行きましょう。

また、新人さんが苦手なタイプとして、「どうして?」「根拠は?」等、ことあるごとに質問をしてくる人がいます。でも新人さんを質問攻めにする人は、本当は自分がわかっていないケースが多いため、真に受け止めなくて大丈夫です。質問がわからなかったら「調べてきます」でOKです。

厳しい指導とパワハラは紙一重なところがあります。「パワハラ受けてる?」と思ったら同期や信頼できる先輩に相談しましょう。労働問題に詳しい笹山尚人弁護士の労働相談シリーズも参考になりますよ。
http://www.t-byoinsibu.jp/sasayama/consult/consult003.html

≪激務に疲弊してしまう≫

いかに若くても毎日のハードワーク。疲れはいつのまにか貯まっていき、なかなか疲れが取れないと悩む新人さんは毎年多くいます。

貯まった疲れをとるために「今度の休日はたくさん寝よう」と考える人も多いですが、寝ているだけという過ごし方あまりおすすめはできません。

看護師として働く中でため込んだ疲れは、身体の疲れであり精神的な疲れでもあります。これらを効果的に解消するためには寝ているだけでなく、できれば屋外で身体を動かすことがおすすめです。

「ジョギングとか苦手だし」「スポーツする相手がいないから」なんて思わないでください。近所を散歩するだけでもだいぶ違うと思います。休みの日には遅くても昼には起きて外に出て身体を動かしてみましょう。

≪希望する診療科に配属されなかった≫

希望する診療科に関しては、

「将来は救命に進みたいので循環器内科で働いてみたい」
「緩和ケアにすすみたいのでまずは外科病棟で働いてみたい」
など、将来のことを見据えながら提出する人や、なんとなく自分は内科向きかなと考えて提出する人もいるかと思います。

新人看護師の配属病棟の希望はよく考えて出すことをおすすめします。よく考えたうえで出した診療科の場合であれば多少つらいことがあっても、将来の目標にすすむための勉強だと思えば頑張れるかもしれません。

では、全く希望していない病棟に配属されたらどうしたらいいのでしょうか。

将来の目標は1年目で挫折?そんなことはありません。自分は内科向きとか外科向きとかいうのは、ある意味自分の可能性をふさぐことに繋がってしまいます。

自分は内科向きだと思っていても、本当は外科がもっと向いているかもしれません。また将来救命にすすみたいのに整形外科に配属になったなんて場合もあるでしょう。しかし、役に立たない経験なんてありません。3年後くらいには整形のエキスパートを目指そうと思っているあなたがいるかもしれません。

まず、3年間は看護の基礎を学ぶ期間と考え、希望する病棟に配属されなかった場合でも、新しい可能性が開けるかも!と切り替えていくと良いでしょう。

【新人看護師が知っておきたい1年目の心構えと過ごし方】

看護師として働く中で、最も辛いのは最初の1年目だと思います。
この1年を乗り越えるための心構えをご紹介します。
36 件

関連するまとめ

看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

| 1,416views
「看護師の働きやすい職場。働きにくい職場は長続きしない!その条件とは?」

「看護師の働きやすい職場。働きにくい職場は長続きしない!その条件とは?」

| 2,452views
【看護師監修】しぶ子が解決!看護学生が抱える実習の悩み!

【看護師監修】しぶ子が解決!看護学生が抱える実習の悩み!

| 5,402views
もう辞めたい!新人看護師の苦悩とは?

もう辞めたい!新人看護師の苦悩とは?

| 2,223views
「看護師のそれぞれのお悩みまとめ あなたの悩みもきっとある?」

「看護師のそれぞれのお悩みまとめ あなたの悩みもきっとある?」

| 3,826views

このまとめのキーワード