infy [インフィ]

年代別!看護師の平均貯金額と、目標にすべき貯蓄額

年代別!看護師の平均貯金額と、目標にすべき貯蓄額

20代女性看護師の貯蓄額について目安となる金額と貯金を始めるきっかけをご紹介します。

| 2,441views
お気に入り追加 0
貯蓄はなかなかできないもの。
一方、意外な人が実はたくさん貯めていたといったこともよくある話です。
統計による貯蓄額から貯金について少し考えてみましょう。

それぞれの事情によって異なる貯蓄額、何か目安は?

看護師の貯蓄額を見るまえに、一般のOLの平均年収と
平均貯蓄額を見てみましょう。

女性 20代前半 → 年収233万円
女性 20代後半 → 年収306万円
(出典:国税庁「平成27年民間給与実態統計調査」)

女性 30歳未満 → 貯蓄額122万円
※単身世帯のうち勤労者世帯
(出典:総務省「平成26年全国消費実態調査」)

これに対し、看護師の平均年収は、

看護師(女性 20代前半)→ 年収385万円
看護師(女性 20代後半)→ 年収452万円
(出典:厚生労働省「平成28年度賃金構造基本統計調査」)

看護師の平均年収は一般のOLと比較して100万円以上高額です。
上の金額をもとに、20代の看護師が一般のOLの年収に対して
同じ割合の貯蓄をしていると仮定すと、
その額は約190万円になります。

激務の看護師、お金はやっぱり使いたくなる?

一概に20代の看護師といっても、働き始めの20代最初のころと、
中堅の域に達する30代手前ではお給料の額も大きく異なりますし、
年数が長いほど貯蓄額も大きくなるので、
金額の大きさは
「毎月いくら貯金するか」×「貯金を始めてから何年たったか」
ということになります。

ところが、お給料から毎月ちゃんと一定の金額を貯金する
というのがなかなかできないことなんですよね。
お給料が高いといっても看護師の仕事は激務。
日々の生活のめんどくさい部分を余裕のあるお金で
解決したくなる気持ちや、
パッとストレス解消にお金を使いたくなる気持ちは
誰でもあると思います。

では、どうしたらちゃんと貯金ができるようになるのでしょうか。

自動積み立てや財形貯蓄など、最初は強制的に貯金をしてみる

お金の問題は、すべて「入る金額」と「出る金額」に分解できます。
金額というのは数字です。数字はごまかしようがありません。

仮に借金の返済があるとすれば、
そのぶんは必ずお給料から差し引いておくはずです。
同じように、貯金をするということの
必要性をどれだけ感じているかによって
貯金できるかどうかが決まります。

貯金は目標と計画を持って収入と支出を管理していくことが必要です。
看護師さんの仕事は忙しいので、
そのための労力や時間が確保できないという方も多いでしょう。

まずは自動積立預金や勤務先の財形貯蓄制度など
強制力を持った方法から始めてみるのはどうでしょうか。
それでちゃんとやっていければ貯金に対する考え方も変わるはずです。
個人の事情が関わるので高収入であれば貯金が多い
ということにはなりませんが、
入る金額が多いと余力も大きいことははっきりしています。

何かきっかけをつかめればあなたもきっと
貯金ができるようになるはずです。
11 件

関連するまとめ

他の看護師はどうしてる?気になる看護師のお金事情!

他の看護師はどうしてる?気になる看護師のお金事情!

| 4,850views
みんなどうやって貯めてるの?看護師の貯金事情

みんなどうやって貯めてるの?看護師の貯金事情

| 1,855views
クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

クリニック看護師の仕事内容は?転職前に知っておきたいメリット・デメリット

| 234views
2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

2交替制と3交替制のどっちが向いてる?看護師のスケジュール比較

| 338views
何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

何を身につけておくべき?今さら聞けない看護師に必要な看護技術3選

| 575views

このまとめのキーワード