infy [インフィ]

子ども好きで入ったつもりが…小児科ナースを襲う苦悩とは?

子ども好きで入ったつもりが…小児科ナースを襲う苦悩とは?

業務の大変さ、ストレスなど小児科ナースが抱えやすい苦悩を取り上げています。

| 1,400views
お気に入り追加 1
「働くなら、可愛い子ども達のお世話ができる小児科がいい!」
でも、いざ小児科へ配属されてみると、
思いのほか業務が大変でショックを受けたことはありませんか。
そんな小児科ナースの苦悩の声を拾ってみました。

仕事の量が多くて大変…

診察1|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

小児科は、意外と仕事の量が多い上に処理に時間がかかる職場です。
また当然ながら子どもは心身が未熟なため、
小児科ナースには患者に対するきめ細かなケアやフォローも要求されます。

さらに子どもの扱いは成人患者のように思い通りにいかないので、
仕事のペースを乱されてストレスを感じる小児科ナースも多いようです。

「子どもが好き」というだけで配属を希望すると、
理想と現実の違いに苦悩してしまうことにもなりかねません。

親御さんの対応にもすごく気を使う…

白衣の女性92|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

患者となるお子さんだけでなくその保護者にも
細かい気配りをしなければならないのが、小児科ナースの苦悩。
指示通りに従ってくれない、すぐにクレームをつけてくる…
など理不尽な両親、祖父母もけっこう多いのです。
臨機応変な対応で頑張る小児科ナースは日々、精神的なストレスが倍増しています。
やはりどこも、そうだと思いますが小児科は患児さん+親御さん=患者さんの複雑科と別名があるくらいです。

採血や点滴が難しくて怖い!

注射器/病院/医療|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

多くの小児科ナースを苦悩させているのが、乳幼児の採血や点滴。
成人患者と違って、ルート確保が難しい上にお子さんが
動いたり泣き叫んだりすることもあるので、
1回で針が刺さらないことも少なくありません。

現場によっては医師に替わって小児科ナースが採血をしなければならないので、
「採血の達人」に憧れながら注射器と格闘する日々を送っているのです。
血管に入った!と思っても、必要量が採れず、刺し直しになることがとても多くて、患者さんにも申し訳ないし、落ち込んでしまいます。
忙しくてストレスも多い小児科の現場。
でも子どもの可愛い笑顔を見るとそんな苦労も吹き飛んでしまうはず。
持ち前の責任感と前向きな姿勢で日々の業務をこなしていきましょう!
14 件

このまとめのキーワード