infy [インフィ]

「看護師の一人暮らし。看護師だからこそ気をつけたいポイントがあるってホント?」

「看護師の一人暮らし。看護師だからこそ気をつけたいポイントがあるってホント?」

看護師の一人暮らしのお金の相場や、初期費用など詳しくお伝えします♪一人暮らしを始めることを考えている人が知りたいメリットやデメリットも併せてご紹介しています。一人暮らしを始める予定の看護師の方はぜひ読んでみてくださいね。

| 2,396views
お気に入り追加 0

【看護師の一人暮らし、その際必要なお金はいくら?】

一人暮らしをする看護師のお金の相場についてお伝えします♪

≪家賃の相場は?≫

20代で一人暮らしをしている平均的な家賃は5~6万円となっています。
看護師の一人暮らしの中には寮に住むという選択もあるので、寮の場合は月に2~3万円前後で済むことも多いです。
寮は病院から近いですし、光熱費も込みで2~3万円で済むのでお財布には取っても嬉しいですよね♪

ただし、寮には入居期限が設けられていることがあるので、その場合は5年で退去しなければならないこともあります。
期限が設けられているのであれば、退去する時のことを考えて、計画的に貯金する必要があるでしょう。

≪一人暮らしをはじめる際に必要な初期費用とは?≫

一人暮らしが初めての方は、なかなか初期費用について考える機会がないのではないでしょうか。
入居して初めに支払う家賃以外にも敷金・礼金・管理費や共益費・賃貸保証料・清掃料・火災保険料など必要になります。

そして、実家から一人暮らしの場所まで荷物を異動する場合は、引っ越し費用も必要になります。
実家からベッドや冷蔵庫など大きな家具・家電を移動する場合は引っ越し業者に頼む必要があります。
特に3月4月は引っ越しシーズンなので引っ越しする費用が割高になります。

≪必ず支払わなければならない光熱費はいくらかかる?≫

生活する上でかならずお金がかかってしまう電気代、ガス代、水道代は合計で1万円前後の場合が多いです。
水道代金は蛇口のお水を出しっぱなしにしていたり、お風呂の追い炊きが習慣になっていたりすれば値段が変わってきますがおよそ3千円程度で済みます。
ガス代は3千円~4千円前後が基本です。毎日自炊してもこの値段なので、季節によって高くなることはありません。
電気代はエアコンの使用の有無によって毎月大きく変動するのが特徴です。
エアコンを使用しないシーズンは3千円ですが、夏は6~7千円前後と高めです。
設定温度を調節することや使用する時間を短くするなどして工夫をしましょう。

≪いくらかかるかは人それぞれ!個人差のある出費とは?≫

教養、娯楽、美容などの費用については毎月かかる金額は人それぞれです。
美容にお金を掛けたいと思っている女性や、洋服にお金を費やす女性もいます。
毎月1~2万円前後が多いようですが、もっとお金をかけている女性もいるでしょう。
お金は計画的に使って将来のために貯蓄を意識することも大切です。

≪意外と侮れない交際費とは?≫

飲み会や食事会、忘年会や歓迎会など急に予定が出来てしまうことがあります。
社会人であれば付き合いもあるので、出席することが求められます。
季節によっても交際費が多く、必要な時と必要でない時が分かれています。
急な予定にも対応できるように交際費用にお金を残しておくことが大切でしょう。
71 件

関連するまとめ

寮生活とどっちがいいの?看護師の一人暮らしのメリットとデメリット

寮生活とどっちがいいの?看護師の一人暮らしのメリットとデメリット

| 4,334views
管理が大変!一人暮らしの看護師が気をつけたいこと

管理が大変!一人暮らしの看護師が気をつけたいこと

| 1,035views
東京で一人暮らし!多忙な看護師が心がけておくべきこと3つ

東京で一人暮らし!多忙な看護師が心がけておくべきこと3つ

| 2,506views
ここが大変! 看護師の一人暮らしで気を付けたいこと3つ

ここが大変! 看護師の一人暮らしで気を付けたいこと3つ

| 3,890views
8話。『連絡先』

8話。『連絡先』

| 7,689views

このまとめのキーワード