infy [インフィ]

これを見れば丸わかり!看護師の全て!

これを見れば丸わかり!看護師の全て!

誰もが知っている看護師。看護師と言われると「給料が高い!」「白衣の天使」などというイメージがわくのではないでしょうか?しかし、実際のところどんな場所で働けるのか、どんな仕事内容かなど知らないことが意外とあります。そこで今回は看護師について詳しく調べたので紹介します。

| 1,224views
お気に入り追加 1

看護師とは?

以前は女性を「看護婦」、男性を「看護士」と呼んでいましたが、2001年に保健婦助産婦看護婦法から保健師助産師看護師法に改正されたのに伴って、2002年からは男女ともに「看護師」と統一されて呼ばれるようになりました。

では看護師とはどんな職業でどんな場所で働いているのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。。

看護師と准看護師

看護師には、「看護師」と「准看護師」の2種類が存在していることをご存知ですか?

看護師は厚生労働省が所管する医療系の国家資格で「療養上の世話、または診療の補助を行う」となっています。
准看護師は都道府県が発行する資格を持ち、「医師や看護師の指示に従い療養上のお世話や診療の補助を行う」となっており、准看護師は国家免許でないこと、医師はもちろん、正看護師の指示を受けなければ業務が行えないことになっています。

しかし、実際の現場では看護師と准看護師はほぼ同じような仕事内容で明確な業務の違いがないのが現状ですが、給与や昇給などの待遇面においては看護師と准看護師の間で明確な差がでてくるようです。

看護師という職業

看護師は自分の判断だけで補助をしたり、看護を行うことはできません。
必ず医師の診察や指示に従って、患者の診察を補助したり、患者が入院生活を過ごしやすくなるように日常生活の援助や看護を行います。

例えば、問診や各種検査、食事やトイレの補助・入浴の介助、点滴や注射を打ったり巡回を行い、患者さんに異常はないかなど症状を把握しながら医師に連絡を行ったりします。

その他にも、看護師は患者と接する時間が長いので健康管理や療養生活の相談に乗って心のケアを行ったり、ときには患者の家族への対応を行ったりするなど、いち早く患者の異常に気が付くことができるのでとても重要な役割を担っています。

看護師の働く場所

病院以外で看護師の働ける場所が実はたくさんあることを知ってますか?

病院で働いていると夜勤もあるし、責任が重いので体力的にも精神的にもきついのが現状です。
でも辞めてしまうのは勿体ないですよね。では看護師の資格を生かしながら活躍できる場所を紹介します。

①産業看護師(企業看護師)

産業看護師の勤め先は一般企業になります。
最大のメリットはワークバランスが取りやすい事です。

例えば、病院勤めであれば夜勤があったり土日祝日も出勤しなければいけませんが、産業看護師の出勤時間は9時から18時までの実働8時間が一般的で休日は暦通りになります。
そのため産業看護師になれば夜勤がなく土日祝日に休むことができます。

②老人ホームなどの介護福祉施設

少子高齢化に伴い今後、老人ホームの需要も大きくなると予想されています。
老人ホームで看護師として働く場合、医師が常駐していない限り医療行為を行うことはありません。
仕事のペースも病院に比べてゆっくりなため、一人ひとりの施設の利用者さんと向き合うことができます。
また、夜勤がなく残業が少ないため体力的にも精神的にも辛いということはほとんどありません。
67 件

関連するまとめ

『看護師×占い』看護師の人間関係の悩みに1つのアドバイスを。

『看護師×占い』看護師の人間関係の悩みに1つのアドバイスを。

| 1,776views
転職前に!看護師の職務経歴書の書き方と注意点

転職前に!看護師の職務経歴書の書き方と注意点

| 2,539views
人間関係が面倒くさい。看護師の職場の悩みとは

人間関係が面倒くさい。看護師の職場の悩みとは

| 3,169views
『看護師の占い体験談』看護師の仕事の悩みは吐き出してこそ、前を向ける。

『看護師の占い体験談』看護師の仕事の悩みは吐き出してこそ、前を向ける。

| 2,301views
看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

看護師にとって楽しい職場ってあるの?現状の不満から対処法まで

| 2,200views

このまとめのキーワード