infy [インフィ]

「SNSってやっぱり怖い」SNSで失敗した看護師の本音

「SNSってやっぱり怖い」SNSで失敗した看護師の本音

多くの人が経験したことがあるものの、失敗談も同じくらいあるのがSNSです。

| 5,372views
お気に入り追加 0
SNSは使い方を間違うと職や信頼を
失うことにもなりかねないツールです。
特に多くの人と関わることのある看護師という仕事では、
慎重に扱うことが重要だといえるでしょう。

実名登録で院内のことを書くリスク

SNSの中でもフェイスブックやインスタグラムは
本名でやっているとい人も多いでしょう。
ついつい院内での人間関係や愚痴、ストレスなどを
うっかり書き込んでしまうという失敗談も少なくありません。

しかし、本名で書くことで患者さんや同僚、
上司などに気づかれてしまうリスクが
ぐっと上がるということを忘れてはいけません。

SNSは鍵を掛けていない限り、
世界中のだれもが見ることのできる場所なのです。
また、鍵をかけていたり公開範囲を友達限定にしていても、
その中の誰かが上司に話していたという
恐怖体験を経験した人も。

他人に聞かせたくない内容に関しては
記載しないように心がけましょう。

地域情報や病院の規模などからバレることも

Twitterなどでは、本名ではなくとも
本名を推測できるニックネームで登録している
というケースがあります。

本名じゃないから分からないだろう、
と油断して病院の規模や勤務しているか、
通勤している電車や通勤路、
夜勤か日勤かなどの情報を
細かく記載しないように気を付けなければいけません。

年代や写り込んだ持ち物、
手などから個人を特定されてしまうケースもあります

患者さんの個人情報は絶対に漏らさない

先ほども記載した通り、鍵を掛けていたり
友達限定にしていたとしても、絶対に
書いてはいけないのが患者さんの個人情報です。

看護師は病気に関することだけでなく、
名前や住所、年齢、家族構成に至るまで
様々なことを知ることができてしまいます。

あまりにも自然に患者さんの個人情報を
知ることができてしまうため、
それが重要な情報であるという
自覚がないケースも少なくありません。

自分が把握している情報が患者さんの
重要なプライバシーであることを
忘れないようにしましょう。
SNSというのは不特定多数の人が見るものです。
一度投稿してしまうと、消したとしても
誰かがスクリーンショットやアーカイブなどに
取っていて拡散されてしまうというケースも。

慎重に付き合っていきましょう。
11 件

関連するまとめ

仕事の息抜きにぴったり・・・看護師なら1度は体験する超常現象

仕事の息抜きにぴったり・・・看護師なら1度は体験する超常現象

| 9,946views
先輩からの業務報告以外のLINEってどうやって返すべき?!

先輩からの業務報告以外のLINEってどうやって返すべき?!

| 3,062views
知らないと大変!看護師のSNS活用で気をつけること

知らないと大変!看護師のSNS活用で気をつけること

| 6,322views
参考書よりもわかり易い!?!?≪インスタ≫が看護の勉強に役立つ!!

参考書よりもわかり易い!?!?≪インスタ≫が看護の勉強に役立つ!!

| 30,473views
【ほんこわ】夜の病棟で起こった怖い体験5選

【ほんこわ】夜の病棟で起こった怖い体験5選

| 3,425views

このまとめのキーワード