infy [インフィ]

訴訟を起こされてからでは遅い!看護師が医療事故を防ぐ方法

訴訟を起こされてからでは遅い!看護師が医療事故を防ぐ方法

訴訟を起こされないために看護師が未然に医療事故を防ぐ方法をご紹介します。

| 3,766views
お気に入り追加 0
人間の行う看護現場では事故はつきものですよね。
しかし、訴訟を起こされるような大きな医療事故
は未然に防がなくてはいけないでしょう。

ここでは、医療事故を未然に防ぐ方法をご紹介します。

疲労は大敵!睡眠をしっかりとる

医療事故は、睡眠がとれていない夜間帯に
起こる可能性が高いようです。
当然夜勤前には仮眠をとる看護師がほとんどですが、
しっかり、疲れがとれるように睡眠の質をあげることも大切。
夜勤前には無理をせず、きちんと疲れが
とれるような自分なりの対策を行っておきましょう。

過酷な労働条件の下で夜勤をしている看護師は異動する
ことも1つの手段みたいです。
過労が蓄積されていると感じたら視野に入れてみてくださいね。

夜勤前には、外出を控えて、ゆっくりお風呂に入って
早めに仮眠をとるなどできれば疲れも溜まりにくく
なるようですよ。

確認は大丈夫!?確認することが大切

医療事故を未然に防ぐためには、どんなに簡単な
仕事においても、しっかり複数人でチェックする
体制も大事みたいです。

確認をしっかり行い、自信のない業務は他の看護師に
手伝ってもらいましょう。

口頭でも大きな声で何度も確認をすることを忘れないでくださいね。
指示が間違っていた場合には、他の看護師が
間違いに気がついてくれることもあるようです。
声を出すことをお忘れなく。

薬や医術の勉強をして未然に防ごう

医療ミスは看護師だけのミスとは限りません。
上司の看護師や、医師の指示ミスも事故に
繋がるケースはあるみたい。

指示のミスに自分で気がつけると未然に事故を
防げる可能性もあるでしょう。

そのためにも薬に関する知識や、医術に関する
知識について、自分が触れる範囲のことは学んでおくといいですよね。
指示ミスに気がつけることでしょう。
訴訟に発展することを未然に
防げるのではないでしょうか。

もしもに備えて!保険制度も学んでおこう

未然に医療事故を防げることが理想ですが、
人間のやることです。ミスを100%防ぐことは
難しいかもしれませんね。

もしもに備えて、医療事故に適用できる保険に
ついても学んでおくと良いようです。
「看護職賠償責任保険」という保険があるので、
加入しておくと安心みたい。
患者さんの物や院内備品を壊してしまった場合の保証や、
事故が起こった際の調査費用、裁判費用、弁護士費用などを
保証するためのもの。
一度詳しく調べておくといいかもしれませんね。
訴訟が起こってからでは遅いのが医療事故。
看護師は訴訟が起こる前に未然に防ぐ対策を
しっかり実践しておけるといいですよね。

自分だけでも気をつけておきたいポイントを
抑えて今すぐ実践してみてくださいね。
14 件

関連するまとめ

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

| 247views
2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

| 348views
何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

| 584views
働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

働きながらでも看護師になれる?WOCナースの仕事内容をチェック

| 932views
子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

子ども好き看護師必見!保育園看護師の仕事内容&お給料事情とは?

| 982views

このまとめのキーワード