infy [インフィ]

新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

新人だけじゃない!看護師業務でレポートを書く機会や作成のコツ

看護師がレポートを作成する必要がある場面や、 レポート作成のコツを説明します。

| 3,682views
お気に入り追加 0
新人看護師は、業務の合間に
多くのレポートを作成する必要があります。
また、勉強会や論文発表の場などで
レポートを作成することもあります。

文章が苦手な人にもすぐできる
レポート作成のコツをご紹介します。

レポートを書く機会が多い新人看護師

看護師がレポートを書く機会が多いのは新人時代です。

入職して2年間ほどは、
疾患や解剖生理、フィジカルアセスメントといった
患者の様子をレポートにまとめるという仕事があります。

また、自身の看護観や経験の振り返り、
看護展開や看護計画といった
看護師としての考えや将来像について
レポート提出を求められることもあります。

レポートを作成する目的

看護師としての日々の業務をこなしながら
レポートを作成するのは大変なことです。
なぜ、看護師にレポート作成が必要なのでしょうか。

まず、レポートを作成することで、
自分の知識や経験を整理することができます。
看護に必要な知識を理解できているか、
業務で実践していることが身についているかを知ることは
安全なケアを行うために必要なことです。

さらに、文章能力を高めることや、自己を振り返り、
自身の看護観を深めるためにも役立ちます。

新人でなくても勉強会や発表でレポートを書くこともある

「新人期間を過ぎればもうレポートを作成しなくてもいい」

そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

病院によっては、看護師が最新の医療を学ぶために
定期的に勉強会を開催するところがあります。
また、看護師が論文発表や研究発表を行う機会を
設けているところもあります。

勉強会などがなくても、
担当患者についてレポート提出を求められることもあるので、
すべての看護師にレポート作成の機会があるといます。

文章が苦手でも大丈夫!レポート作成のコツ

レポートを作成するときにまず考えることが、
「何を伝えるために書くのか」です。

レポートのテーマや記述するべき内容を吟味し、
自分が何を伝えたいのか、主張したいのかを考えます。

書くことがまとまったら、
「導入文」「本文」「まとめ」の順に書いていきます。

「導入文」は、レポートの目的など、
全体の構成が大まかに理解できる内容にします。

「本文」は、起こった出来事やそれにどう対処したか、
問題の要因や解決方法は何かなど、
事実とそれに対する自分の行動や考察などを記述します。

最後の「まとめ」には、
テーマに対する自分の学びや今後の課題などを記述し、結論づけます。

レポート作成にあたっては、データの裏付けがない主観は避け、
自分の意見を書くときも小説のような文体にならないように注意しましょう。
文章が苦手な看護師にとって、レポート作成は苦痛なものかもしれません。
しかし、レポートを作成することで、
自身の知識や経験を整理し、振り返ることは
よりよい看護を実現するために大切なことです。
14 件

関連するまとめ

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

| 251views
2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

| 352views
何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

| 588views
働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

| 936views
子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

| 986views

このまとめのキーワード