infy [インフィ]

白髪の原因はストレス⁈若い人もなるの?原因や対処法まで一挙ご紹介

白髪の原因はストレス⁈若い人もなるの?原因や対処法まで一挙ご紹介

今回の記事ではストレスと白髪の関係性を中心に、白髪が生える原因とその対策をご紹介していきたいと思います。意外な理由で白髪が生えている場合もあるので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。

| 1,669views
お気に入り追加 0
ある日突然「白髪が生えてるよ!」と言われて、驚いた経験があるという人はいませんか?
年齢が高ければともかく、まだ若いうちに生える白髪はかなりショックが大きいですよね。

もしかしたらそれはストレスによるものかもしれません。
今回の記事ではストレスと白髪の関係性を中心に、白髪が生える原因とその対策をご紹介していきたいと思います。

意外な理由で白髪が生えている場合もあるので、ぜひ参考にして頂きたいと思います。
まず始めに、ストレスと白髪の因果関係を見ていきましょう。

【そもそもなぜ白髪は生えるのか?】

≪白髪のできるメカニズム≫

そもそもなぜ白髪は生えてくるのでしょうか。
白髪が生えるメカニズムについてはまだ研究段階なので、はっきりと全てが解明されているわけではありません。

今の段階で解明されているのは、「色素自体が少なくなることによる白髪」や「色素が髪の毛まで運ばれないことによる白髪」です。

≪白髪は老化や生活習慣、ストレスが原因≫

白髪にはメラノサイト細胞という細胞が関係しています。
メラノサイトというのは、肌の色や瞳の色、髪の色を決めるメラニンという色素を作る細胞です。

髪の毛の毛根部にはメラノサイトがあって、その細胞で作られた色素が髪の色を決めています。
その細胞のはたらきには食事や睡眠やストレスが影響しているため、生活習慣が原因で白髪が生えるということもあり得ます。

また年齢が高くなるにつれてメラノサイトの働きが悪くなりメラニン色素が作られにくくなるので、白髪が生えるというわけです。
では、なぜメラノサイトの働きが悪くなってしまうのでしょうか。

≪血流の滞り≫

老化やストレスが原因でおこることのひとつに、血流の滞りがあります。
血流が悪くなってしまうと、頭皮への血流も減ってしまいます。
血液の中には、メラノサイトが正常に働くために大切な物質が含まれています。
そのため、メラノサイトの働きが悪くなり白髪が増えてしまいます。

≪水分や栄養分、酵素の不足≫

血流が悪くなってしまうと、血液に含まれている水分や栄養分がうまく頭皮にいきわたらなくなってしまいます。
また、メラノサイトでメラニン色素をつくるためには酵素が必要なのですが、その酵素をつくるためのミネラルなどが届かなくなります。
すると酵素も不足して、メラニンが作られなくなるため白髪になってしまうというわけです。

【ストレスと白髪の因果関係は?】

≪ずばりストレスは白髪の原因となる≫

「ストレスで白髪が増える」という噂を聞いたことはありませんか?
迷信だと主張する人もいるとは思いますが、ずばりストレスは白髪の原因になります。

その理由としては、髪の色素が作られる細胞がストレスに弱いということが挙げられます。
ストレスが増えれば増えるほど、色素が作られなくなるので白髪になるというわけです。

≪一晩で白髪になるって本当?≫

「一晩で黒髮が白髪になる」という説はよく聞きますが、これは本当なのでしょうか?
率直にいうと、答えはNOです。

たとえ大きなショックを受けたとしても、一晩で白髪になるということは、まずあり得ません。

それではなぜこのような説が流れているのかというと、フランスの王妃マリーアントワネットの逸話が関係しているみたいです。

「マリーアントワネットは処刑されるショックで一夜にして白髪になった」という逸話なのですが、これは迷信です。

そもそも白髪というのは生える前から白いはずです。
すでに生えている髪の毛の色が変わるということはないので、まずあり得ないでしょう。

【どうしてストレスが白髪の原因になる?】

メラノサイトがストレスに弱いということはすでにお話しました。
それでは、ストレスがどのようにして白髪の原因になるのかを詳しくみていきましょう。

≪心理的ストレスにより交感神経の働きが過多となる≫

ストレスが生じたとき、どんな感じがするでしょうか?
緊張する、汗をかく、ドキドキする…そう、それは交感神経の働きが強くなるから。
人の体はストレスがかかると、自分の身を守るために戦闘状態に入ってしまうのです。

≪身体を休める働きがうまく発揮されなくなる≫

交感神経が過多になって戦闘状態になっているとき、リラックスしたり休んだりしているときに働く副交感神経は働かなくなってしまっています。
そのため、身体を休めることがうまくできなくなってしまうのです。

≪それにより活性酸素による酸化の修復が追い付かなくなる≫

このような状態が続いてしまったとき、体の中では活性酸素が発生します。
活性酸素を除去するため、そして抗ストレスホルモンを作るためにはビタミンCが必要です。

ビタミンCは体内では作れないため、食事などからとったものが利用されるのですが、ストレス状態が長引いてしまうと、酸化の修復がおいつかなくなってしまうのです。

≪毛髪の細胞への栄養補給が後回しになる≫

75 件

関連するまとめ

恋がしたい!恋難民が増殖中?原因と引き寄せの方法

恋がしたい!恋難民が増殖中?原因と引き寄せの方法

| 2,192views
あなたの今の恋愛は大丈夫?恋は盲目になってしまう原因

あなたの今の恋愛は大丈夫?恋は盲目になってしまう原因

| 2,070views
美人なのにモテない?残念美人の真相に迫る!!

美人なのにモテない?残念美人の真相に迫る!!

| 1,874views
あなたはどのタイプ?暴飲暴食のタイプ別対処法

あなたはどのタイプ?暴飲暴食のタイプ別対処法

| 1,268views
「ストレスで白髪が!」と思っても絶対にやってはいけない行動3選

「ストレスで白髪が!」と思っても絶対にやってはいけない行動3選

| 1,070views

このまとめのキーワード