infy [インフィ]

すでに働いている看護師が ””無理せず”” 助産師の資格を取る方法って?

すでに働いている看護師が ””無理せず”” 助産師の資格を取る方法って?

看護師として働きながら助産師を目指す方も多いですよね。しかし、それにはある程度まとまったお金と時間が必要で・・・

| 5,212views
お気に入り追加 0
仕事を知りたいなら「おしごと百科」

産科に配属された看護師が、お産に立ち会うことで助産師を目指すケースは非常に多いですよね。

助産師は看護師と違って医師の指示がなくても助産行為ができるため(正常分娩に限り)、看護師よりもお産の”現場”に直接関われることが特長。助産師になると看護師特有の異動がなくなって長年産婦人科でキャリアを積むことができるのも魅力的です。

さて、看護師とはまた別の専門性のある助産師。すでに病院で働いている人が資格を取るにはどのような方法があるのでしょうか?

助産師の資格を新たに取るには・・・

通学が必要!

通学が必要!

ということは、仕事は・・・
看護師が新たに助産師の資格を取るためには、助産師養成学校や大学・大学院で1年以上にわたり学び、そこで所定の単位を取って助産師国家試験に合格して初めて「助産師」になれるのです。


そこで問題になってくるのが、”働きながら通学”できるのか?ということ。


正直、看護師として働きながら学校に通うのは不可能です。常勤看護師が全日制の学校に通おうなんて瞬間移動技を使っても無理。収入がなくなるのは不安ですけどね。

ちなみに助産師養成学校の平均的な倍率は3倍以上。なかには10倍を超える難関校もあります。入学するだけでもかなりの受験勉強が必要だなんて・・・!
気になるのがお金の話

気になるのがお金の話

とりあえず100万くらい貯めとく?

・・・貯まらねえ!!!!
助産師養成学校の費用に関しては非常に気になるところですが、以下の料金がかかります。

入学検定料 20,000円~30,000円程度
入学金 200,000円~300,000円程度
授業料 月々60,000円(年間約720,000円)
実習費用 年額200,000円程度
設備費用 年額200,000円程度
教科書代 100,000円程度
分娩衣 20,000円程度

合計すると、約1,570,000円の費用が掛かることがわかります。
ちなみに専門看護師・認定看護師もこれと同額程度は掛かるみたいです。
キャリアアップにはお金がかかるのね・・・
若いうちに資格を取っておきたいところですが、経済面や自身の看護師としての働きっぷりに不安があるうちは新しいことを始めても失敗するリスクが高いです。

思い立ってすぐに学校探しを始めるのも良いですが、まずは働きながらお金を貯めつつ自主学習で入学試験に備えたほうが入学後の負担も多少は減るかもしれません。


もちろん、病院や配属先によっては助産師資格支援制度を利用できる職場もあります。この制度があるのとないのとでは天と地ほどの差があるので、使えるなら積極的に利用したいところです。

病院の”助産師資格支援制度”を利用したい!条件は?

うちの職場はあるのかな?

うちの職場はあるのかな?

そうだ。師長さんにきいてみよう!
働きながら助産師の資格を取るのは困難だということはおわかりいただけたと思いますが、だからといって諦めるのはまだ早い!

病院によっては助産師を目指す看護師を支援する制度があるところもあります。

例えば・・・

某大学病院
 支援内容:助産師養成学校に通っている期間を”出張”とし、毎月の給料(基本給)を支払う
   条件:同病院で数年間勤務している人・卒業後も継続して働くこと

某総合病院
 支援内容:月々10万円の奨学金(無利子)・休職制度
   条件:卒業後も継続して働くこと(通学期間の5倍連続勤務すれば奨学金返済免除)

某産婦人科、専門病院
 支援内容:病院が経営している助産師養成学校への推薦
   条件:同病院で2年以上の勤務経験がある人・卒業後も同病院で2年以上勤務すること・入学が決まってからの辞退不可


これはほんの一例に過ぎないので、自分の勤務先に直接問い合わせましょう。師長さんに話をつける段階で支援制度についても訊いておくとスムーズに進むはずです。

「資格を取る」と決めた瞬間から動こう!

夢に向かって突き進む

夢に向かって突き進む

そのためには勉強に仕事に健康に・・・!
助産師に限らず資格というものは、思い立ってすぐ取得できるものではありません。

下手したら通学期間よりも事前準備の方が時間がかかるかもしれません。

それでも「助産師になりたい!」という強い思いがあればキツい節約もツラい通学もおびただしいほどの勉強量も乗り越えられるはずです。資格を取ろうと思ったら、その瞬間から資格取得までの日数を逆算して長期計画を立てることをおすすめします。

あとはオーバーワークで体調を壊すことのないように、ほどよくリフレッシュしましょうね。


あなたの夢、応援しています!
14 件

関連するまとめ

看護師のキャリアプランを考える!!

看護師のキャリアプランを考える!!

| 2,488views
キャリアアップしよう!循環器専門ナース資格を取得するためのポイントとは?

キャリアアップしよう!循環器専門ナース資格を取得するためのポイントとは?

| 786views
【訪問看護のキャリア】スタッフから管理者、そしてその先へ。

【訪問看護のキャリア】スタッフから管理者、そしてその先へ。

| 3,473views
大学病院に転職したい!必要な経験、スキルは・・・?

大学病院に転職したい!必要な経験、スキルは・・・?

| 987views
日本人口のわずか7%しかいない!笑顔で人を救う笑い療法士とは?

日本人口のわずか7%しかいない!笑顔で人を救う笑い療法士とは?

| 646views

このまとめのキーワード